【私の出産体験記】真中医院で産みました。

群馬県にある真中医院で出産したママの体験記を紹介します。


※個人の体験に基づく口コミ記事です。医療機関に対する客観的な評価・評判ではありません。

出産体験記

1.妊婦健診中の印象に残った体験

少し体重が増えてしまったわたしに、初めは「減らさなきゃダメ。歩きなさい」と怒っていた先生が、わたしの落ち込んでいる姿を見て、いつもは無駄なことをあまり話さない先生でしたが、冗談を言って笑わせてくれました。

それから、少し体重の増加や、血圧の上昇等あった際に、冗談を言って笑わせてくれました。

看護師さんにも「先生が冗談を言うのは、お産であなたとあなたの赤ちゃんに早く会いたいと思っている証拠だから頑張りましょうね」と言われて、凄く嬉しかったのを覚えています。

2.お産の体験

お腹に痛みを感じて何度かトイレに行きましたが、なかなか治まらず、1時間が経過したところで陣痛と気づきました。

それから母を呼び、陣痛の間隔を計ると9分ほどでした。

すぐに病院に電話して行くことになりました。

お腹の痛みが来ると立ち止まり必死に耐えました。

病院に着いてから、パジャマに着替え、子宮口の開き具合を確認してもらいました。

まだ3cmほどだったため、そのまま胎児の心拍や陣痛を図る機械をお腹につけ、病室で待機していました。

夫や母が見守る中ベットの上で耐え続けていました。

その後、陣痛の間隔が3分になったため、分娩室横の陣痛室に移動し、出産の準備をして、分娩台に上がりました。

分娩台に上がっても、しばらく先生は来ず、子宮口が全開になったのを確認出来て、先生も来てからお産となりました。

3.赤ちゃんが生まれた瞬間!

生まれたときは、とても可愛く、痛みやつわりの辛さも全て吹き飛びました。

そして、わたしのところに生まれてきてくれたことを心から感謝しました。

4.入院中の体験

妊婦健診の時から人一倍気遣ってくださる看護師さんが居ました。

外来専門の看護師さんでしたが、ある日突然病室にやってきて、「おめでとう」と祝福してくださいました。

最後の検診時に言われていた体重よりも1kgも大きく生まれてきたため、「全然違ったねー」と笑って話をしました。

外来専門の看護師さんでしたが、わざわざ病棟にまで足を運んでくださり、また我が子のことのようにとても喜んでくださいました。

忘れることのできない思い出です。

5.真中医院で産んで「よかったな!」と思う体験

初産でとても不安でしたが、助産師さんはじめ、看護師の方や受付の方にはとても優しく接していただきました。

検診から退院まで体のことや赤ちゃんのことはもちろん、心のケアもしてくれる産院だったので本当によかったと思います。

6.通院・入院中の「残念」な体験

これといって思い当たることはありません。

強いて言うなら、もう少し自動車で入りやすい場所に産院があったらよかったなと思います。

一方通行になってる場所にあるため、行き方を間違えると遠回りをしたりする必要があります。

【都道府県別】出産体験記が読める産院・病院一覧
先輩ママの貴重な出産体験記が読める全国47都道府県の産院・病院を紹介します。 産院探しや出産を理解する勉強のために...

真中医院について

2017年6月に第1子を出産した当時の体験に基づく情報です。

1.選んだ理由は?

里帰り出産をする際、地元にこの産婦人科しかなかったからです。

地元でもとても評判が良く、食事や体調面にとても気を使ってくださる病院だとお聞きしたからです。

非常勤ではありましたが、女性の医者が居たからです。

2.妊婦健診での待ち時間はどれくらいだった?

初診で行った際は1時間以上待ちましたが、その後は予約をしての診察だったため、15分ほどで診察していただけました。

3.費用はどれくらい?

妊婦健診は1回につき2000円~5000円ほどでした。

入院、分娩費用は11万円くらいでした。

4.主治医の先生はどんな人?

院長先生は、無駄なことは言わず、なにも問題ないときは「なにも問題ないです」とだけでした。

こちらからの質問に対しては、細かく教えて頂き、質問した際はとても丁寧に対応してくださいました。

また、初産だったため不安な気持ちであったことを分かってくれて、毎回、「大丈夫。赤ちゃんも頑張ってるよ」と私に言ってくださり、とても安心しました。

5.分娩に対応してくれた助産師さんはどんな人?

私は「痛い痛い」と叫んでいましたが、そうした言葉一つ一つに対して安心できる言葉をかけてくださいました。

陣痛が少し弱くて、なかなか頭が下がらなかったため、多少手こずった出産でしたが、不安になるような言葉は一切言わず、頑張って自分で産まなきゃと思うような言葉をたくさんかけてくださいました。

6.入院中の食事はどうだった?

栄養やバランスを考えたとても美味しい食事でした。

冷たいものは冷たく、温かいものは温かく出てきて、とても病院食とは思えないものでした。

7.設備やサービス

〇・・・あった
×・・・なかった

(〇)2Dエコーあり
(×)3Dエコーあり
(×)4Dエコーあり
(〇)母親学級あり
(〇)両親学級あり
(×)マタニティスポーツ(ヨガ・エアロビクス等)教室あり
(〇)個室あり
(×)大部屋あり
(×)個室シャワーあり
(×)個室(病室)以外にくつろげる場所あり
(×)食事用のラウンジあり
(〇)売店あり
(〇)小児科併設あり
(×)助産師外来(母乳外来)併設あり

8.入院中に助産師さんから教わったこと

〇・・・あった
×・・・なかった

(〇)授乳指導(母乳のあげ方)
(〇)調乳指導(ミルクの作り方、あげ方)
(〇)おむつ替え指導
(〇)沐浴指導
(〇)新生児指導(健康管理の仕方や泣いている時の対処方法など)
(〇)産褥期生活指導(産後の回復期におけるママの生活上の注意点など)
(〇)家族計画指導(次の子供を作る際の注意点など)

※初産婦か経産婦かによっても指導内容がかわるものと考えられます。

9.どんな母乳指導された?

乳首を赤ちゃんの唇につけてあげると口を開くので、その後に口の中に乳首を入れてあげるよう指導がありました。

片方5分程度で交互に吸わせてあげるように言われました。

11.新生児健診のタイミング

退院後1ヶ月