新生児からのピジョン「母乳実感」マニュアル【サイズ・使い方など】

哺乳瓶のスタンダード商品であるピジョン「母乳実感」

はじめて「母乳実感」を使うママのために、実際に母乳実感を愛用している筆者が、商品の使い方、消毒、そして歴史まで、余すことなく紹介します。

商品の選び方

milk2

1.瓶の種類

購入すべき本数

主として母乳での育児を考えている人は、哺乳瓶は1本で大丈夫です。

しかし、母乳があまり出ないなど、何らかの事情で粉ミルク中心の育児をする場合には、少なくとも2本以上は持っておきましょう。

何故なら、夜中にミルクを授乳する場合には、ミルクを作って、授乳して、寝かしつけて、瓶を消毒するという作業が、とても辛いからです。

2本、3本と複数あれば、眠たい夜中に消毒する手間がなくなります。

プラスチックとガラス

基本的に、どちらもお手入れ方法は同じであるため、使い勝手に違いはありません。

一般的に、ガラス製は傷がつきにくく衛生的であることが利点とされ、プラスチック製は軽くて授乳が楽なことが利点とされています。

自宅用にガラス、外出用にプラスチックと用途に合わせて使っているママが多いようです。

2.瓶のサイズ

瓶のサイズは「160ml」と「240ml」の2種類があります。

サイズ以外には「目盛」と「乳首」が異なっています。

「160ml」が30mlから目盛があるのに対して、「240ml」は50mlから目盛があります。

また、「160ml」の乳首は「新生児用」のものが装着されており、「240ml」は「3ヵ月頃から用」が装着されています。

個人差はありますが、実際に生後3か月未満までの乳児は、1回に飲むミルク(母乳)の量は160ml以下(100~140ml)です。

従って、新生児のために「母乳実感」を使うのであれば、「160ml」を購入しましょう。

また、母乳のあとに、足りない分だけミルクを少し足すという使い方を想定している場合も160mlを買いましょう。

ただし、2人目以降の出産で、兄(姉)が使っていた240mlを使うのであれば、乳首だけを交換して使うことも可能です。

経産婦の場合、比較的母乳の分泌がよく、また、ママが赤ちゃんを預けて外出している間に搾乳したものを飲ませる場面が想定されるため、50mlからの目盛でも問題ないでしょう。


ガラス製(160ml)

amazon-link2


プラスチック製(160ml)

amazon-link2


ガラス製(240ml)

amazon-link2


プラスチック製(240ml)

amazon-link2

3.乳首のサイズ

乳首のサイズは「新生児(SS)」「1ヵ月から(S)」「3ヵ月から(M)」「6ヵ月から(L)」の4種類があります。

赤ちゃんは成長するにしたがって、口の大きさも成長していくため、いずれの成長段階においてもフィットするように複数のサイズが用意されているのです。

また、乳首の穴の「大きさ」と「形状」もそれぞれ異なり、発達していく赤ちゃんの吸う力に合ったものになっています。

ただし、表示の月齢はあくまで目安に過ぎません。

赤ちゃんの飲む力には個人差が大きいため、個人に合った乳首を選びましょう。

選ぶ基準は、「10~15分間に飲める量」です。

下記の量が10分よりも早く飲めるようになったら、次のサイズの乳首を試してみましょう。

SS ⇒ 50ml
S ⇒ 100ml
M ⇒ 150ml
L ⇒ 200ml

もし、サイズを大きくした結果、15分以上の時間がかかるようであれば、一旦、元のサイズに戻します。


新生児(SS)

amazon-link2


1ヵ月から(S)

amazon-link2


3ヵ月から(M)

amazon-link2


6ヵ月から(L)

amazon-link2

使い方

1-baby6
母乳実感は、「縦抱き」「横抱き」「ラグビー(フットボール)抱き」いずれも授乳ができます。

母乳と同じような姿勢で授乳するためにも、赤ちゃんをママ(パパ)の体にしっかり密着させましょう。

次に哺乳瓶の乳首を近づけて、自分から咥える(くわえる)のを待ちましょう。

欲しければ自分で吸いに来ますし、反対に欲しくなければ顔をそむけます。

赤ちゃんには生まれながらにして母乳を飲む力が備わっています。

哺乳瓶はママのおっぱいを参考に作られているため、ママのほうから哺乳瓶を口に入れなくても、原始反射によって自ら乳首を咥えて吸うことができるのです。

消毒方法

「母乳実感」は、瓶・乳首ともに「煮沸消毒」「レンジ消毒」「薬液消毒」のすべてが可能です。

手軽さだけで言えば、ミルトンなどの薬剤をつかった「薬液消毒」が一番簡単です。

使用量に沿った水道水の中に薬剤を入れ、ブラシで軽く洗った哺乳瓶と乳首を漬けておくだけです。

次に使用するときは、薬液から直接取り出して使うことができます。

しかし、薬剤を買い足さないといけないため経済的ではありません。

電子レンジは、軽く洗った後に哺乳瓶をレンジ消毒専用の容器に入れて、3~5分チンします。

その後、取り出して、水滴が残らないように乾かします。

容器に入れたまま長時間放置すると、水分により菌が繁殖する恐れがあります。

消毒液よりもひと手間かかりますが経済的です。


ピジョン ミルクポンS

amazon-link2


ピジョン 電子レンジスチーム & 薬液消毒ケース

amazon-link2

母乳実感の歴史

milk3
ピジョンは1949年から哺乳瓶の製造・販売を行っている老舗の哺乳瓶メーカーです。

赤ちゃんのおっぱいの飲み方を研究し、その結果に基づいて、時代ごとに最新の哺乳瓶を開発してきました。

「母乳実感」は2002年から販売されている商品で、おっぱいのように柔らかく、かつ、弾力のある乳首であるため、母乳に近い飲み方を再現することができます。

そのため、母乳育児を目指すママも安心して併用できる哺乳瓶です。

便利な関連グッズ


ピジョン 母乳実感 専用乳首ブラシ

amazon-link2

衛生面で最も気になるのが乳首の先端の汚れです。

専用のブラシであれば、先端までしっかり洗うことができます。


ピジョン 母乳保存用哺乳びんキャップ

amazon-link2

搾乳した母乳を哺乳瓶に入れて保存するための専用キャップです。

このキャップを使用すると、空気に触れずに密閉保存ができる上に、冷蔵庫のチルドルームに瓶を横にして置いておくことができます。

保存パックに入れ替える手間が省けるため、非常に便利です。

なお、冷蔵庫で保存する場合は24時間以内に飲むようにしましょう。