切迫早産になった先輩ママの出産体験談

切迫早産になり入院や自宅安静を余儀なくされているママは、「お産はどうなってしまうのか」と、とても不安になっていることでしょう。

そこで、当サイトで紹介した出産体験記の中から、切迫早産を経て出産した先輩ママ達の体験談を紹介します。

切迫早産になった先輩ママの出産体験談

birth2
切迫早産になったママの出産体験談を抜粋して紹介します。

詳細を読みたい場合は、リンクから個別の体験談のページに移動してください。

1.切迫早産で入院し、退院後に出産したママの体験談

まずは切迫早産になったものの無事に退院して出産することができたママ達の体験記を紹介します。

【私の出産体験記】東京医療センターで産みました。』より

妊娠33週くらいの頃の健診で、内診時に切迫早産と診断され、その場で即日入院となってしまいました。

(中略)

結局24時間点滴で張り止めをして1ヶ月まるまる入院するほどだったのです。

こちらのママは、切迫早産と診断されてそのまま入院となりました。

病院での絶対安静で車いす生活となったそうです。

37週の正期産の期間に入ると、退院してお産を迎えました。

【私の出産体験記】パクスレディースクリニックで産みました。』より

陣痛が始まったのが34週目の23時頃でした。

ふと腹痛がしているのに気付き、「もしや?」と思って痛みの間隔を測ってみると8分~15分くらいの波が来ていました。

こちらのママは妊娠7か月の時に切迫早産で入院をしました。

その後、退院したものの妊娠34週目で陣痛が来て早産での出産となりました。

そのため、赤ちゃんは別の大きな病院に転院となったそうです。

【私の出産体験記】武蔵村山病院で産みました。』より

実は切迫早産で30週の時に一ヶ月入院していたのですが、その間はお風呂は二日に1回でした。

そのせいで、出産後は毎日入っていいと知らず、「二日に1回ですよね?」と尋ねると、助産師さんと看護師さんが2人で大爆笑していました。

こちらのママは、妊娠30週目から1か月入院していました。

しかし、無事に退院して、お産のため再入院した時も、陣痛から15時間ほどで分娩するなど、安産だったようです。

【私の出産体験記】名古屋大学医学部附属病院で産みました。』より

妊娠8ヶ月~9ヶ月にかけて切迫早産で入院していた為、ほとんどの助産師さん達とは顔なじみでした。

それから数週間後にまたお産で入院となったので、皆さん、私のことを覚えてくださっていたようです。

こちらのママも正期産になる頃に退院して、予定日近くまで自宅で過ごしました。

陣痛ではなく破水からお産が始まったそうです。

再入院の際は、助産師さんと顔なじみになっていたため、安心して出産できたようです。

【私の出産体験記】赤堀病院で産みました。』より

切迫早産で入院生活が長かったので、「やっと会えた」という感動でいっぱいでした。

こちらのママは1か月半もの間、切迫早産で入院されたそうです。

しかし、正産期にはいって「出産間近」と言われた後も、なかなかお産が始まらなかったそうです。

【私の出産体験記】葛飾赤十字産院で産みました。』より

切迫早産で2か月近く入院していたので出産のために戻ってきた時は「ただいま!」と言ってしまいたいくらいアットホームな雰囲気で迎えてもらえたことです。

こちらのママは妊娠27週で切迫早産と診断され2カ月間も入院されたそうです。

しかし、このママも正産期に入ってからなかなか産気づかず、出産予定日に無事に生んだそうです。

【私の出産体験記】厚生中央病院で産みました。』より

29週目の妊婦検診で切迫早産と診断されました。

まったく自覚症状がなく、病名も知らなかったくらい意識していなかったことだったので、まさに青天の霹靂でした。

こちらのママは、出産予定日の2日前に出産しましたが、赤ちゃんが多呼吸症候群の疑いがあり、生後4日間、保育器に入っていたそうです。

【私の出産体験記】セブンベルクリニックで産みました。』より

