調乳ポット【おすすめ10選】簡単ミルク作り!

赤ちゃんのミルクを簡単に素早く作ることができる便利な「調乳ポット」を紹介します。

粉ミルクの調乳は、忙しいママにとって意外と面倒な家事・育児のひとつです。

そのため、すぐにミルクが作れる調乳ポットは、あると嬉しい便利家電のひとつとしてママたちに人気です

調乳ポットは本当に必要か?

goods79

「調乳ポットは授乳期間の1~2年しか使わないし買うべきだろうか?」と悩まれる方もいるでしょう。

しかし、新生児の頃の2~3時間おきの授乳や、夜中に起きて何度もミルクを作るママの事を考えれば、調乳ポットはあったらとても助かるアイテムです。

調乳ポットの選び方によっては授乳期間が終わってからも使い道も広がります。

例えば、70℃以上の保温機能を備えた調乳ポットであればコーヒーやお茶に使えたり、外出時に使用する調乳用の水筒は、年中使える保温性の高い水筒としても利用できるのです。

おすすめの調乳ポットとは?

1.主に4つのタイプがある

調乳ポットには4つの種類があります。

それぞれの長所と短所を紹介します。

水筒タイプ
(メリット)持ち運べる。電源不要。
(デメリット)容量が少ない。

コーヒーサーバータイプ
(メリット)70度で長時間保温できる
(デメリット)保温のみの商品が多い。

ケトルタイプ
(メリット)1分程度で少量のお湯が沸かせる
(デメリット)保温ができない商品が多い。

電気ポットタイプ
(メリット)大容量のお湯を沸かして保温できる
(デメリット)沸騰に時間がかかる

2.適温になるまでの時間をチェック

赤ちゃんのミルクを調乳するときは、粉ミルクに混ざっている微量の細菌を殺菌するため、一度沸騰させた後、70℃ほどに保温されたお湯を使います。

水を沸騰させる時間と、沸騰したお湯を70度の適温にするまでの時間は商品ごとに異なっていますので、購入前に確認しておくと失敗がないでしょう。

商品によっては、沸騰したお湯から調乳適温になるまでに1時間以上かかるものもありますので、そういった調乳ポットを使う場合は、あらかじめ時間に余裕を持ってお湯を作っておきましょう。

水筒タイプの調乳ポット

1.【スケーター】調乳用保温ステンレスボトル


amazon-link2 rakuten-link

カラー:キティ、スヌーピー、いないいないばあっ!、しまじろう
保温機能:70℃以上(約4時間)
容量:500ml

水筒タイプの調乳ポットは持ち運びに便利なので、外出の時も安心してミルクづくりができます。

こちらの商品は、ワンタッチで簡単に開閉することが、注ぎ口は哺乳瓶に入れやすい形状になっているため、こぼさずにお湯を注ぐことができます。

2.【サーモス】調乳用ステンレスボトル 0.5L


amazon-link2 rakuten-link

カラー:イエロー、ピンク、ブルー
保温機能:72℃以上(約5時間)
容量:500ml

お出かけの際のミルクづくりに欠かせないのが調乳用のお湯ですよね。

お腹が空いてしまっている赤ちゃんは待てません...。

ステンレス製魔法瓶構造なので、6時間たっても約70℃を保つ保温力です。

ただでさえ赤ちゃんグッズで荷物がいっぱいのママには嬉しい軽量タイプです。

コーヒーサーバータイプの調乳ポット

3.【コンビ】調乳じょ~ず 70HW


amazon-link2 rakuten-link

保温機能:70℃以上(常時)
容量:800ml

ポットに沸騰したお湯を入れセットするだけで、調乳に最適な70℃で保温を持続します。

「お湯が足りない!どうしよう…」なんて時でも安心です。

お水を入れたポットを電子レンジで加熱できるので、すぐに沸騰したお湯を作ることができます。

4.【桧山製作所】調乳ポット すぐミルク


amazon-link2 rakuten-link

保温機能:70℃以上(常時)
容量:700ml

沸騰したお湯、もしくは耐熱ガラス製ポットに水を入れ電子レンジで沸騰させたお湯を本体にセットし、80分以上たったら調乳に適した70℃以上にお湯を保温します。

調乳適温までには少し時間がかかるので、あらかじめたっぷりとお湯を準備しておくのがいいかもしれません。

ガラスポットは食器洗い乾燥機を使うことができます。

5.【ピジョン】かんたんミルクづくり


amazon-link2 rakuten-link

保温機能:70℃以上(常時)
容量:600ml

1回のミルクづくりに必要な200mlのお湯なら約3分で沸かすことができ、そのあとは70℃の調乳適温で保温できるので、いつでもさっとミルクを作ることができます。

ケトルタイプの調乳ポット

6.【recolte】レコルトスマートケトル


amazon-link2

保温機能:50~100℃(常時)
容量:1000ml

一見シンプルでスタイリッシュな電気ケトルですが、特徴はハンドル部分にあります。

簡易な操作ボタンで50~100℃の温度調整が5℃単位で設定できます。

調乳用の適温に簡単設定できるのが便利です。

もちろん、コーヒーや紅茶を飲む際など、普段使いと併用できるのも活躍の場が広がって便利ですね。

7.【T-fal】アプレシア エージー・プラス コントロール


amazon-link2 rakuten-link

カラー:ホワイト、ブラック
保温機能:60~100℃(60分間)
容量:800ml

「あっという間にすぐに沸く!」でおなじみのティファールの電気ケトルです。

60分間だけ保温ができるので基本的には沸かしてすぐにミルクを作る必要があります。

ミルクを作っている最中に泣き止んでしまったというときは、また、後ですぐに欲しいと泣きだすので、少しの間だけ保温できると嬉しいですよね。

保温したまま忘れることがないので電気代も節約できます。

電気ポットタイプの調乳ポット

8.【タイガー】魔法瓶 電気ポット2.2L


amazon-link2 rakuten-link

カラー:ホワイト、ブラック
保温機能:60~100℃(常時)
容量:2.2L、3L、4L

電気ポットの定番商品です。もちろん調乳ポットとしても便利に活用できます。

お湯を沸騰させて調乳の適温である70℃で保温ができます。

信頼あるタイガー魔法瓶のアイテムなので使いやすさ、安全性、省エネは申し分ありません。

お手入れも簡単です。

9.【象印】電気ポット 5.0L


amazon-link2 rakuten-link

保温機能:80~98℃(常時)
容量:5L

冬場はお湯を作ってもすぐになくなってしまうという大家族におすすめの電気ポットです。

最大容量は5リットルと家族みんなで何杯飲んでもなかなかなくなりません。

ミルクを作りたいときに「お湯が切れてた!」なんてことも少なくなるでしょう。

10.【タイガー】電気ポット 蒸気レスとく子さん


amazon-link2 rakuten-link

保温機能:70~98℃(常時)
容量:2.2L、3.0L

小さな兄弟がいるがいる家庭におすすめしたのが、こちらの蒸気レスタイプの電気ポットです。

授乳やおむつ交換の時は、どうしても上の子に目が届かなくなります。

このポットは危険なお湯を沸騰させても蒸気がでないため、子供にとって安全な商品であるとしてキッズデザイン賞を受賞しています。

さらに保温温度が70度になると「哺乳瓶マーク」が表示されるので安心して調乳できます。