2017年待機児童数ランキング【千葉県の市町村】―ゼロからワーストまで―

2017年4月1日時点における千葉県の保育園の待機児童数をランキングで紹介します。

2016年と比較して増減数も確認することで、待機児童対策の頑張り度合いもわかります。

今、住んでいる町が保育園に入りやすいかどうか確認しましょう。

千葉県の待機児童数ランキング【平成29年4月時点】

ランキングを見る時の注意点
1.待機児童数は毎年大きく変動します。
2.同じ市区町村の中でも、地区によって待機児童数にばらつきがあります。
3.保育所ごとにも待機児童数が異なっています。
4.いわゆる「隠れ待機児童」の人数は含まれていないため実態と異なる場合があります。
ワースト 市町村 平成28年 平成29年 待機児童増加数
1 市川市 514 576 62
2 習志野市 70 338 268
3 浦安市 79 165 86
4 八千代市 53 107 54
5 流山市 146 92 -54
6 木更津市 92 86 -6
7 船橋市 203 81 -122
7 印西市 17 81 64
9 茂原市 19 70 51
10 千葉市 11 48 37
11 市原市 14 38 24
12 四街道市 44 24 -20
13 君津市 12 19 7
14 成田市 36 18 -18
15 富里市 73 13 -60
16 八街市 24 12 -12
17 白井市 0 10 10
18 大網白里市 8 7 -1
19 東金市 2 1 -1
19 袖ケ浦市 1 1 0
20 柏市 0 0 0
20 銚子市 0 0 0
20 館山市 0 0 0
20 松戸市 0 0 0
20 野田市 0 0 0
20 佐倉市 41 0 -41
20 旭市 0 0 0
20 勝浦市 0 0 0
20 我孫子市 0 0 0
20 鴨川市 0 0 0
20 鎌ケ谷市 0 0 0
20 富津市 0 0 0
20 南房総市 0 0 0
20 匝瑳市 0 0 0
20 香取市 0 0 0
20 山武市 0 0 0
20 いすみ市 0 0 0
20 酒々井町 0 0 0
20 栄町 1 0 -1
20 神崎町 0 0 0
20 多古町 0 0 0
20 東庄町 0 0 0
20 九十九里町 0 0 0
20 芝山町 0 0 0
20 横芝光町 0 0 0
20 一宮町 0 0 0
20 睦沢町 0 0 0
20 長生村 0 0 0
20 白子町 0 0 0
20 長柄町 0 0 0
20 長南町 0 0 0
20 大多喜町 0 0 0
20 御宿町 0 0 0
20 鋸南町 0 0 0

※この表は千葉県が平成29年8月に公表した「保育所入所待機児童数及び定員数について」を基に作成しています。

千葉県の待機児童数の概況

view16

1.待機所児童数は327人も増加

千葉県では昨年に引き続き7000人を超える保育園の定員数を増やしましたが、高まる保育園へのニーズに十分対応できておらず、待機児童数は327人も増加しました。

近年の待機児童数の推移
H24年:1,352人
H25年:1,340人
H26年:1,251人
H27年:1,646人
H28年:1,460人
H29年:1,787人

待機児童数はやや増加傾向が続いているため、子育て世代の千葉県民にとっては、さらなる積極的な待機児童対策を講じてほしいと願っていることでしょう。

2.船橋市と市川市で明暗

船橋市と市川市は、都内まで30分以内と通勤の便がよい街として人気があります。

両自治体とも、増え続ける待機児童の対応に苦慮していましたが、船橋市が平成27年の625人をピークにこの2年間で500人以上減らすことができたのに対して、市川市は引き続き増加傾向が続いています。

船橋市は平成27年に「待機児童解消緊急アクションプラン」を策定して、待機児童の多い0~2歳向けの保育所を整備し、保育士の確保をすすめた効果が顕れてきているようです。

市川市も平成28年6月に「待機児童対策緊急対応プラン」を発表し定員1200人分の施設整備を進めてきましたが、人口流入や保育ニーズの高まりに追いついていない状況です。

3.待機児童問題は常磐線より総武線が深刻

都内へ向かう千葉県内のJR線は、沿岸部を走る総武線(京葉線)と茨城から来る常磐線があります。

どちらも都内から近い通勤圏内の地区として人気です。

総武線沿線には、市川市、船橋市、習志野市、千葉市があり、常磐線には、松戸市、柏市、我孫子市があります。

2つの路線の待機児童数を比較すると総武線が1043人であるのに対し、常磐線はなんと0人です。

千葉県内への移住を考えている都内のファミリー世帯は、常磐線沿線の自治体がおすすめです。

4.習志野市で待機児童が急増

千葉県内で待機児童が最も多く増えたのは習志野市です。

習志野市の待機児童はこれまで50人前後の推移だったのですが、今年は突然300人を超える状況になっています。

津田沼駅の南口で大規模なマンション開発を行っているため、その影響が出ている可能性があります。