新生児の「水っぽいうんち」は本当に下痢なのか?

新生児のうんちは、いつも「水っぽい」ため下痢かどうか判断に迷います。

そこで、赤ちゃんの下痢の判別方法と、下痢だった場合の対処方法について解説します。

新生児のうんちについて

0-baby2

下痢かどうかを知るために、まずは赤ちゃんのうんちの特徴を知っておきましょう。

1.水っぽい

新生児・乳児の便は、基本的に水っぽい状態で排出されます。

その理由は、赤ちゃんの消化器官が未熟であることと、水分を吸収する大腸の働きを抑制してしまう「乳糖」が母乳に含まれているからです。

2.母乳と粉ミルクによる便の違い

最近の粉ミルクは、母乳の成分と非常に近くなっているため、基本的に便の色や状態に大きな差はありません。

一般的には、母乳のうんちは、ミルクのうんちと比べると、より水っぽく、薄い黄色になると言われています。

また、臭いについては、母乳の方が、においが強く、やや酸っぱいことが多いです。

3.緑色のうんちが出る

新生児のうんちには緑色の便が混じることがあります。

これは肝臓の分泌物である胆汁に含まれている「ビリルビン」が酸化した色です。

うんちには、必ず「ビリルビン」が含まれていて、腸内の状態により、うんちの色が変化します。

新生児や乳児の便が緑になるのは、ミルクと一緒に飲み込んだ空気が腸に入り込み、「ビリルビン」を酸化させてしまうことがあるためです。

便秘で、腸内にうんちが長く滞留している場合にも、便が緑色になります。

4.白いツブツブが混じる

白いツブツブは、腸で消化しきれなかったタンパク質や脂質のかたまりです。

離乳食が始まるまでは、よく見られます。

普通便と下痢の見分け方

baby3

新生児は、そもそも水っぽいうんちをするため、下痢と見分けがつかないことがあります。

そのため、普段の便と比較することで、下痢を判断します。

<下痢を見分ける2つのチェックポイント>

1.いつもより回数が多い

2.いつもより明らかに色が薄く、水そのものである

例えば、普段1日1~2回のうんちをする赤ちゃんが、急に10回もするようになった場合には下痢が疑われます。

ただし、新生児は、腸の機能が十分でないため、1日10回以上うんちをすることは珍しくありません。

気温の変化など、生活上の刺激でも便の回数が多くなることがあります。

一方、便がほとんど水に近い状態であれば、下痢と考えて間違いありません。

下痢の対処方法

ambulance

1.脱水に注意

下痢の時は、脱水症状に注意しましょう。

母乳、ミルクはいつも通り飲ませ、もし、飲む量が少なければ、回数を増やします。

赤ちゃん用のイオン飲料を飲ませても構いません。

2.おむつかぶれに注意

下痢は、普通便よりも強い酸性であるため、おむつかぶれになりやすいです。

下痢のたびに、おむつを交換しましょう。

拭き残しがあると赤くただれるため、肛門の周辺を丁寧に拭きましょう。

また、下痢が、感染性胃腸炎によって起きているのであれば、2次感染の危険があります。

ゴム手袋をしてオムツを交換し、入念に手洗いをしましょう。

また、下痢が付着した布は処分するか、ウィルスと菌を殺傷するスプレーを使って洗浄しましょう。

3.医療機関を受診すべき下痢

次のような様子が見られる場合は直ちに医療機関を受診しましょう。

ぐったりして元気がない

普段に比べて、手足の動きが弱い、顔色が悪い、ぐったりして元気がないなど、様子が違う場合には、下痢による脱水症の可能性があります。

発熱、嘔吐、血便のいずれかがある

細菌、ウィルスに感染したため、感染性胃腸炎を発症した可能性があります。

下痢が何日も続く

元気があっても、1週間程度を目安に、下痢が続くようであれば、医師に相談することが必要です。

例えば、ミルクや母乳を消化するための酵素の働きが弱まっている可能性があります。

この場合、発育にも影響が出ることがあります。

なお、下痢の症状がある病気についてはこちらの記事で詳しく紹介しています。

新生児で下痢が続くなら先天性の病気が潜んでいることも
慢性的な赤ちゃんの下痢は、発育に重大な影響を及ぼす先天性の病気が潜んでいるかもしれません。 そこで、慢性的な下痢の...
新生児の下痢が「白い色」だったら感染性胃腸炎かもしれない
赤ちゃんの下痢の色は、病気を判断する需要なバロメーターです。 そこで、赤ちゃんが下痢になる一番の原因とされる感染症...


(参考出典)
メルクマニュアル医学百科
小児慢性特定疾病情報センター
国立感染症研究所
日本大腸肛門病学会
はしもと小児科
妹尾小児科
公益財団母子衛生研究会
鎌田クリニック
みやけ内科・循環器科
静岡県こども病院