【私の出産体験記】江川産婦人科で産みました。

大阪府にある江川産婦人科で出産したママの体験記を紹介します。


※個人の体験に基づく口コミ記事です。医療機関に対する客観的な評価・評判ではありません。

出産体験記

1.妊婦健診中の印象に残った体験

臨月に入り、NSTをつけて胎児の心拍や、前駆陣痛などを確認していた時のことです。

隣で計測されていた方はすぐに終わったにも関わらず、中々私は終わりを告げられずに不安に思っていた時、助産師さんに胎児が寝ていて欲しいデータがとれないと言われました。

お腹を揺すって起こそうとしてもなかなか起きずに1時間半が経過したところでようやく起きたのかちゃんとデータがとれた、という出来事がありました。

「中々こんな時間がかかることはないんだけど…」と言われ、その後の診察で先生と笑ったのが印象的でした。

2.お産の体験

朝8時半におしるしがあり、5分間隔でお腹の張りがあった為、病院に電話をしてタクシーで病院へいきました。

「子宮口が2センチしか空いていないが、NSTの結果を見ると陣痛はきていて、子宮の膜が薄くなっているので今日にでもお産ができると思う」と言われましたが、陣痛が強くないので母と主人に連絡をしてから一度帰宅しました。

家に着いてシャワーを浴びたところで痛みが急に強くなり、1分間隔の痛みになったため病院に向かいました。

分娩台で診察をした直後に破水をしたため入院が決まりました。

その後、2時間分娩台の上で痛みに耐えて、股の間にスイカが挟まっているような間隔が消えないことを助産師さんに伝えたところ、「次に波が来たら産もうね」と言われてお産となりました。

3.赤ちゃんが生まれた瞬間!

こんなに小さいのに、痛みに耐えて頑張って出てきてくれたのだなぁと感動しました。

それと共に、半年以上感じていた胎動をもう感じることがないという寂しさと、愛おしいという思いが溢れてきました。

4.入院中の体験

ちょうど出産が多かった時期で、私が出産した時に新生児室には12人の赤ちゃんがいたのですが、女の子はうちの子のみで、他の11人はみんな男の子だったのには驚きました。

そのお陰もあり、助産師さんを始め、ほかのお母さんとも話題があるのですぐに打ち解けることが出来ました。

その後15人まで赤ちゃんが増えた時にようやく女の子が1人増えましたが、ここまで性別に偏りがあるのも珍しいことだと助産師さんも言っておられました。

5.江川産婦人科で産んで「よかったな!」と思う体験

産後母子同室を推進する病院も多いですが、こちらの病院は「まずは母親から」との考えで、どのスタッフさんも話しかけやすく、相談にも親身に乗ってくれたので、不安もなく通院・出産・退院を迎えることができたと思います。

6.通院・入院中の「残念」な体験

毎回順番予約をしているものの、待ち時間が長いことが妊婦にとっては辛いと感じました。

途中でお産が入ったりと、仕方の無いことだとはいえもう少しスムーズに診察が進んでくれたら楽なのに…と思うことは少なくありませんでした。

【都道府県別】出産体験記が読める産院・病院一覧
先輩ママの貴重な出産体験記が読める全国47都道府県の産院・病院を紹介します。 産院探しや出産を理解する勉強のために...

江川産婦人科について

2016年3月に第1子を出産した当時の体験に基づく情報です。

1.選んだ理由は?

・実家から近い

・料理が美味しいと評判だった

・産後母子別室を推奨し、母親の身体の回復を一番に考えている

以上の理由から選びました。

2.妊婦健診での待ち時間はどれくらいだった?

いつも混みあっており、毎回前日に順番予約をするものの、1時間~1時間半ほど待ちました。

3.費用はどれくらい?

妊婦健診は、県外だったため毎回5,000円~10,000円ほどかかりましたが、市内の方は基本的な負担はないようでした。

入院・分娩費用に関しては、5万円程でした。

4.主治医の先生はどんな人?

体重増加に関して少し厳しい目を持っているようでした。

たくさん運動することを推奨している先生なので、後期に入ると毎日最低1時間は歩くよう指導が入りました。

分娩に関して、会陰切開をあまりしない方針だったので、会陰マッサージを毎日必ずするようにと臨月の妊婦さんに指導されていました。

こちらの疑問には丁寧に答えてくださる先生で、不安や疑問はないか毎回聞いて解消してくれました。

5.分娩に対応してくれた助産師さんはどんな人?

とりあげた赤ちゃんにもお母さんにも一人一人を大事にされる方でした。

勤務日程の関係上、入院2日目以降会えなくなるのが分かった段階で、忙しい時間の合間を縫って挨拶にきてくれました。

「もう会えなくなるのは寂しいけど、検診の時を楽しみに待っているから…」と、とりあげた方全員のお部屋を回っていました。

こうしたことをされたのはその方しか居なかったので印象的でした。

6.入院中の食事はどうだった?

バランスもさることながら、量が多く、でも1品1品の味付けがとても美味しく、毎回完食していました。

7.設備やサービス

〇・・・あった
×・・・なかった

(〇)2Dエコーあり
(〇)3Dエコーあり
(×)4Dエコーあり
(〇)母親学級あり
(×)両親学級あり
(〇)マタニティスポーツ(ヨガ・エアロビクス等)教室あり
(〇)個室あり
(〇)大部屋あり
(×)個室シャワーあり
(×)個室(病室)以外にくつろげる場所あり
(×)食事用のラウンジあり
(×)売店あり
(×)小児科併設あり
(〇)助産師外来(母乳外来)併設あり

8.入院中に助産師さんから教わったこと

〇・・・あった
×・・・なかった

(〇)授乳指導(母乳のあげ方)
(〇)調乳指導(ミルクの作り方、あげ方)
(〇)おむつ替え指導
(〇)沐浴指導
(〇)新生児指導(健康管理の仕方や泣いている時の対処方法など)
(〇)産褥期生活指導(産後の回復期におけるママの生活上の注意点など)
(〇)家族計画指導(次の子供を作る際の注意点など)

※初産婦か経産婦かによっても指導内容がかわるものと考えられます。

9.どんな母乳指導された?

赤ちゃんの口はアヒルの口で飲ませるのが一番だと指導がありました。

また、飲ませ方によっては飲みムラがあるので、それを解消出来るように抱き方を3種類教えていただきました。

飲ませるのは長くても片方10分ずつとの指導もありました。

10.退院後に助産師さんに相談したこと

授乳間隔が3時間もあかないことを相談しました。

相談内容に対する答えも的確で、その後も私の体調を心配してアドバイスもしてくれて嬉しかったです。

11.新生児健診のタイミング

生後1ヶ月