家族でつくる「立体」鯉のぼり―折り紙と牛乳パックで簡単手作り!―

家族みんなでワイワイ作る、立体「鯉のぼり」を紹介します。

折り紙と牛乳パックだけで楽しく鯉のぼりを作りましょう!

実際に作る鯉のぼりはこんな感じです!
koi

鯉のぼりを手作りするために用意するのものは?

koi22
これから写真の「鯉のぼり」を作っていきます。

用意する道具は以下のものです。

・折り紙(1辺が15cm)※異なる大きさでも作れます。

・牛乳パック

・ハサミ(カッター)

・のり

・鉛筆とサインペン

・定規

どこのご家庭にもあるものだと思います!

特別な準備が必要なくてもすぐに作り始めることができますね。

ちなみに折り紙がなければ広告のチラシで作れますよ!

立体・鯉のぼりの作り方

koi1
まず、牛乳パックを用意しましょう。

koi2
このように解体して、展開します。

飛び出たパック「底」は切り抜きましょう。

続いて「尾びれ」になる部分を切り抜きます。

koi3
パックの表面に、定規を使って2ヵ所に二等辺三角形をサインペンで書きます。

2ヵ所とも同じ大きさの三角形になるように書いてください。

koi4
ハサミで三角形を切り抜きます。

koi5
続いて、折り紙を何種類か用意します。

子供と一緒に作る場合には、たくさんの色の折り紙を用意すると、個性がでて面白いです。

koi6
まず、半分に折ります。

koi7
さらに、半分に折ります。

koi8
なんと、さらに半分折ります。

織り目をしっかりつけたいので、重いものでぎゅっぎゅっと押して平らにしましょう。

koi9
一旦、開いて、今度は白い部分が見えるように反対に折ります。

koi10
同じように、さらに2回半分に折りました。

よく見ると、折れ目によって、小さな正方形をいくつもできていることがわかります。

koi11
小さな正方形の1辺の真ん中に鉛筆で点を打ちます。

定規を使って9mmのところが真ん中になるので、それぞれの正方形に点を打ちましょう。

koi12
「鯉のぼり」の「鱗(うろこ)」を書きます。

鉛筆で正方形の中に「弧(こ)」を描くだけです。

今、打った点が「弧の頂点」になるように描くと、形を揃えることができます。

鱗をイメージして、だいたい同じ大きさになるように手描きしていきましょう。

koi13
描いた「弧」に沿ってハサミで切ります。

このようにたくさんの「鱗」ができましたか?

家族みんなで作る場合には、たくさんの鱗が必要なので、手分けして作りましょう。

koi14
続いて「鱗」を牛乳パックに貼っていきます。

コツは「しっぽ」の先から貼っていくことです。

「あたま側」の鱗が「しっぽ」の鱗の上に重ならないと、見た目に違和感がでるためです。

koi15
どんどん貼っていきましょう。

お好みで数種類の色を組み合わせてもよいです。

koi16
頭側の牛乳パックの「折り目」から4~5cmくらいまできたら一旦ストップしましょう。

koi17
牛乳パックの上にある「細いのりづけ部分」の見栄えが悪いので、ハサミでカットします。

続いて、鯉のぼりの「頭」の部分を作ります。
koi18
折り紙を4つ折りにして、雲のようなこんな線を鉛筆で描いてください。

koi19
一度、折り紙を2つ折りに開き、雲の線に沿って切り抜きます。

そして、写真のように頭部として貼り付けます。

2つ折りで2枚頭部を作れば、反対側の側面にも使えます。

koi20
続いて「目」を作ります。

折り紙を使って、「大きな丸」と「小さな丸」を切り抜いて貼ってください。

koi23
同じような調子で、3面に鱗と頭を貼っていきましょう。

koi21
最後に牛乳パックをセロハンテープで組み立てます。

そして、頭の形に添って、ハサミで牛乳パックを丸くカットしたら完成です。

「ひげ」や「せびれ」「腹びれ」なども折り紙で作ってもよいですね。

スポンサーリンク
アドセンス
アドセンス

このコラムを「ツイート」「シェア」する

今日の人気コラム

本当に安くおむつを買うなら・・・【PR】