2歳児と「水遊び」をしに公園に出かけたらこうなった

2歳児と水遊びができる公園に出かけたらどうなるのか?
未知の環境が大嫌いな2歳2か月の娘を持つかわイク編集部員の実体験レポートです。

千葉県習志野市の香澄公園のじゃぶじゃぶ池で水遊び

park4

かわいく編集部のトコパパです。

夏はやっぱり水遊び。

娘も2歳になった訳だし、一緒に水遊びしたい!

しかし、7月の海水浴では、こちらの記事にあるように大失敗

2歳1か月の子供と旅行(海水浴)にいったらこうなった
2歳の子供と旅行(海水浴)に行ったらどうなるのか? かわイク編集部員が房総半島に1泊旅行した実体験レポートです。 ...

極度のビビりである娘にとって、海はでかすぎました。

その失敗を踏まえて、今度は幼児でも安心な浅いプールのある公園に行ってきました。

場所は千葉県習志野市にある香澄公園です。

香澄公園は大変広く、東西の長さは1kmを超えます!

水遊びのできるじゃぶじゃぶ池だけではなく、大型遊具やお花見もできる広場もあって、1日楽しむことができます。

車だと東関東自動車道の湾岸習志野ICで降りて1分のところにあります。

駐車場は無料なので、節約レジャーにはもってこいの公園です。

1.さっそく、じゃぶじゃぶ池から逃げた

park5

駐車場に車を置くと、すぐ目の前がじゃぶじゃぶ池です。

「どうだ楽しそうだろ!」と言わんばかりに娘の表情を見つめると、ちょっと不安そうな娘の顔。

まずは、強い日差しを避けるため、簡易テントとレジャーシートを張って、水遊びの支度をしました。

目の前に広がるじゃぶじゃぶ池では、1歳半くらいの幼児から小学生まで、大はしゃぎで遊んでいます。

「準備完了。さあ、水遊びだ!保育所の水遊びとおんなじだよ」という声を掛けながら娘の手を握ろうとすると、娘はさっとパパの手を払いのけ、池とは反対方向に猛ダッシュ!

「うおー、待てどこに行くんだ!池はこっちだよー」

と追いかけながら、娘が行く方向を見ると、なんとも楽しそうな大型遊具があったのです!

仕方がない。娘よ、まずは遊具で思う存分遊ぶがいい!

いっぱい遊んで、いっぱい汗をかいて、そして池で涼めばいいさ。

そんな余裕な気持ちで娘と一緒に遊具で遊びはじめたのですが、30分たっても60分たっても、一向に大型遊具から離れる気なし。

90分が過ぎる頃、ようやく満足したのか、「テントで休もう」と声を掛けると、遊具から離れて、池のほとりに設営したテントに戻ったのでした。

2.恐る恐る池に入っていった

park3

テントの目の前には池があります。

「どう?楽しそうでしょ?」と娘を池に誘いますが、なかなか近くに行こうとしません。

パパとママはついに我慢できなくなり、遊びで熱くなった体を冷やすため、娘をレジャーシートに置いたまま、サンダルを脱いで足を池につけました。

「ひんやりして、気持ちいい!」

足や手で水を触って楽しんでいると、娘も仲間に入れて欲しかったのか、恐る恐る近づいてきました。

そして、手をゆっくりと池に入れると、何かを悟ったのか、親の手も借りずに無言で靴と靴下を脱ぎ始めたのです。

「おおー!こ、これはついに!」

靴下を脱ぐと、全く躊躇せずに、足から水の中に入っていったのです。

「きたー!水遊びデビュー、まっていたよこの時を!」

パパは興奮を隠せず、急いで娘に駆け寄り、手を繋いで、池の中をジャブジャブと散歩し始めました。

ママはその瞬間を逃すまいと写真撮影に必死です。

大人が先に遊んで見せて、いかに楽しいかを伝えることは本当に重要ですね。

あんなにビビりの娘も、ようやく家と保育所以外の場所で水に入ることができました。

3.そして池の中にダイブした

park2

池は、周縁部が浅く、中央部が深いすり鉢状になっています。

深い所で約40cmなので、娘の身長(92cm)だと、周縁部で膝辺り、中央部で股辺りの深さです。

そこで手を繋いで、周縁部をゆっくりとお散歩しました。

最初は、パパの手をしっかり握って、ゆっくり歩いていたのですが、だんだん慣れてくると、早足になり、パパの手を放そうとします。

なんとか我慢させていましたが、ついに手を振りほどき、気ままに動き回るようになりました。

池に落ちている葉っぱをつかんでは「はっぱ!はっぱ!」と親に見せてきます。

池に水を流している噴水を見つけると、水をばしゃばしゃと蹴るようにして、走って駆け寄りました。

つい先ほどまで水を怖がっていた同じ人間とは思えない軽快な動きです。

噴水や池、池のほとりの芝生を何度も行ったり来たりして、楽しそうに探索していました。

そんな姿を眺めていると、あっという間にお昼の時間が来たのです。

パパが「テントに戻ろう」と声を掛けて、娘の手を握ろうとすると、「イヤイヤ」もっと遊びたいよと、猛ダッシュで逃げていきました。

娘が、池の中央の方に向かって走っていると、突然、水の中にダイブ!

「ばっしゃーん」

あわてて、パパが抱き上げると、娘は大泣き。

池の途中で急に深くなるところがあったため、足を踏み外して、ダイブしてしまったのです。

泣きながら服を着替えて、初めての水遊びが終わったのでした。

最後に大泣きだったので、もう怖がって水遊びをしないのではないかと心配したのですが、1週間後にもう一度いくと、全く怖がらずに水の中で遊ぶことができました。

水遊びに行く際の注意点はこちらの記事を参考にしてください。

【1~2歳の水遊び】注意点と持ち物チェックリスト
夏は子供と水遊びをする機会が多くなります。慣れ親しんだ自宅や公園での遊びとは環境が異なるため思わぬ事故に気を付けたいもの...
スポンサーリンク
アドセンス
アドセンス
本日の人気記事

本日の人気記事

年間1万2千円も節約できる!?お得なオムツの買い方とは?
どのお店でオムツを買うと一番安いか知っていますか? お店ごとにパッケージに入っている枚数も値段も違うので、どこが安...