2歳1か月の子供と旅行(海水浴)にいったらこうなった

2歳の子供と旅行(海水浴)に行ったらどうなるのか?
かわイク編集部員が房総半島に1泊旅行した実体験レポートです。

じじ・ばばを連れて3世代で旅行に行くのが正解

2-rtip1

以前に1歳6か月で軽井沢に1泊旅行に行った記事を書きました。

1歳児と旅行にいった。こうなった。
失敗談もかねて、 「もし、どうしても1歳児と旅行したいならこうすべき!」 という考えを今回は書きたいと思いま...

この時は、パパ・ママと娘の3人で旅行したため、娘の世話に追われるばかりで、大人は全く楽しめませんでした。

その反省を踏まえ、今回は「助っ人」として、じじ・ばばにも同行してもらいました。

さて、今回の旅行の工程は以下の通りです。

(1日目)

9:20 出発

10:30 道の駅・保田小学校に到着

11:30 道の駅で食事

13:30 旅館(Beachside Onsen Resort ゆうみ)に到着

14:00 海辺で遊ぶ

16:00 チェックイン

16:30 温泉に入浴

18:30 夕食

21:00 子供就寝

(2日目)

8:00 朝食

10:00 チェックアウトし、海辺で遊ぶ

12:00 道の駅・保田小学校で食事

14:00 喫茶「岬」でお茶

14:30 自宅に向けて出発

今回、じじ・ばばを連れて行ったのは、やはり大正解でした。

子供への世話焼きが分散されます。

例えば、じじ・ばばに子供の見てもらっている間に、ゆっくりお土産を選ぶことができる、海で泳ぐことができる、などなど時間にも心にも余裕が生まれて、パパ・ママ自身が旅行を楽しむことができました。

また、子供自身にとっても甘えられる人が、パパ・ママ以外にもいるので、グズってもすぐに抱っこしてもらったり、欲しいものがもらえたりして、イヤイヤ真っ盛りの2歳でも、あまりグズらずに過ごすことができまた。

ただし、海辺での遊びでは、数々の問題が発生したのです。

サンダルを裸足で履いてくれない

私たちが訪れた浜辺は「元名海水浴場」です。

宿泊した旅館「ゆうみ」の目の前にある浜辺で、千葉でもマイナーな海水浴場のため全く混雑していませんでした。

波が穏やかで磯遊びもできるため、数少ないお客のほぼ全てが家族連れでした。

そんな浜辺にテントを張って、娘を水着に着替えさせて、夏のレジャーの始まりです!

いきなりの海水浴ではハードルが高すぎるため、まずは、砂浜で砂遊び。

「さあ、新しく買ったこのサンダルを履いてごらん」と差し出すと、

「やだ」「いらない」と拒否・・・。

一応、こういうこともあろうかと、数日前からサンダルを見せて、履かせて、慣れさせていたつもりなのですが、いざ本番となると完全拒否!

サンダルそのものが嫌。その上、靴下を脱いで履くのはもっと嫌。

娘は、そもそも靴下をはいてから靴を履くという習慣が身についているため、どうしても裸足でサンダルを履くのを嫌がったのです。

仕方なく、普段履いている靴下と靴を履かせました・・・。

浜辺を歩きたがらない

2-rtip4

「靴を履いたからもう大丈夫。今度こそ砂浜で遊ぼう!」とテントから砂浜に連れ出そうすると、怖がって大泣き!

「えー、あんなに公園の砂場が大好きなのに・・・。これは大きい砂場なんだよ!」と話しても、怖がって砂浜に降りようとしません。

数か月前に近隣の海岸に遊びに行った時は、砂浜でお山を作って遊んだのになぜ?

きっと数か月も前なので忘れてしまったのかもしれません。

やはり、旅行の時期が近づいてきてから、何度か海岸に行って、慣らしておくべきでした。

波打ち際に行くだけで怖い

自分の足で歩いてくれないので、仕方なく、大人4人で娘を交互に抱っこして、砂浜を散歩しました。

しばらく散歩すると、徐々に慣れてきて、砂浜に落ちている流木や石を見ては「これなに?」と聞いて、楽しめるようになりました。

この調子で海にも興味持ってもらおうと思い、波打ち際を散歩しようとしたところ、また、「こわい、こわい」と大泣き!

結局、波打ち際から10メートルくらい離れた位置で、抱っこしたまま散歩を続けたのでした。

パパが海で泳いでいるのを見るだけで泣く

2-rtip2

しばらく砂浜を散歩していると、海とは反対側に芝生の丘を見つけたため、そこに娘を降ろしました。

すると、芝生の中を探索し、その後、自分から芝生の丘を降りて、砂浜を歩いたのです。

そして、砂浜にあった小さな岩によじ登り、砂浜にジャンプして降りる、という遊びを繰り返しました。

こうして、砂浜を克服したのです。

ここまでですでに40分くらい経過しています(笑)

砂浜で遊べるようになって安心したので、今度はパパ自身が海水浴を楽しもうと、海に入りました。

そして、「海は楽しいよー」と叫びながら娘に手を振りました。

娘がその声を聞いて、パパに視線を向けると・・・途端に大泣き!

