2016年待機児童数ランキング市町村【神奈川県編】―待機児童ゼロからワーストまで一挙公開―

あと数カ月もすると来年4月入所希望者向けの申し込みが始まります。
そこで、自分の住んでいる自治体にどれだけの待機児童数がいるのか確認してみましょう。

神奈川県の待機児童数ランキング【平成28年4月時点】

city1

神奈川県では保育所の新規開設や定員緩和等による定員拡大策を実施した結果、近年、待機児童数が激減しています。

H22年:4,117人
H23年:3,095人
H24年:2,039人
H25年:1,462人
H26年:1,079人
H27年:625人
H28年:497人

表を見る時の注意点

1.待機児童数は毎年大きく変動します。
2.いち市区町村の中でも、地区によって待機児童数にばらつきがあります。
3.当然、保育所ごとにも待機児童数が異なります。

つまり、数字だけ見て一喜一憂するのではなく、まずはお住まいの市区町村の窓口に行って、住んでいる地区の待機状況、希望する保育所の待機状況を聞いてみましょう。

ワースト市町村待機児童数
1茅ヶ崎市89
2藤沢市55
3伊勢原市47
4鎌倉市44
4綾瀬市44
6座間市43
7海老名市27
8小田原市22
9横須賀市19
9逗子市19
11南足柄市18
11大磯町18
13厚木市10
13寒川町10
15葉山町9
16横浜市7
17川崎市6
18開成町5
19愛川町4
20大井町1
21相模原市0
21平塚市0
21三浦市0
21秦野市0
21大和市0
21二宮町0
21中井町0
21松田町0
21山北町0
21箱根町0
21真鶴町0
21湯河原町0
21清川村0

※この表は神奈川県が平成28年6月に公表した「保育所等利用待機児童数の状況について」を基に作成しています。