【私の出産体験記】兵庫医科大学病院で産みました。

兵庫県にある兵庫医科大学病院で出産したママの体験記を紹介します。


※個人の体験に基づく口コミ記事です。医療機関に対する客観的な評価・評判ではありません。

出産体験記

1.妊婦健診中の印象に残った体験

一人目の出産から年月が経っていたので、妊婦検診も毎回初めての様な感じでドキドキしていました。

やはりエコーで赤ちゃんの成長が見られるのが、すごく楽しみでした。

正直健診前はいつも大丈夫だろうかと不安になる時もあったのですが、先生からの「順調ですね」と声をかけて下さる事が本当に嬉しかったです。

この言葉を聞くと、「よかった~」と言う言葉が自然と出てきます。

また、待合室では同じ妊婦さんが沢山いるので、自然と話がはずむ事もありました。

2.お産の体験

一人目の時は自然分娩でしたが、二人目は予定帝王切開でした。

初めての帝王切開でしたが、一人目が難産だった事もあり、むしろ安心感がありました。

手術前日は入院して絶食となりました。

翌日はお腹に溜まっているものを全て出すのが少し大変でした。というのも、点滴等があって動きが制限される中で浣腸をさされ、ぎりぎりまで我慢してからトイレに行くことになっていたからです。

すっきりした後、手術室へ向かう時は主人や上の子が見送ってくれて、怖いとかそういう感情は一切ありませんでした。

手術室はとっても明るくて、沢山の関係者が居る中、背中から麻酔を入れると、次第に下半身が熱くなり感覚が鈍ってきました。

お腹の部分は見えない様に隠されていますが、私自身は手術中もしっかり目が開いていて、あっと言う間にお腹にメスをいられて、お腹をごにょごにょ触られた感じがしたその後に、オギャーと元気な泣き声が聞こえました!

3.赤ちゃんが生まれた瞬間!

私自身が少し麻酔で気分が悪くなっていたのですが、実際に赤ちゃんを見せてもらうとやっぱり自然と涙がで、ほっとしました。

4.入院中の体験

帝王切開であった為、術後の回復が自然分娩とくらべてもかなり遅くなります。

私は上の子が居るので早く退院出来る様にならないといけませんでした。

かなり早い段階からリハビリが始まりまって、お腹を切っているので前かがみになりながら病室の廊下を行ったり来たりしました。

また、深夜にミルクを足さなければ行けない時に授乳室に向かうのですが、同じ様な状況の妊婦さんが集まります。

そこで、「眠たいよね~」「しんどいよね~」と言いながら、少しストレス発散されていた様に感じます。

5.兵庫医科大学病院で産んで「よかったな!」と思う体験

やはり総合病院である為、何かトラブルが起きた時に救急車で運ばれる事なく、そこで直ぐに対応出来るので安心感がありました。

私の場合は帝王切開であった為、最悪の事も想定してこの病院を選びました。

先生や助産師さんなど入院期間中に関わった関係者の方は優しい人ばかりでした。

6.通院・入院中の「残念」な体験

残念だった事はそうありませんが、強いて言うならご飯がいかにも病院食であった事でしょうか。

食器も肌色のプラスチックでいかにも入院していますという感じでした。

第一子の時は個人の産婦人科医院でしたが、病院食はかなり豪華だった為、比較してしまいました。

先輩ママの貴重な出産体験記が読める全国47都道府県の産院・病院を紹介します。 産院探しや出産を理解する勉強のために...

兵庫医科大学病院について

2019年2月に第1子を出産した当時の体験に基づく情報です。

1.選んだ理由は?

第一子が難産だった為、何かあったら怖いので大きな病院を選びました。

知人が勧めてくれたことや、親族も近くに住んでいたことも理由のひとつです。

2.妊婦健診での待ち時間はどれくらいだった?

予約は入れているものの、曜日や時間帯に関わらず混んでいる事が多く、大抵30分以上は待っていました。

3.費用はどれくらいだった?

妊婦健診は1回につき平均3,000円くらいでした。

帝王切開及び個室だったので、実際に払ったのは30万円くらいでした。

※一般的に費用は診療内容などによって一人一人異なります。

4.主治医の先生はどんな人?

女性の先生でした。とても落ち着きのある優しい先生でした。

妊娠期間中に出生前診断を受けたり、帝王切開だったりと不安な事もありましたが、一切ぶれる事なくいつも落ち着いて話を聞いてくれて、私が不安な時も諭してくれて本当に頼りになる先生でした。

5.分娩に対応してくれた助産師さんはどんな人?

助産師さんは皆さん明るくて、優しい方ばかりでした。

「大丈夫だよ~もう少しだからね~」等など、励ましの言葉を掛けてくれたり、肩をさすってくれたり、本当にありがたかったです。

6.入院中の食事はどうだった?

個人の産婦人科は豪華な食事が出てくる事も多いようですが、大学病院だからか食事は入院食が少し豪華になった程度でした。

7.設備やサービス

〇・・・あった
×・・・なかった

(〇)2Dエコーあり
(〇)3Dエコーあり
(〇)4Dエコーあり
(〇)母親学級あり
(〇)両親学級あり
(×)マタニティスポーツ(ヨガ・エアロビクス等)教室あり
(〇)個室あり
(〇)大部屋あり
(×)個室シャワーあり
(〇)個室(病室)以外にくつろげる場所あり
(〇)食事用のラウンジあり
(〇)売店あり
(〇)小児科併設あり
(〇)助産師外来(母乳外来)併設あり

8.入院中に助産師さんから教わったこと

〇・・・あった
×・・・なかった

(〇)授乳指導(母乳のあげ方)
(〇)調乳指導(ミルクの作り方、あげ方)
(〇)おむつ替え指導
(〇)沐浴指導
(〇)新生児指導(健康管理の仕方や泣いている時の対処方法など)
(〇)産褥期生活指導(産後の回復期におけるママの生活上の注意点など)
(×)家族計画指導(次の子供を作る際の注意点など)

※初産婦か経産婦かによっても指導内容がかわるものと考えられます。

9.どんな育児指導された?

授乳指導では、「授乳が出来ていると思っても、実際に飲めているか分からないので、決まった時間に体重を図って、増えていなければミルクを足す」と教えて頂きました。

10.新生児健診のタイミング

生後1か月

先輩ママによる出産体験談が読める兵庫県(神戸市以外)の産科病院の紹介します。 産院選びや出産準備の参考にして下さい...
スポンサーリンク
アドセンス
アドセンス

このコラムを「ツイート」「シェア」する

今日の人気コラム

本当に安くおむつを買うなら・・・【PR】