まさか、パパが海に入っただけ泣くとは!!

おそらく「なんでそんな怖いことをしているの!」と、パパのことを心配して泣いているのですが、あまりに泣き叫ぶので、パパは海から出ざるを得ず、娘のもとへと駆け寄るしかありませんでした。

パパが駆け寄ってくると娘は安心したのか、泣くのをやめました。

パパとしては、娘に心配してもらってすごく嬉しいのですが、泣かれてしまっては海水浴はできません。

3回ほど、海に入ったのですが、3回とも大泣きでした。

結局、海水浴は諦めて、磯遊びをすることにしたのです。

やっぱりカニも怖い

2-rtip3

「元名海水浴場」の磯は、岩場に、カニ、ヤドカリ、ウニなどの生き物を見ることができます。

海岸を歩くことには完全に慣れたので、磯の岩場もじじ・ばばと手をつないで、しっかりとした足取りで歩くことができました。

岩場の近くに、砂利や貝殻がたくさん集積している場所があったため、娘は楽しそうに貝殻や小石を集めて喜んでいました。

でも、やっぱり磯にいるのだから、海の生き物を観察してほしいと思うのが親心と言うもの。

パパが、ハサミで攻撃されながらも、必死の思いでカニをつかまえてくれました。

そして、貝殻集めを楽しんでいる娘に、生きた本物のカニを見せると・・・やっぱり大泣き。

怖い怖いとおばあちゃんの背中にしがみついて逃げ回っていました。

親指程度の小さなカニだったのですが、観察することもなく、遠くから眺めるだけで終わりました。

続いて、もっと小さくてかわいいヤドカリも見せたのですが、全く同じ反応。

こうして、初めての海の1泊旅行は、貝殻ひろいをしただけで終わったのでした。

食事の時間は1時間ずらすといい

さて、3歳未満の子供を連れて旅行に行くときに、一番困るのが食事です。

ビュッフェならパッと食べで、世話をすることもできますが、旅館の会席だと、1品1品出てきて、全て食べ終わるまで1時間以上かかります。

当然、子供は1時間も静かに座っていられるはずもありません。

そこで今回は、事前にじじ・ばばと打ち合わせをして、2世帯が1時間ずらして食べるという作戦を立てました。

具体的には、じじ・ばばが18時開始で食べ、次にパパ・ママ・子供が19時開始で食べるようにします。

また、じじ・ばばが自分たちの食事のなかで、孫が食べられる料理を、お弁当箱に取り分けておき、19時からパパ・ママと一緒に食べるという方法を考えました。

19時からの食事では、パパ・ママが会席を食べている傍らで、食事を済ませたじじ・ばばが孫の食事の介助をすることにしました。

こうすることで、じじ・ばばもパパ・ママもゆっくりと食事を楽しむことができます。

ちなみに「ゆうみ」では、お子様ランチを別料金(5000円)で作ってくれます。ランチセット以外にも、500円で「から揚げ」や「エビフライ」などの子供向けの1品料理を注文することができます。

私たちは、5000円はさすがに高いと思ったので、から揚げを1皿注文しました。

なお、子供用のご飯とふりかけは無料でもらえます。

「この完璧なプランで、みんな楽しく食事ができました!」と書きたいところでしたが、残念ながら問題が発生しました。

夕食の開始時間は、チェックインしたお客が「先着」で選ぶというシステムだったのです。

選べる時間は、18:00,18:30,19:00です。

15:30がチェックイン開始時間なのですが、私たちは海で遊んでいたため、16:00過ぎにチェックインしました。

すると18:00の時間はすべて埋まってしまっていたのです!

なので、結局30分しかずらすことができず、結局、子供の世話をしながら食事をするはめになったのです。

予約の際に、1時間ずらしたいという希望を予約センターの係員に話したのに、伝わっておらず残念でした。

「Beachside Onsen Resort ゆうみ」の評価

「ゆうみ」自体は、新しい旅館で設備もよく、食事も景観も担当スタッフの対応も大満足でした。

ただ、問題は、温泉の利用時間です。

24時間利用はできません。

チェックアウト時間の朝10:00には、温泉に入れなくなります。

そのため、2日目に海で泳いだ後、旅館で温泉に入ることはできません。

海水浴場の目の前という最高の立地を、十分に生かし切れていないのです。

一応、海水浴をする宿泊客用に、砂を洗い流すためのシャワーが入口近くに設置されていており、これはいつでも利用可能です。また、更衣室も利用することができます。

ただ、このシャワーは冷たい水しか出ません。

温泉が使えないなら、せめてお湯が出るようにしてほしいものです。

また、あえて問題点をもう一つ挙げるとすれば値段です。

グレードの低い部屋でも税込1人1泊2万円という強気の価格のため、家族連れで常連客になるのは、相当ハードルが高いです。

頑張って2,3年に一度、利用できればいいかなという値段でしょう。