もしも破水したら~破水からお産が始まった先輩ママ50人の実体験より~

破水からお産が始まった先輩ママの実体験に基づいて、破水とはどのような状態なのか紹介します。

お産は陣痛から始まることが多いのですが、破水から始まることも少なくありません。

破水とは?

破水とは、赤ちゃんと羊水を包んでいる卵膜が割れることで羊水が漏れ出してしまう現象です。

当サイトで公開している出産体験記を調べたところ、5人に1人の割合(※)で破水から始まるお産を体験しています。

また、破水からのお産に至った時期については出産予定日の前後関係なく発生しており、中には早産のケースでも破水から始まったという人もいました。

(※)2018年1月1日~5月25日に公開した139人中のうち28人が破水からのお産を体験していました。

破水したらどうする?

破水した場合でも、「破水かもしれない」と思った場合でも、すぐにかかりつけの産婦人科に電話をして、医師または助産師さんに判断を仰いでください。

実際に破水していた場合には基本的に入院をして分娩の準備をする必要があります。

もし「破水したかどうかわからない」場合には、決して自己診断することなく、まずは産婦人科に電話して、受診すべきかどうか相談しましょう。

体験談でわかる色んな破水のケース

maternity3
「cawaiku」では400人を超えるママ達の出産体験記を紹介してきました。

その中には、破水からお産にいたったママ達も多数います。

実際にどんな様子だったのか見ていきましょう。

1.突然「ボンッ」と音がして破水する

最もわかりやすい破水の状況としては、突然「ボンッ」という風船が割れたような音がして、一気に大量の羊水がサーッと流れ出すというケースです。

予定日を4日過ぎた夜12時近く、体の中で「ポン」と何かがぶつかる感覚があり、破水。
その日の1時過ぎに入院しました。

【私の出産体験記】白子ウィメンズホスピタルで産みました。』より

破水した瞬間の感じ方は人それぞれで、「ボンッ」ではなく「ポン」や「バチン」と音がしたと表現する人もいれば、音ではなく「何かが破裂したような感覚」があってから大量の破水を経験した人もいます。

このように破裂したような感覚に襲われてから破水するケースでは、漏れだす羊水の量が多くてナプキンだけでは受けとめることができず、バスタオルなどを車の座席に敷いて病院に行く必要があるようなケースが多いようです。

同様に「ボンッ」という音のする破水の経験をしたママ達の体験談はこちらです。

2.チョロチョロと出続ける

何かが「チョロチョロ」と出続けるという感覚から破水と気づくケースも多々あります。

外でランチをしていました。

何かが流れでる感じがし、急いでトイレに行き確認したところ水みたいなおりものみたいなものが「ちょろちょろ」でてきました。

だんだんと量が増えナプキンしていても足らない感じになってしまいすぐに病院に連絡して向かいました。

【私の出産体験記】さめじまボンディングクリニックで産みました。』より

羊水が一気に出てくるような破水ではないものの、継続的に水が流れ続けるために破水であると気づくことができます。

同様に「チョロチョロ」と流れ出す破水の経験をしたママ達の体験談はこちらです。

3.おしっこを漏らした?

破水した量が少ないと、最初は「おしっこを漏らしたかな?」という勘違いすることも多いようです。

寝る前にトイレに行ったあと「尿漏れかな?」と思うような少量の冷たいものを感じました。

とりあえず病院に電話し、「尿漏れか破水か分からない」と伝えました。

「すぐに来てもいいけど、家が近いなら1時間くらい様子を見る?」と言われ、寝る直間だったので睡眠を優先し、ナプキンをあてて、1時間様子を見ることにしました。

1時間経って何もなかったので、「やっぱり尿漏れだったのか」と思い、再び就寝しました。

そしてさらに1時間経ち尿意で起床すると、ナプキンが全部湿っていて、病院に行くことにしました。

【私の出産体験記】クリニックママで産みました。』より

こちらの先輩ママは、初めはおしっこを疑うものの、しばらくして尿漏れのような排水が止らなかったことで破水であるとの確信にいたります。

同じように「尿漏れ」のような状態に加えて、短時間のうちにおしるしや陣痛が来ることで破水であったことに気づくケースも多いようです。

「尿漏れかな」という勘違いから破水に気づいたママの体験談はこちらです。

4.尿とは異なる色の液体が・・・

漏れ出す水の量で破水したことに気づくケースがほとんどなのですが、中には漏れ出てくる水の「色」から破水であると気づいたママも少数いました。

トイレに行き下着を下ろすとぼとぼとっとピンク色の液体が出ていてすぐに破水した、とわかりました。

【私の出産体験記】淀川キリスト教病院で産みました。』より

こちらのママは、おしるしが混ざったピンク色の破水であったために、「尿漏れかな」という破水のよくある勘違いをせずに済んだのかもしれませんね。

また、ピンクでもない、もう一つ違う色の破水を見たというママもいました。

予定日2週間前になって寝ている時に尿意なく漏らしてしまったと思って起きました。

そのうちトイレに行ったらおしるしが降りて来て、やっと「あ、破水したんだ」と思いました。

病院へ向かうと陣痛が始まり、触診で子宮口を見てもらうと、ナプキンに破水で緑色になっていました。

これは赤ちゃんが苦しくなるとお腹の中でウンチをしてしまう為だそうです。

【私の出産体験記】小松崎産婦人科病院で産みました。』より

こちらのママもおしるしから破水に気づいたケースですが、その後に「緑色」の破水も確認しています。

「尿漏れかな?」と思った時に、ナプキンについた色を見てピンクや緑であれば破水を疑ったほうがよさそうです。

5.破水していたのに気づかない

破水していても気づかないケースもあります。

(予定日の1週間前)検診の前日に破水していたようなのですが、それに気が付かずにそのまま検診の日を迎えました。

先生に「尿漏れが酷くなった」と話をして内診をしてもらったら、破水してることに気が付き即入院でした。

「破水しているので今日のうちに陣痛が来なければ促進剤を打ちます」と説明されました。

【私の出産体験記】保倉産婦人科医院で産みました。』より

こちらのママは尿漏れと破水の区別がつかず、破水していたことに気づけなかったそうです。

赤ちゃんが大きくなると膀胱が圧迫されるなどで、尿漏れ(尿失禁)が多くなる人もいます。

「尿漏れが多くなったかな」と感じたら、破水を疑ってみる必要がありそうです。

同様に、しばらく破水と気づけなかったママの体験談はこちらです。