【私の出産体験記】高杉レディースクリニックで産みました。

山口県にある高杉レディースクリニックで出産したママの体験記を紹介します。


※個人の体験に基づく口コミ記事です。医療機関に対する客観的な評価・評判ではありません。

出産体験記

1.妊婦健診中の印象に残った体験

妊娠後期に入ったころちょうど学生さんの研修期間とかぶっていたようで、何度か学生さんの研修の練習台になりました。

全く苦痛ではなかったのですが、赤ちゃんの心音がなかなか取れなかったり、お腹周りをメジャーで測るのに手間取ったりで、学生さんなので仕方ないのですがお腹も大きく何度もやり直しになるのは時間もかかるのでかなり疲れました。

そんなときに限っていつもは元気いっぱいな赤ちゃんが寝ていたりするので、起きて動き回る様子をエコーで見れるまでにまた時間がかかって帰るころにはへとへとでした。

2.お産の体験

陣痛は予定日1週間前に来ました。

朝から痛かったのですが1回出産を経験しているので、こんな痛みではないと思い我慢していました。

昼間、痛みが遠のいたので、ひたすらスクワットをしたり上の子と遊んだりしていたら夕方から本格的な陣痛が始まりました。

すぐに病院に行き、内診をしてもらうともう6センチまでは開いているとのことで、部屋に移動することもなく分娩台で全開になるまで待つことになりました。

痛みがどんどん強くなり無言でずっと痛みに耐えていたせいか、気分が悪くなり吐きそうでした。

ようやく先生が来てくれて、破水させてもらって「ようやく産める!」と喜んでいたのですが、いきみたいという感覚にならず赤ちゃんが出てくる気配もなし。

エコーで見てみると赤ちゃんの向きが悪く、頑張っても自然に出て来そうになかったので吸引分娩になりました。

吸引分娩を始めてからはすぐに出てきてくれました。

3.赤ちゃんが生まれた瞬間!

1人目のときはあまりの陣痛の痛さと疲労から、対面できたことよりも「終わったー。」ということの方が大きかったので、今回はじっくり顔を見てたくさん記憶に焼き付けました。

ただただ感動と感謝でいっぱいでした。

4.入院中の体験

基本的に赤ちゃんが産まれるとずっと母子同室になるのですが、シャワーを浴びるときなどはナースセンターで預かってくれて、数種類のボディクリームなども無料で貸してもらえます。

なので、赤ちゃんを部屋に待たせながらバタバタとシャワーを浴びるのではなく、ゆっくり浴びてゆっくりボディクリームを塗ってゆっくり髪を乾かすまでのことが毎日でき、それだけでもストレスなく過ごせました。

また、産後は美容師さんによるシャンプーかエステのサービスがあるので、それもすごく良かったです。

5.高杉レディースクリニックで産んで「よかったな!」と思う体験

助産師さんがパワフルで元気いっぱいなので、病院自体が明るいです。

また、検診では午前中に保育士さんが在中しているので、子連れで行っても見てもらっている間に安心して健診を受けることができ、とても良かったです。

6.通院・入院中の「残念」な体験

基本的に先生よりも助産師さん主導の病院なので、赤ちゃんのことや体調についても先生より助産師さんに聞くことが多いです。

中には少し言い方がキツい助産師さんもいて、「こうやって言ったよね?」と、聞いていなかったことを強めに言われたりすることもあったので、その辺は残念でした。

【都道府県別】出産体験記が読める産院・病院一覧
先輩ママの貴重な出産体験記が読める全国47都道府県の産院・病院を紹介します。 産院探しや出産を理解する勉強のために...

高杉レディースクリニックについて

2018年7月に第2子を出産した当時の体験に基づく情報です。

1.選んだ理由は?

実家から近く、1人目の出産をした病院だったからです。

完全個室で面会時間も比較的自由ですし、食事も毎回残してしまうくらい豪華で美味しいという点も魅力でした。

2.妊婦健診での待ち時間はどれくらいだった?

妊婦健診は毎回時間予約していたので、混んでいなければスムーズに呼ばれますが、混んでいるときは30分以上は待っていました。

3.費用はどれくらい?

妊婦健診は特別なことがない限りは自己負担はありませんでした。

入院・分娩費用は吸引分娩だったので自己負担が2万円ほどでした。

4.主治医の先生はどんな人?

先生は1人しかいないので、月に何回か外部の先生が来られる日に行かない限り違う先生に診てもらうことはありません。

先生は基本的に淡々としているようなイメージですが、エコーのときは毎回赤ちゃんの何がどこにあるのかなど丁寧に教えてくれますし、質問すれば優しく答えてくださいます。

5.分娩に対応してくれた助産師さんはどんな人?

2人の助産師さんが対応してくれました。

1人はずっと横にいていきむときに「頑張れ頑張れ!」とひたすら応援してくれていました。

もう1人は冷静に「お水いる?」「今のいきみ方良かったよ。」と優しくお声がけしてくださいました。

6.入院中の食事はどうだった?

毎食毎食豪華で、食事の時間がとても楽しみでした。

お祝い膳も3人前くらあるのではないかという量で、もちろん味もとても美味しかったです。

7.設備やサービス

〇・・・あった
×・・・なかった

(〇)2Dエコーあり
(〇)3Dエコーあり
(×)4Dエコーあり
(×)母親学級あり
(〇)両親学級あり
(〇)マタニティスポーツ(ヨガ・エアロビクス等)教室あり
(〇)個室あり
(×)大部屋あり
(〇)個室シャワーあり
(〇)個室(病室)以外にくつろげる場所あり
(〇)食事用のラウンジあり
(×)売店あり
(×)小児科併設あり
(〇)助産師外来(母乳外来)併設あり

8.入院中に助産師さんから教わったこと

〇・・・あった
×・・・なかった

(〇)授乳指導(母乳のあげ方)
(×)調乳指導(ミルクの作り方、あげ方)
(〇)おむつ替え指導
(〇)沐浴指導
(×)新生児指導(健康管理の仕方や泣いている時の対処方法など)
(×)産褥期生活指導(産後の回復期におけるママの生活上の注意点など)
(×)家族計画指導(次の子供を作る際の注意点など)

※初産婦か経産婦かによっても指導内容がかわるものと考えられます。

9.どんな育児指導された?

とにかく赤ちゃんが小さいうちは泣く度におっぱいをあげてと言われました。

疲れるだろうからと添い乳をよく勧められました。

10.新生児健診のタイミング

母親の産後1ヶ月健診はありますが、新生児健診はやっていません。