【私の出産体験記】井上医院で産みました。

岡山県にある井上医院で出産したママの体験記を紹介します。


※個人の体験に基づく口コミ記事です。医療機関に対する客観的な評価・評判ではありません。

出産体験記

1.妊婦健診中の印象に残った体験

私は妊娠6ヶ月くらいまでほかの病院で検診をしていました。

しかし、待ち時間がとても長く、順番を忘れられたり、先生ともあまり合わなくてたいへん不快な思いをしたので、病院をかえてもらい、井上医院に行くことになりました。

井上医院の先生はとても親切で、不安なことがあれば納得できるまで答えてくれた。

3Dエコーで赤ちゃんが顔を見せてくれなかった時に、看護師さんと先生と私で「こっち向いてーっ」と話しかけて笑い合ったりもしました。

とても幸せな瞬間で心に残っています 。

2.お産の体験

陣痛が来たのは予定日のちょうど1週間前でした。

夜10時くらいからお腹が痛いような感じはしていたのですが、まだ予定日まで1週間くらいあるので気のせいだろうと思いそのまま布団に入りました。

寝ようとしているとだんだんお腹が痛くなり、朝方6時にやっと病院に連れて行ってもらいました。

旦那は上の子を保育園に送るため家に帰ってもらったので、一人で陣痛と戦っていました。

病院に着きベットに横になり服を着替えて点滴の針を付けてもらいました。

看護師さんが入ってきて、「私、アパートの下に住んでます。」と言われました。

まさか私の自宅の下に住んでいる人が看護師とは思わず、こんなこともあるんだなと一人で驚いていました。

そして、子宮口全開で分娩室に移動し、出産をしました。

出血が多く大変でした。

赤ちゃんをとりあげてくれたのは下の階の看護師さんでした。

3.赤ちゃんが生まれた瞬間!

赤ちゃんが誕生したときは、とても嬉しかったです。

パパとママどっちに似てるかなと心の中で思いながら抱きしめました。

4.入院中の体験

お産後の入院では、他のママはみんな退院した後だったため、そのフロアに私だけでが入院していました。

なので看護師の方に「貸切だからいつでも呼んでね。」なんて言われました。

「いつもはいっぱいだからなかなか手が回らないこともあるけど、何かあったらいつでも言ってね」と声をかけてくれるかたもいました。

私は初めの頃、母乳が出なくて赤ちゃんが泣いてばかりだったのですが看護師さんがミルクを毎晩持ってきてくれて、「お母さん、あんまり無理したらダメだよ」と慰めていただきました。

親切な看護師さんのおかげで不安も解消され良かったです。

5.井上医院で産んで「よかったな!」と思う体験

まず家から近かったので、陣痛が来てからすぐに行けたのでよかったなと思いました。

妊娠中は眠たくなり体力もなくなるので検診の際、あまり待たされなかったのも良いところだと思います。

入院中のご飯も本当においしかったし、家に帰るのが嫌になるくらい入院生活が楽しかったです。

6.通院・入院中の「残念」な体験

通院、出産、退院を通じて残念に思ったことはありませんでしたが、こちらの病院は小児科が併設されていないため、2カ月目以降の検診をしてもらえないのでそこが残念な点だと思います。

先生も看護師のかたもとてもいい方達ばかりなので検診もこの病院で受けたかったなと思いました。

【都道府県別】出産体験記が読める産院・病院一覧
先輩ママの貴重な出産体験記が読める全国47都道府県の産院・病院を紹介します。 産院探しや出産を理解する勉強のために...

井上医院について

2018年6月に第2子を出産した当時の体験に基づく情報です。

1.選んだ理由は?

以下の理由でこちらの病院を選びました。

・家から近く通院しやすい
・改装したばかりでとてもきれい
・評判がよかった

2.妊婦健診での待ち時間はどれくらいだった?

予約制でいつ行っても30分程で呼ばれるので待ちくたびれるということはありませんでした。

3.費用はどれくらいだった?

妊婦健診の時は、1回で平均2000円くらいでした。

入院、分娩費の実費は8万円程でした。

※一般的に費用は診療内容などによって一人一人異なります。

4.主治医の先生はどんな人?

とても穏やかな先生で質問などをするとわかりやすく丁寧に答えてくれました。

嫌な顔ひとつせず、優しく微笑んでいる先生でした。

診察も素早くしてくれて、負担がかなり少なかったです。

優しい先生でよかったなと思いました。

5.分娩に対応してくれた助産師さんはどんな人?

助産師さんは私のアパートの下の階の人で少し恥ずかしいなという気持ちがありましたが、これも何かの運命だなと思い、感動しました。

私は痛みで我慢できず「赤ちゃんが出てくる!」とか叫んでいたら、「お母さん、静かに!赤ちゃんに酸素がいかないから赤ちゃんも苦しんだよ」と少し怒ったような口調で言われました。

それを言われたとき我に返り、私だけが痛いんぢゃない。赤ちゃんだったて痛いんだと思うことができました。

優しい助産師さんでよかったです。

6.入院中の食事はどうだった?

毎日、とても豪華なご飯でおいしかったです。

前もって嫌いな食材などを行っておくと、それを外してくれて、違う食材にかえてくれていました。

お祝い膳ではステーキが出てとてもやわらかくておいしかったです。

7.設備やサービス

〇・・・あった
×・・・なかった

(〇)2Dエコーあり
(〇)3Dエコーあり
(〇)4Dエコーあり
(〇)母親学級あり
(×)両親学級あり
(〇)マタニティスポーツ(ヨガ・エアロビクス等)教室あり
(〇)個室あり
(〇)大部屋あり
(〇)個室シャワーあり
(×)個室(病室)以外にくつろげる場所あり
(×)食事用のラウンジあり
(×)売店あり
(×)小児科併設あり
(×)助産師外来(母乳外来)併設あり

8.入院中に助産師さんから教わったこと

〇・・・あった
×・・・なかった

(〇)授乳指導(母乳のあげ方)
(×)調乳指導(ミルクの作り方、あげ方)
(×)おむつ替え指導
(〇)沐浴指導
(×)新生児指導(健康管理の仕方や泣いている時の対処方法など)
(×)産褥期生活指導(産後の回復期におけるママの生活上の注意点など)
(×)家族計画指導(次の子供を作る際の注意点など)

※初産婦か経産婦かによっても指導内容がかわるものと考えられます。

9.どんな育児指導された?

私の乳首が小さく、赤ちゃんが上手く母乳を飲めずにいると、毎日助産師さんが吸い方を教えにきてくれました。

いろいろな抱き方を教えてくれて、退院するまでには赤ちゃんも少しですが母乳を飲めるようになりました。

10.退院後に助産師さんに相談したこと

へその緒が取れる前に、お臍がジュクジュクしていたそうだったので、消毒の仕方を教えてもらいにいきました。

とても親切に教えてくれました。

11.新生児健診のタイミング

産後1カ月