【私の出産体験記】片岡産婦人科で産みました。

熊本県にある片岡産婦人科で出産したママの体験記を紹介します。


※個人の体験に基づく口コミ記事です。医療機関に対する客観的な評価・評判ではありません。

出産体験記

1.妊婦健診中の印象に残った体験

私は妊娠中期から貧血がひどく、妊娠後期には肺が圧迫されるため座っていることも辛い状況にありました。

妊婦検診の待ち時間にソファーでぐったりしていると、事務の方が声をかけてくださり、看護師さんに引き継いでくださいました。

特別に空いている部屋に休ませてもらい、申し訳なさそうにしている私に対し優しい言葉をかけてくださり、とても助かりました。

その後も毎回受診の際は顔色を気にしてくださったりと優しい心遣いをしてくださいました。

2.お産の体験

出産予定日前日に自宅でテレビを見ていると陣痛が来ました。

病院に連絡し状況を伝えると来院して下さいとの事でした。

たまたま夫が休みを取ってくれていたので夫の車で病院に向かいましたが、病院に着く頃には陣痛間隔が5分程度になっていました。

歩くのもままならないかったため、夫や助産師さんに助けられながら陣痛室まで案内されました。

何度もナースコールをしてしまいましたが、深夜であるにも関わらず助産師さんは素早く優しく対応してくださいました。

痛みのせいで廊下中に響きわたるような声で叫び続けてしまいましたが、助産師さんがずっと付き添ってくれ、いきみ逃しのマッサージをし続けてくださいました。

また、お産が順調に進んでいる事や、あとどれくらいで生まれそうかなど伝えてくださったため、きついながらも励まされました。

陣痛始まってからお産は順調に進み、約10時間で元気な男の子を出産することができました。

3.赤ちゃんが生まれた瞬間!

疲労のため涙は出ませんでしたが、ずっと会いたかった子供に会うことができた瞬間は人生で1番感動しました。

4.入院中の体験

私の息子は生まれつき先天性の股関節脱臼があったようで、入院中に近隣の整形外科を受診するように勧められました。

受診には看護師さんが付き添ってくださいました。

私は子供が生まれたことの喜びでいっぱいで股関節脱臼の治療については深く考えていませんでしたが、今後の治療経過が長いと言うことを知り、とてもショックを受けました。
しかし、付き添って下さった看護師さんが股関節脱臼の子どもの治療にも希望があることや、同じ病気で元気に過ごしている子どもたちの事などを教えてくださり、一生懸命励ましてくださいました。

初めての子育てや思いがけなかった子供の病気のことで悩みすぎ、涙を流したこともありましたが、そのような時も真剣に話を聞いてくださいました。

おかげさまで気持ちが落ち着き、母子ともに退院することができました。

5.片岡産婦人科院で産んで「よかったな!」と思う体験

出産は幸せなことですが子供を産むまでも、産まれてからも、想像以上に体や心がダメージを受けるということがわかりました。

特に私の子供は先天性の病気を持っていたため、そのことで涙を流したこともありました。

しかし、乗り越えることができたのはこの病院の優しくて、たくましい助産師さんや看護師さん、先生方のおかげです。

6.通院・入院中の「残念」な体験

特に残念だと思う点はありません。

強いて言えば、地方の病院であるためNICUがこの病院や市内の病院にじゃ無いことです。

車で1時間ほどのところにしかないため、今後はハイリスクな出産にも備えてくださればさらに良いと思います。

先輩ママの貴重な出産体験記が読める全国47都道府県の産院・病院を紹介します。 産院探しや出産を理解する勉強のために...

片岡産婦人科について

2018年6月に第1子を出産した当時の体験に基づく情報です。

1.選んだ理由は?

以下の理由でこちらの病院を選びました。

・市内で一番綺麗な病院だから
・以前に婦人科で受診した際の印象がよかったから
・家から近かったから

2.妊婦健診での待ち時間はどれくらいだった?

予約していたため待ち時間は毎回1時間ほどでした。

知人の話によると周辺の産院と大差は無いようです。

3.費用はどれくらい?

妊婦検診は毎回無料でした。

出産費用は普通分娩でしたが420,000円で、手出しはありませんでした。

4.主治医の先生はどんな人?

60代くらいの院長先生で、とても気さくで優しい方です。

私は出産予定日2週間前に急にこちらの病院に転院することになりましたが、快く受け入れてくださいました。

穏やかな雰囲気なので不安なことがあっても質問もしやすいです。

5.分娩に対応してくれた助産師さんはどんな人?

痛みのため泣き言ばかり言ってしまった私に対しても、常に笑顔で前向きな言葉をかけてくださるとても優しい方でした。

あまりの痛さに無痛分娩に変更できないかと相談しましたが、お産が順調に進んでいるためこのまま頑張るように励ましてくださいました。

結果として普通分娩で産むことができ、自信につながりました。

6.入院中の食事はどうだった?

栄養バランスが考えられているだけでなく、見た目も美しい、心が満たされる料理でした。

入院前からの楽しみでした。

7.設備やサービス

〇・・・あった
×・・・なかった

(〇)2Dエコーあり
(〇)3Dエコーあり
(×)4Dエコーあり
(〇)母親学級あり
(〇)両親学級あり
(〇)マタニティスポーツ(ヨガ・エアロビクス等)教室あり
(〇)個室あり
(×)大部屋あり
(〇)個室シャワーあり
(〇)個室(病室)以外にくつろげる場所あり
(×)食事用のラウンジあり
(×)売店あり
(×)小児科併設あり
(×)助産師外来(母乳外来)併設あり

8.入院中に助産師さんから教わったこと

〇・・・あった
×・・・なかった

(〇)授乳指導(母乳のあげ方)
(〇)調乳指導(ミルクの作り方、あげ方)
(〇)おむつ替え指導
(〇)沐浴指導
(〇)新生児指導(健康管理の仕方や泣いている時の対処方法など)
(〇)産褥期生活指導(産後の回復期におけるママの生活上の注意点など)
(〇)家族計画指導(次の子供を作る際の注意点など)

※初産婦か経産婦かによっても指導内容がかわるものと考えられます。

9.どんな育児指導された?

授乳指導では、乳首を自分で揉んで、柔らかくしてから吸わせてあげると赤ちゃんも吸い付きやすいと教えていただきました。

10.退院後に助産師さんに相談したこと

特にありませんでしたが、いつでも相談して良いと伝えられました。

11.新生児健診のタイミング

退院後1ヶ月後
https://cawaiku.com/child/pregnancy/kumamoto-10086

スポンサーリンク
アドセンス
アドセンス

このコラムを「ツイート」「シェア」する

今日の人気コラム

本当に安くおむつを買うなら・・・【PR】