2018年待機児童数ランキング【兵庫県の市町村】―ゼロからワーストまで―

2018年4月1日時点における兵庫県の保育園の待機児童数をランキングで紹介します。

2016年・2017年と比較して増減数も確認することで、待機児童対策の頑張り度合いもわかります。

今、住んでいる町が保育園に入りやすいかどうか確認しましょう。

兵庫県の待機児童数ランキング【平成30年4月時点】

ランキングを見る時の注意点
1.待機児童数は毎年大きく変動します。
2.同じ市区町村の中でも、地区によって待機児童数にばらつきがあります。
3.保育所ごとにも待機児童数が異なっています。
ワースト市町村平成28年平成29年平成30年前年比
1明石市29554758639
2西宮市18332341390
3神戸市5993332239
4姫路市4612618559
5尼崎市478715669
6宝塚市34128119-9
7太子町5843474
8芦屋市384436-8
8川西市323936-3
10三田市4725283
11豊岡市1682214
12加古川市1407717-60
13加西市0682
13赤穂市0088
15南あわじ市0077
16西脇市0044
17加東市0033
18播磨町7132-11
19伊丹市33000
19猪名川町0000
19高砂市0000
19稲美町15100-10
19三木市0000
19小野市0000
19多可町0000
19神河町0000
19市川町0000
19福崎町0000
19相生市0000
19たつの市0000
19宍粟市0000
19上郡町030-3
19佐用町0000
19養父市0000
19朝来市0000
19香美町0000
19新温泉町0000
19篠山市0000
19丹波市0000
19洲本市0000
19淡路市0000

※この表は兵庫県が平成30年5月に公表した「県内の保育所等の定員・申込者の状況」を基に作成しています。

兵庫県の待機児童数の概況

city5

1.待機所児童数は232人も増加

兵庫県では、平成23年をピークに待機児童が一時的に減少したものの、平成27年以降は一貫して増加傾向にあり、平成30年も前年に引き続いて約500人もの待機児童が増えました。

H19年 : 675人
H23年:1071人
H25年:802人
H26年:552人
H27年:942人
H28年:1,050人
H29年:1,572人
H30年:2,009人

待機児童2000人は、東京、愛知、大阪の3大都市圏の自治体としては、東京に次いで深刻な状況です。

兵庫県では平成27年から子育て支援の基本計画である「ひょうご子ども・子育て未来プラン」に基づいて、各市町村の保育園整備をサポートしていますが、昨年度に中間見直しが行われました。

その効果が来年以降に表われるか注目されます。

2.待機児童数は6つの自治体に集中

兵庫県はこの2年で1000人もの待機児童が増えています。

実態として6つの市で集中して増加しています。

2年前の平成28年と比べると、明石市(291人増)、神戸市(273人増)、西宮市(230人増)、姫路市(139人増)、尼崎市(109人増)、宝塚市(94人増)となっていて、いずれも100~300人程増えているのです。

明石市の増加数は、第2子以降の保育所利用料を無料にした影響によるものです。

そのほかの市については、これまで待機児童とされていなかった育休中に自宅で育てている上の子供についてもカウントされるようになった影響で、一時的に増えているとも考えられます。

しかし、他県では待機児童の算入基準の変更があっても減少傾向にあるため、基本的には需要に合わせた保育所整備がなされていないことが最大の原因を考えられます。

保育所の整備ペースをこの2~3年かけて、これまでの2倍程度に引き上げないと解消は難しいでしょう。

3.加古川市は順調に減少

加古川市では平成27年に252人まで待機児童が増加していました、その後、1500人分定員枠を拡大させたことで順調に減り続け、今年は17人まで減少しました。

昨年の比べても60人減少していますが、その多くは3歳以上時でした。

0歳、1歳、2歳の児童の待機児童数に大きな変化はないため、今後は3歳未満児を受け入れる小規模保育所なども整備して、待機児童ゼロを達成してほしいものです。

4.平成30年4月に向けた保活対策

まずは、住んでいる市町村の窓口に行って、入園を希望する保育所の待機児童状況を確認しましょう。

保育課の担当者に「点数」を計算してもらい、入所できる可能性が高いか低いかを見てもらいましょう。

また、住んでいる地域で大規模なマンションや宅地での入居開始予定がある場合には、前年と比べて、入園希望者が急増する可能性がありため、点数がギリギリの場合は入所できない恐れがあります。

地域の実情に合わせて保育所が整備されるかどうかも担当者に聞いてみましょう。

希望の保育所を絞り込まず、入りやすい所に入るということを基本に保活をしましょう。