なぜ新生児はくしゃみを連発するのか?原因と対処法について

生まれたばかりの赤ちゃんが頻繁にくしゃみをしていると心配になりますよね?

どうして新生児がくしゃみをするのかという疑問と、くしゃみが続く場合の注意点についてまとめました。

新生児のくしゃみはここに注意!(要約)

baby

新生児のくしゃみは、次の3つの原因が考えられます。

  • 血管性運動鼻炎
  • 風邪症候群(免疫反応)
  • アレルギー性鼻炎
  • これから、この3つの原因について詳細を説明したいと思います。

    その中でも、特に注意すべきは「風邪症候群(免疫反応)」です。

    新生児のくしゃみの原因の多くは、血管性運動鼻炎と考えられますが、生理的なものなので、そもそも気にする必要はありません。

    また、新生児がアレルギー性鼻炎である可能性は非常に低いです。

    新生児のくしゃみの原因と対処法

    0-baby15

    1.血管性運動鼻炎

    そもそも「くしゃみ」がでる原因は、完全に解明されているわけではありません。

    病気とは無関係に、日常のちょっとした環境変化でも「くしゃみ」がでます。

    なぜなら、鼻の粘膜には、たくさんの神経が通っているからです。

    鼻粘膜が何らかの「外部刺激」を受けると、自律神経が反応して、くしゃみを出すのです。

    くしゃみを引き起こす代表的な外部刺激は「温度」です。

    「温度」の変化が原因で起きるくしゃみを「血管性運動鼻炎」と言います。

    暖かい部屋から寒い部屋に移動したときや、暖かいおくるみを脱がせたときなど、急に外気温が冷えると、鼻粘膜の血流が変化して、自律神経を刺激します。

    新生児をはじめとする赤ちゃんは、体温調整機能が、大人と比べ未発達であるため、環境温度に影響を受けやすいとされています。

    「温度」以外にも、「光」、「気圧」、「ストレス」などの変化でも自律神経が反応して「くしゃみ」が引き起こされることがあります。

    <対処法>

    特別な対処の必要はありません。

    温度変化によるくしゃみは、「暖かい所から寒い所」に移動したときに起きやすいです。

    そこで、

  • 家の中の寒暖差を少なくする
  • 涼しい場所に行くときは1枚多く服を着せる
  • などの対処法が考えられます。

    しかし、そもそも「血管性運動鼻炎」は環境の急な変化によって引き起こされるものであるため、体が新しい環境に慣れてしまえば、自然にくしゃみは収まるのです。

    ただし、気温が低いにもかかわらず、薄着のまま長時間過ごしていると、風邪を引くことがあります。

    くしゃみの有無に関わらず、赤ちゃんの保温には、十分注意しましょう。

    2.風邪症候群(免疫反応)

    風邪のひきはじめにも、くしゃみがでます。

    風邪の原因であるウィルスが鼻粘膜に付着した時に、ウィルスを体外に放出するための「免疫反応」としてくしゃみをします。

    赤ちゃんの周りには、多くのウィルスが存在しており、風邪の原因となるウィルスだけでも200種類以上あると言われています。

    一方で、ウィルスが体に入ると、必ず風邪になるわけではありません。

    ウィルスからの感染を防ぐ「免疫」によって守られているからです。

    この「免疫」が反応することで、くしゃみや鼻水が出て、ウィルスが体外に排出されます。

    新生児も、お母さんの胎内で、IgGという感染から身を守る抗体(免疫グロブリン)を獲得して生まれてきます。

    つまり、新生児がくしゃみをして、鼻水を出すことは、免疫が機能している証でもあります。

    しかし、免疫のある大人が風邪をひくことがあるのと同じように、新生児も風邪をひくことがあります。

    その原因としては、風邪をひいている家族からの感染や、寒い場所で体温が下がり免疫力が低下すること、など様々です。

    <対処法>

    早めに小児科を受診してください。

    「くしゃみ」の他にも、「発熱」「鼻水」「鼻づまり」「咳」などの症状がある場合は、風邪が疑われます。

    これらの症状は、新生児の体力を著しく奪い、細菌による2次感染等も引き起こす可能性があります。

    重症化すれば、肺炎になることもあります。

    小児科を受診して、鼻を吸ってもらう、症状を緩和する薬を処方してもらうなどして、医師の指導のもとで、赤ちゃんを看病しましょう。

    3.アレルギー性鼻炎

    新生児のくしゃみの原因としては、アレルギー性鼻炎も考えられます。

    ただし、その確率は低く、0~4歳でも、発症率は4%程度です。

    0歳であれば、さらに発症率は低くなります。

    これまで、新生児及び乳児がかかるアレルギー疾患としては、アトピー性皮膚炎とアトピー性腸炎がありました。

    これに対して、アレルギー性鼻炎は1歳を過ぎてから発症することがほとんどです。

    ただし、近年、子供のアレルギー性鼻炎の発症率が高まっており、しかも、発症年齢が早まる傾向があります。

    生後、数カ月でアレルギー性鼻炎と診断される赤ちゃんもいます。

    アレルギー性鼻炎には、

  • 通年性アレルギー性鼻炎
  • 季節性アレルギー性鼻炎(花粉症)
  • があります。

    このうちスギ花粉に代表される季節性アレルギー性鼻炎については、2歳以降に発症します。

    したがって、0歳児については、通年性アレルギー性鼻炎が疑われます。

    通年性アレルギー性鼻炎の原因物質は以下のものが考えられます。

  • ダニアレルゲン
  • 動物アレルゲン
  • カビアレルゲン
  • これらの原因物質の中でも、「ダニアレルゲン」が大部分をしめています。

    <対処法>

    くしゃみと鼻水が慢性的に続くのであれば、医療機関を受診しましょう。

    「特異的IgE抗体検査」をすることで、原因を特定することができる可能性があります。

    もし、ダニ等が原因による通年性アレルギー性鼻炎であれば、室内環境を見直す必要があります。

    「ダニ」に対する具体的は対処法を紹介します。

  • 湿度を50%に保つ
  • 湿度が55%を超えるとダニが繁殖しやすくなります。

    マンションなど気密性の高い建物は、湿度が上がりやすいためダニも発生しやすくなります。

    定期的に窓を開けて換気をし、エアコンも利用して、湿度が上がりすぎないように気を付けましょう。

    また、洗濯物の室内干しは、部屋の湿度をあげることにつながるので、特に春から秋にかけては、乾燥機を使うようにしましょう。

  • カーペットやぬいぐるみを使わない
  • カーペットやぬいぐるみは湿気がたまりやすく、ダニが繁殖するには最適の環境です。

    アレルギー性鼻炎の子供がいる場合には、なるべく使わないようにしましょう。

  • 布団やシーツカバーを洗う
  • カーペットと同じくダニが発生しやすい環境です。

    シーツカバーと同様に、布団も丸洗いできるものを選び、週に1度は洗って干しましょう。

    また、シートカバーはダニを通さない素材で作られたものを選びましょう。

  • マットレスや布地のソファーに掃除機をかける
  • ダニの糞や死骸を掃除機で吸って除去しましょう。

  • 物を少なくして、部屋を清潔に保つ
  • 物にあふれていると、物と物の間に湿気がたまり、ダニが繁殖しやすくなります。

    必要以上の物はもたず、「雑巾がけ」と「掃除機がけ」をよく行って、ダニが嫌がる環境にしましょう。


    <出典>
    メルクマニュアル医学百科
    菅家耳鼻咽喉科
    たんぽぽこどもクリニック
    テルモ株式会社