2018年待機児童数ランキング【神奈川県の市町村】―ゼロからワーストまで―

2016年・2017年と比較して増減数も確認することで、待機児童対策の頑張り度合いもわかります。

今、住んでいる町が保育園に入りやすいかどうか確認しましょう。

神奈川県の待機児童数ランキング【平成30年4月時点】

city1

ランキングを見る時の注意点
1.待機児童数は毎年大きく変動します。
2.同じ市区町村の中でも、地区によって待機児童数にばらつきがあります。
3.保育所ごとにも待機児童数が異なっています。
ワースト市町村平成28年平成29年平成30年前年からの増減
1藤沢市5514817426
2鎌倉市44479346
3相模原市008383
4座間市437966-13
5横浜市726361
6伊勢原市475857-1
7綾瀬市444745-2
8葉山町94741-6
9横須賀市19123725
10平塚市032342
11海老名市275828-30
12愛川町4162711
13厚木市104824-24
14川崎市601818
15小田原市222417-7
16茅ヶ崎市891814-4
17大磯町181813-5
18南足柄市189101
19逗子市19268-18
20秦野市0497-42
21寒川町10115-6
22大井町1220
23二宮町051-4
24三浦市0000
24大和市0000
24中井町0000
24松田町0000
24山北町0000
24開成町5000
24箱根町0000
24真鶴町0000
24湯河原町0000
24清川村0000

※この表は神奈川県が平成30年6月に公表した「保育所等利用待機児童数の状況について」を基に作成しています。

神奈川県の待機児童数の概況

1.待機所児童数は111人も増加

神奈川県の待機児童数は平成22年の4117人をピークにして平成28年まで一貫して下がり続けていました。

22年度 : 4117人
23年度 : 3095人
24年度 : 2039人
25年度 : 1462人
26年度 : 1079人
27年度 : 625人
28年度 : 497人
29年度 : 756人
30年度 : 867人

しかし、昨年と今年は待機児童の算入方法が変更されたことが影響で、2年連続で待機児童が増加しています。

平成30年4月の県内の待機児童数は867人で、前年度比で111人の増でした。

これは、政令市・中核市である横浜市、川崎市、相模原市、横須賀市が厚労省の通達により今年から育休中に預けられない上の子供なども待機児童として算入するようになったためです。

つまり、今年はより実態に近い待機児童がわかるようになったことを意味しています。

そのため来年以降は、再び待機児童数は減少していくものと推測されます。

2.頑張れ藤沢市

今年、待機児童数を増やしている自治体のほぼすべては算入方法を変更した市町村です。

しかし、藤沢市だけは昨年に算入方法を見直しているため、今年の26人の増加は純粋に待機児童を増えたこと意味します。

藤沢市は平成22年の287人をピークにして平成28年には55人まで減らしてきた実績があります。

待機児童数の算入方法に変更があったとはいえ、今年の174人という数字は神奈川県内では突出して高い数字です。

藤沢市も「保育所整備計画」を今年の3月に見直しをおこなって、より積極的な保育所整備の方針を打ち出していますので、今後はその成果が出てくるでしょう。

3.平成31年4月に向けた保活対策

まずは、自治体の窓口で、希望している保育所の待機児童状況を確認しましょう。

そして、自分の「点数」を計算してもらい、入所の可能性が高いか低いかを見てもらいましょう。

気を付けたい点としては、もし、住んでいる地区に新たな大規模マンションや宅地開発が行われて、入居が開始されるようであれば、一気に子供の数が増えて、待機児童が急増する可能性があります。

地域の実情に合わせて保育所が整備されるかどうかも担当者に聞いてみましょう。