新生児が頻発する「くしゃみ」と「鼻水」の原因はアレルギー?

赤ちゃんに、「くしゃみ」と「鼻水」が同時にたくさん出るとアレルギー性鼻炎ではないかと考える親は多いのではないでしょうか?

特に、両親が鼻炎持ちだと心配になりますよね。

そこで「くしゃみ」と「鼻水」が同時に起きる原因と対処法について解説します。

アレルギー性鼻炎の可能性は非常に低い

mask

親のどちらかにアレルギー性疾患があると、子供も30%の確率で発症するという研究結果があるそうです。

厚生労働省の報告によると、花粉症だけでも、国民の約30%が発症しており、アレルギー性鼻炎全体では、約40%もの発症率であるというデータがあります。

生まれたばかりの赤ちゃんが、「くしゃみ」をして「鼻水」がでていると、自分のアレルギー性鼻炎が遺伝したのではないかと心配する両親も多いのではないでしょうか?

アレルギー性鼻炎には、原因物質の違いにより「季節性」、「通年性」の2種類があります。

  • 季節性:スギ、ブタクサ、イネ科植物
  • 通年性:ダニ、カビ、ハウスダスト
  • 0~4歳のそれぞれの発症率を見ると、季節性(スギ)の鼻炎が3%、通年性(ダニ)の鼻炎が4%となっています。

    つまり、乳幼児の発症率は、非常に低いのです。

    しかし、近年、季節性・通年性ともに発症患者が低年齢化してきており、季節性で2歳頃から、通年性では0歳から発症するという事例があります。

    そうであるにしても、生後3か月未満の新生児が、アレルギー性鼻炎になる確率は1%にも満たない極めて稀なケースだと言えます。

    もちろん100%発症しないとは言い切れないため、特にダニやハウスダストなど、通年性のアレルギー原因物質がたくさんある環境で新生児を育てることは避けましょう。

    ちなみに、新生児のアレルギーとしては、母乳や粉ミルクが原因物質となる消化管アレルギー(食物アレルギー)がよく知られており、下痢や嘔吐を繰り返すという症状があります。

    下痢と嘔吐の症状がある場合にはこちらの記事をご覧ください。

    新生児に嘔吐と下痢が同時に起きたらどうするべきか?
    消化器官が未熟な新生児が、嘔吐や下痢をすることは決して珍しくありません。 しかし、嘔吐と下痢の原因が病気である場合...

    感染症である可能性が高い

    baby2

    「くしゃみ」「鼻水」の原因がアレルギー性鼻炎でないとしたら、一体何が原因でしょうか?

    可能性としては「風邪症候群(呼吸器の感染症)」が疑われます。

    「くしゃみ」「鼻水」「咳」は、典型的な風邪の初期症状です。

    ところで、新生児は、胎内にいる時に母親から免疫(抗体)をもらい、また、出産後も母乳から免疫をもらえるため、風邪はひかないと思っていませんでしょうか?

    確かに、胎内で母親から獲得する「IgG」という免疫は幅広い病気に対抗しますが、決して万能ではなく、一度にたくさんのウィルスや細菌に曝(さら)されれば、感染症を発症します。

    また、母乳を通じて獲得する「IgA」も、呼吸器や腸の粘膜に侵入してきたウィルスや細菌から防御する働きをします。

    しかし、新生児が保有する「IgA」の濃度は、大人の10%にも満たず、風邪を予防するため十分な機能を発揮しているとは言い難いのです。

    そして、「くしゃみ」「鼻水」「咳」という症状は、鼻や喉の粘膜に付着したウィルスや細菌を撃退するための「免疫反応」なのです。

    もし、これらの症状が1日中続いている、または、37.5度以上の発熱を伴っている場合には、「風邪」の疑いがあります。

    「風邪」と言えども、体の発達が未熟な新生児の場合、肺炎などに発展して重症化しやすいため、できるだけ早く医療機関を受診しましょう。

    風邪をはじめとした感染症予防についてはこちらの記事もご覧ください。

    新生児の発熱を予防するために親ができること
    新生児は、様々な理由で体温が高くなり発熱をします。 その中でも、発熱を伴う感染症は、親の意識や行動によって防ぐこと...


    <参考出典>
    メルクマニュアル医学百科
    厚生労働省
    日本呼吸器学会
    科学技術振興機構