もともと張りやすく、切迫早産で2週間ほど入院していた事もあったため、「陣痛がきたかな?」と思った時には既に5分間隔になっていました。

こちらのママは初産ながら、わずか6時間で出産したそうです。

【常位胎盤早期剥離での出産体験記】新津産科婦人科クリニックで産みました。』より

切迫早産からお世話になっていた病院でしたから、上の子と離れ離れの生活の悩みや、寂しさ等を聞いてくれました。

また、お産のアドバイスや、手術後の生活スタイル等も分かりやすく教えていただいたので、この病院で良かったなと感じました。

こちらのママは、切迫早産での退院後に出産しましたが、分娩前に胎盤が子宮壁から剥離してしまう「常位胎盤早期剥離」という非常に危険な状態での出産を体験されました。

2.切迫早産で入院し、そのまま出産したママの体験談

【私の出産体験記】埼玉医科大学総合医療センターで産みました。』より

切迫早産のため入院をしていました。

明日で退院となり、点滴が取れて一晩を過ごした後のお昼頃に、尿なのか破水なのか、わからないまま、ベッドパッドを3度交換しました。

こちらのママは退院準備のために点滴を外した翌日に産気づいて出産しました。

分娩室ではなく陣痛室で赤ちゃんの頭が出てきてしまうほどのスピード出産だったようです。

赤ちゃんは無事でしたが、念のため1日だけGCU(発育支援室)で管理されたそうです。

【私の出産体験記】西潤マタニティクリニックで産みました。』より

切迫早産のため、最初は家で薬を飲んでの様子見でしたが、子宮が3センチに開いてきていたので入院になりました。

こちらのママは、赤ちゃんの発育状況により正産期にはいってから点滴を止めました。

そして、やはり点滴を止めて翌日にお産になったそうです。

3.切迫早産で自宅安静をして出産したママの体験談

【私の出産体験記】とまつレディースクリニックで産みました。』より

切迫早産で子宮頸管が妊娠週数より大幅に短くなっており、仕事を休職しました。

頸管が長くなることはないから、絶対安静と言われて安静にしていたら、1か月後に子宮頸管が伸びていました。

こちらのママは妊婦健診で子宮頸管が短くなっていることが判明し、自宅での安静となりました。

通常、子宮頸管が長くなることはありえないのですが、たまたまこのママは長くなって、先生にも驚かれたそうです。

【私の出産体験記】伊那中央総合病院で産みました。』より

産休を目前にして子宮頸管が急激に短くなってしまい(1mm程度)、自宅安静を指示されました。

切迫早産ということで張り止めのウテメリンを処方され、不安でしたが先生や助産師さんが優しく声をかけてくださったので、安心できました。

こちらのママも、正産期になって頸管が少し伸びたそうです。

出産予定日の3日前に陣痛が来て入院し、50時間かけて出産したそうです。

切迫早産になったママの出産の実態とは?

maternity6

1.切迫早産になるママは1割程度

当サイトでは、現在150人以上の出産体験記を紹介してきましたが、そのうち14人が切迫早産を経験していました。

その中でも12人が絶対安静のため入院し、2人が自宅安静でした。

入院したママのうち10人は退院することができましたが、2人は入院したままお産へと進みました。

2.ほとんどが正期産になる

切迫早産になったママの体験談では、治療の甲斐もあってか、ほとんどが37週以降の正産期に赤ちゃんを産んでいます。

それ以前の早産となってしまったママは2例でした。

3.切迫早産のママでもお産の進み具合はまちまち

切迫早産になったママのお産というと「点滴を止めるとすぐにお産が始まって生まれた!」とイメージする人も多いのではないでしょうか?

実際にそうなる人はまれで、陣痛から分娩にいたる進み具合も、切迫早産だったから「早く進む」ということはないようです。

陣痛から10時間以内に出産したママもいれば50時間もかかって産んだママもいるのです。

スポンサーリンク
アドセンス
アドセンス
特集

季節のコラム特集