0歳からピアノに親しめる「ピアノえほん」

鍵盤と楽譜付きでメロディを奏でることができる「ピアノ絵本」をご紹介します。

0歳から楽しめるピアノ絵本は多数あり、おもちゃ感覚でピアノに親しむことができます。

おすすめのピアノ絵本とは?

1.曲数は多め?少なめ?

ピアノ絵本には自動演奏機能があり、童謡やクラシックなど様々な曲が収録されています。

20曲前後が標準的な曲数で、10曲以下だと少なめ、30曲以上だと多めと言えます。

曲数が多ければ値段も高いと言う訳ではないため、曲数が多いほどお得感があります。

ただ、曲が多いと自動演奏を鳴らして遊ぶだけで満足してしまう可能性もあるので、ピアノの練習を重視するのであれば、あまり曲数にこだわらなくても良いでしょう。

また、プレゼントをする子供が大好きな曲が入っているものを選ぶという考え方もあるでしょう。

2.鍵盤は多い?少ない?

「ピアノ絵本」の世界では23~24鍵盤が標準的です。

これは「ドレミファソラシドレミ」まであるため、右手だけですが幅広い曲を演奏することができます。

年長さんや小学生などで本格的なピアノ練習の導入として使うのであれば37鍵盤のピアノ絵本を選んでも良いでしょう。

一方で、13鍵盤、17鍵盤のピアノ絵本も発売されています。

弾ける曲は限られてしまいますが、逆に特定の曲を繰り返し練習してもらいやすいという利点もあります。

3.必要な機能は?

ピアノの絵本なので、楽譜と鍵盤が付いていれば機能としては十分です。

しかし、それ以上に色々な機能が付いています。

例えば「音のボリューム調整」「テンポ調整」「音色選択」「光ガイド」などです。

子供が喜ぶ機能としては「音色選択」です。

ピアノの音だけでなく鉄琴や動物の鳴き声などでも音が鳴らせると、おもちゃのように楽しんで遊んでくれます。

また、演奏する曲ごとに光って押さえるべき鍵盤を教えてくれる「光ガイド」も「自分で弾けた!」という満足感を得やすい機能だと言えます。

ただし、「光ガイド」に頼りすぎて上達しない可能性もあるため、あくまで最初にピアノの楽しさを感じてもらうための機能に過ぎないと考えましょう。

標準サイズのピアノえほん

1.【ベネッセ】すてきなピアノえほんDX


amazon-link2 rakuten-link

鍵盤数:24鍵盤
音色:1音(ピアノ)
主な収録曲:全33曲(むすんでひらいて、かえるの合唱、もみじなど)

ピアノ絵本としては標準的な鍵盤数、曲数の商品です。

鍵盤にドレミの文字が表示されていますが、音声でも「ドレミ・・・」と教えてくれるので、カタカナがまだ読めない子供でも音階を覚えることができそうですね。

ランダム演奏もありBGMとして聞き流しも可能です。おむつ替えの時などに使うと便利そうです。

2.【ミキハウス】ピアノ (ポカポカフレンズのおんがくえほん)


amazon-link2 rakuten-link

鍵盤数:24鍵盤
音色:1音(ピアノ)
主な収録曲:全20曲(ロンドンばし、森のクマさん、かたつむりなど)

標準的な鍵盤数で、音色は1つと言う非常にシンプルなピアノ絵本です。

楽譜には20曲が掲載されていますが、自動演奏のメロディがあるのは15曲だけです。

馴染みのある童謡がほとんどなので、おもちゃと言うよりも初めてのピアノ練習本として活用できそうです。

3.【講談社】ディズニー はじめてのピアノえほん


amazon-link2 rakuten-link

鍵盤数:23鍵盤
音色:2音(ピアノ、鉄琴)
主な収録曲:全20曲(ミッキーマウス・マーチ、星に願いを、きらきら星など)

ミッキー、ミニーはもちろん、シンデレラやスティッチなど大人気のディズニーキャラクターのイラストが満載のピアノ絵本です。

ディズニー好きの家族なら楽譜を見ているだけでも楽しい気分になります。

ピアノの練習のつもりが、ついついディズニーランドに行きたくなってしまうかもしれませんね。

4.【ポプラ社】じぶんでひけたよ! メロディーピアノえほん


amazon-link2 rakuten-link

鍵盤数:23鍵盤
音色:2音(ピアノ、鉄琴)
主な収録曲:全30曲(はるがきた、喜びの歌、おどるポンポコリンなど)

鍵盤数、収録曲数も標準的で「定番」のピアノ絵本と言えるでしょう。

なぜかアニメソングの曲数が5曲と豊富で、「ドラえもん」や「ちびまる子ちゃん」「サザエさん」とテレビの人気アニメが勢ぞろい。

アニメ好きの子供には良い導入になるかと思います。

小型・大型サイズのピアノえほん

5.【朝日新聞出版】ピカピカひかるピアノ


amazon-link2 rakuten-link

鍵盤数:17鍵盤
音色:7音(ピアノ、鉄琴、動物5種)
主な収録曲:全21曲(ぶんぶんぶん、ちょうちょう、別れの曲など)

ピアノ絵本の中では鍵盤数や曲数がかなり少ない商品です。

3歳頃までは鍵盤数が多くても使いこなすことはできないので、初めてのピアノのおもちゃとしてはこれでも十分です。

反対に「いぬ」「ねこ」「ひよこ」など動物の鳴き声による音色が豊富なので、おもちゃとして楽しく遊べそうです。

音階に合わせて鍵盤が光るので、どこを押さえれば良いかすぐに分かります。

6.【ポプラ社】名曲ピアノえほん


amazon-link2 rakuten-link

鍵盤数:37鍵盤
音色:3音(ピアノ、オルガン、木琴)
主な収録曲:全50曲(ぞうさん、となりのトトロ、メヌエットなど)

曲数も鍵盤数も類似商品の中では最大級のピアノ絵本です。

片手での演奏はもちろんですが、上手になってきたら両手での演奏も可能なので、赤ちゃんから小学生くらいまで長く遊べそうです。

7.【レーベル館】アンパンマンピアノえほん


amazon-link2 rakuten-link

鍵盤数:17鍵盤
音色:1音(ピアノ)
主な収録曲:全10曲(アンパンマンのマーチ、アンパンマンたいそう、ハッピーバースデーなど)

アンパンマン好きの子供には「これしかない!」というピアノ絵本です。

収録されている10曲のうち5曲がアンパンマン関連ソングです。

鍵盤が光るような機能などもない、とてもシンプルな商品です。

8.【成美堂出版】はじめてのピアノ


amazon-link2 rakuten-link

鍵盤数:13鍵盤
音色:4音(ピアノ、オルゴール、きらりん、おたのしみ)
主な収録曲:全8曲(大きな栗の木の下で、ことりのうた、ノクターンなど)

今回紹介するピアノ絵本の中では、最小の商品です。

とにかく鍵盤数が少ないので小さな子供でも鍵盤で迷うことが少なくなるでしょう。

デザインもサイズも音色もすべてが可愛く作られていて贈り物としても最適なピアノ絵本です。