哺乳瓶は本当に必要?いつ買うべき?本数は?

哺乳瓶は本当に必要なのでしょうか?

また、哺乳瓶を買うべきタイミングはいつなのか、何本用意すれば安心なのか、という疑問についても併せて解説します。

完母を目指していても哺乳瓶が必要な理由

1.十分に母乳が出るとは限らない

出産すれば、自然に母乳が出るものと思っているかもしれません。

確かに、出産後に全く母乳がでないというケースは稀です。

とは言え、哺乳瓶での授乳が全く必要ないほど、十分な母乳が出るとは限りません。

事実、厚労省の「母乳栄養調査結果」によれば、完全母乳で育児ができているママの割合は51.3%です。

つまり2人に1人は、何らかの理由で粉ミルクも使って育てているのです。

特に初産婦の場合、出産後の数週間程度は母乳が思うように出ないことも多く、最初は混合栄養で授乳する割合が高くなります。

2.おっぱいトラブルで授乳できない

また、最初から多くの母乳が出たとしても、トラブルにより授乳ができなくなるケースもあります。

乳頭の傷や乳腺炎が発症して、痛みや熱で赤ちゃんにおっぱいをあげることができないこともあります。

また、慣れない育児によるストレスで母乳の分泌が悪くなりこともあります。

おっぱいから母乳をあげられない場合は、搾乳した母乳や粉ミルクを哺乳瓶を使って授乳することになります。

こうしたトラブルに備えて、少なくとも1本以上の哺乳瓶を持っておく必要があります。

哺乳瓶はいつ買うべきか?

0-baby1

1.病院の入院準備リストに入っていたら必ず購入

当然ですが、哺乳瓶は病院に常備されています。

ママの体調が良くない時、母乳量が少ない時などに助産師(看護師)さんがママに替わって粉ミルクで赤ちゃんに授乳をしてくれます。

ママ自身が粉ミルクで授乳する場合、哺乳瓶を貸してくれる病院もあれば、自前の哺乳瓶を使う必要がある病院もあります。

出産前に病院からもらった入院準備品リストの中に哺乳瓶が入っていれば、基本的に自前の哺乳瓶を使うことが前提です。

ただ、何年も前に作成したリストを使っているような病院だと、本当はなくてもいいのにそのままリストに入れっぱなしになっていることもあるので、どうしても哺乳瓶を買いたくないのであれば、事前に病院に確認してみましょう。

2.基本は出産前に買うべきだけど・・・

完母を目指すママであれ「もしも」に備えて哺乳瓶を準備しておく必要がありますが、それでも結局、哺乳瓶を全く使わないという可能性もゼロではありません。

「どうしても無駄な出費はしたくない!」と思っているのであれば、必要になった時に家族に頼んでお店で購入してもらうという方法もあります。

出産準備として購入する店と買うべき商品を調べておきます。

大きな総合病院などであれば、病院内の売店で購入できる場合もあります。

そして、入院中に母乳が足りず、哺乳瓶を使って授乳をする状況になったのであれば、家族に連絡してすぐに買ってきてもらいましょう。

でも、このように慌てて買いに走らないためにも、事前に哺乳瓶を用意しておくことが望ましいです。

哺乳瓶は何本買うべきか?

必要な哺乳瓶の本数は1本または2本です。

ではどちらが望ましいのでしょうか?

1.最初は1本だけ買うべき理由

「哺乳瓶」と言っても、実は様々な商品が販売されています。

商品ごとに特徴が異なっており、どれを買おうかと迷うママも多いことでしょう。

「哺乳瓶」を購入するうえで最も大切なポイントは赤ちゃんとの相性です。

しかし、相性は実際に使ってみないとわかりません。

相性が悪いと、赤ちゃんが嫌がって吸ってくれない、上手に吸えずミルクが全然減っていかないなどのトラブルが生じます。

もし最初から同じ哺乳瓶を2本購入して相性が合わなかった場合、2本とも無駄になります。

したがって、まずは1本購入して赤ちゃんがその哺乳瓶でしっかり飲んでくれるか確かめるようにしましょう。

2.哺乳瓶が2本以上あると嬉しいケース

哺乳瓶を使う間隔は、いわいる「甘ミ」の新生児でも3時間に1回です。

したがって、毎回忘れずに哺乳瓶を洗浄・消毒していれば、1本だけでも使いまわすことができます。

しかし、以下のような状態になっている場合には哺乳瓶を2本以上準備することをおすすめします。

・上の子のお世話に忙しくてよく洗浄を忘れる
・夜中に2回以上、粉ミルクで授乳している
・外出する機会が多い

小さな兄姉がいる場合、赤ちゃんの授乳中に「ママ!ママ!」と甘えてくることが頻繁です。

授乳後すぐに上の子の相手をしていて哺乳瓶の洗浄を忘れてしまうこともあるでしょう。

次に泣いたとに、慌てて洗浄して、消毒して、ミルクを作ってとなると、赤ちゃんを長く待たせてしまうので2本あると助かります。

ただし、哺乳瓶は衛生上、使用直後に洗浄するのが必須であることをお忘れなく。せめて、水洗いだけでもして、使用前には必ずレンジなどで消毒しましょう。

また、夜中にパパやママがミルクで授乳をしている場合、授乳後に哺乳瓶を消毒するのは非常に辛いものです。

2本あれば朝にまとめて消毒すればいいので体力的に楽になります。

最後に外出することが多い場合にもやはり2本以上の哺乳瓶があると便利です。

ミルトンなどの消毒液を使っていて、かつ、授乳後すぐに出かける場合には十分に消毒する時間がとれませんので、同じ哺乳瓶を持ち出すことができません。

以上のように粉ミルクを使う機会の多い家庭では、少なくとも2本あったほうが便利であることは間違いありません。