【私の出産体験記】大森赤十字病院で産みました。

東京都にある大森赤十字病院で出産したママの体験記を紹介します。


※個人の体験に基づく口コミ記事です。医療機関に対する客観的な評価・評判ではありません。

出産体験記

1.妊婦健診中の印象に残った体験

毎回エコーを見るのを楽しみにしていました。

エコーの写真も頂けるので、赤ちゃんの顔をしっかり写してくれる先生の時は嬉しかったです。

しかし、素人にはよく分からない大腿骨メインの写真や、お腹を輪切りにした断面図のような写真だけしか写してくれない先生もいて、なんだか物足りない感じがありました。

家に帰って主人に写真を見せても、「何これ?」って言われてしまったりしました。

もちろん角度によって見えないことは分かってますし、運が悪かっただけなんでしょうけど、赤ちゃんの顔を写してくれた先生は「今日のお土産です」って言葉を添えてくれて、心が暖かくなりました。

2.お産の体験

私は予定日が5日過ぎていたのでそろそろだろうと覚悟していました。

その日の夕方くらいから、お腹が締め付けられる痛みが定期的にあって、これが陣痛なのかな?と思っていました。

それが続いて夜9時くらいに病院に連絡をしました。

主人も立ち会う予定でしたが、その日はまだ主人が帰ってきていなかったため、病院の方から「ご主人が帰られてから一緒にいらしてください」と言われました。

それで夜0時くらいに主人とタクシーで病院へ向かいました。

それから待機室で陣痛に耐えてましたが、1時間くらいしたら破水してしまいました。

その後も子宮口は開いていなかったので3~4時間くらい陣痛を耐えて、朝5時半くらいに分娩室へ移動しました。

そしてその2時間後に無事に出産することが出来ました。

3.赤ちゃんが生まれた瞬間!

陣痛と室内は暑さで疲れていたので、感動というよりは、赤ちゃんの声を聞いて安心するとグッタリしました。

陣痛であまり喋れなかった分、出産した後はすごい喋りまくりました。

色々処置をして、病室に移って赤ちゃんと対面した時に初めて涙が流れて感動しました。

4.入院中の体験

赤ちゃんが1日中機嫌が悪く泣いてる日があって、夜中もずっと泣いていました。

大部屋だったので気を遣い授乳室にこもっていました。

すると担当していた助産師さんに声をかけてもらい、泣き止まないことを相談しました。

その時ウンチがあまり出てなくて、便秘で機嫌が悪いかもしれないということを指摘していただきました。

それで、綿棒で赤ちゃんの肛門を刺激してもらうと大量のウンチが出ました。

その後は機嫌が悪くなることはなくなり安心しました。

その助産師さんには本当に感謝しています。

5.大森赤十字病院で産んで「よかったな!」と思う体験

一番良かったのは、助産師さんがみんな優しかったことです。

私は人生で入院の経験が無く不安でしたが、助産師さんにたくさんアドバイスを頂き、優しい言葉をかけて貰ったので、不安も薄れました。

病院の施設が綺麗だったのも良かったです。

6.通院・入院中の「残念」な体験

助産師さんは皆さんいい人でしたが、医師の中には全員ではないですが、冷たい印象を受ける方もいたのが残念でした。

また、しいて言うなら、病院食が味気ないものだったので、もっと良いものだったらいいなと思いました。

祝い膳が無いので、祝い膳くらいはあってもいいかなぁと思いました。

でもこれは贅沢な不満だと思いますが。

【都道府県別】出産体験記が読める産院・病院一覧
先輩ママの貴重な出産体験記が読める全国47都道府県の産院・病院を紹介します。 産院探しや出産を理解する勉強のために...

大森赤十字病院について

2016年7月に第1子を出産した当時の体験に基づく情報です。

1.選んだ理由は?

家から比較的近いこと、周囲の病院の分娩費用で安めの病院だったこと、子宮筋腫があったので、総合病院の方が安心だと別の産婦人科の病院の先生にすすめられたこと、妹からその病院をすすめられたことが主な理由です。

2.妊婦健診での待ち時間はどれくらいだった?

基本的に混んでいて、初診とその次の検診は比較的にすぐ順番が来ましたが、それ以降はすごく待たされました。

1時間~2時間くらいは待ちました。

特に午前の方が待ち時間は長かったような気がします。

3.費用はどれくらい?

妊婦検診は3,000円くらいでした。血液検査などある時は1万円近くになる時もありました。

分娩、出産費用は16万円くらいだったと思います。

4.主治医の先生はどんな人?

先生が多くいるので、毎回先生は違いました。

その中では、女性の先生が印象に残っています。

体重管理など厳しめでハキハキした方でしたが、胎児の細かな異変(腎臓が片方腫れてる)に気づいたのはこの先生だけでした。

その後その病院の小児科にも伝えて頂き、生まれてすぐにエコー検査をすることが出来ました。

生まれる前から異変に気づけたのは良かったし、ちゃんと細かいところまでチェックしてくれたのはとてもありがたいと思いました。

5.分娩に対応してくれた助産師さんはどんな人?

助産師さんは、とても優しくて助けられました。

主に担当してくれた人は比較的新人だったみたいで、ベテランの方に怒られたり(もちろん指導の範囲でですが)していて申し訳ないなという気持ちでした。

出産した後に、病室にきて頂いて赤ちゃんを抱っこしてくれました。

とても嬉しかったし、本当にその方には感謝しています。

6.入院中の食事はどうだった?

特に美味しいという感じはなく、いわゆる病院食と呼ばれるものでした。

おやつの時間があったのは嬉しかったです。

7.設備やサービス

〇・・・あった
×・・・なかった

(〇)2Dエコーあり
(×)3Dエコーあり
(×)4Dエコーあり
(〇)母親学級あり
(〇)両親学級あり
(〇)マタニティスポーツ(ヨガ・エアロビクス等)教室あり
(〇)個室あり
(〇)大部屋あり
(×)個室シャワーあり
(〇)個室(病室)以外にくつろげる場所あり
(×)食事用のラウンジあり
(〇)売店あり
(〇)小児科併設あり
(〇)助産師外来(母乳外来)併設あり

8.入院中に助産師さんから教わったこと

〇・・・あった
×・・・なかった

(〇)授乳指導(母乳のあげ方)
(×)調乳指導(ミルクの作り方、あげ方)
(〇)おむつ替え指導
(〇)沐浴指導
(〇)新生児指導(健康管理の仕方や泣いている時の対処方法など)
(〇)産褥期生活指導(産後の回復期におけるママの生活上の注意点など)
(×)家族計画指導(次の子供を作る際の注意点など)

※初産婦か経産婦かによっても指導内容がかわるものと考えられます。

9.どんな母乳指導された?

片方10分ずつという指導でした、遅くても3時間ごとに授乳してくださいと言われました。

乳首をくわえさせる深さも教えて頂きました。

10.新生児健診のタイミング

後1ヶ月のとき