クリスマスプレゼントはいつ買うとよいか?

クリスマスプレゼントを購入する時期について事例を紹介します。

それぞれのメリット・デメリットを知って、個人の状況にあった時期にプレゼントを買いましょう。

クリスマスプレゼントはいつ買うべきか?

1.クリスマス(・イブ)

クリスマス(またはクリスマスイブ)に家族で百貨店やショッピングモールなどに出かけてクリスマスプレゼントを購入するというプランです。

来店客でごった返す商業施設はクリスマス一色になって、非日常的な楽しい雰囲気です。

レジで長蛇の列に並ぶかもしれませんが、それもクリスマスの忘れられない思い出になるかもしれませんね。

メリット

  • その場で子供の欲しいものが買える
  • 賑わっているのでクリスマス気分が高揚する
  • デメリット

  • 欲しかった商品が売り切れていることも
  • 混雑していてゆっくり選べない
  • 2.クリスマス直前の休日

    日本のクリスマスは祝日ではないため、学校や仕事のある平日になってしまうこともしばしばです。

    そのためクリスマス直前の休日にクリスマスパーティをする家庭がたくさんあります。

    家族でクリスマスを楽しむためにデパートなどにでかけてプレゼントを買い、外食をして過ごすプランも一般的です。

    ただし、土日休みの場合は、多くの人が駆け込みでクリスマスプレゼントを買いに来るため、カレンダーによってはクリスマス当日以上に込み合う可能性も高いです。

    メリット

  • その場で子供の欲しい物が買える
  • 賑わっているのでクリスマス気分が高揚する
  • デメリット

  • 欲しかった商品が売り切れていることも
  • 混雑していてゆっくり選べない
  • 3.ブラックフライデー

    ブラックフライデーは、11月の第4木曜日にあるサンクスギビングデー(感謝祭)の「翌日」のことを指します。

    小売業における1年間の損益が黒字になる日と言う意味で、このような名称になっています。

    クリスマス商戦の始まりを告げる最初の週末であり、アメリカでは小売店が一斉に値引きセールを行いクリスマス消費を喚起します。

    実は近年、日本でも注目されていて、アメリカと同様に大々的な値引きセールを行うショッピングモールや商店街などが増えてきています。

    ネットモールの楽天市場でもブラックフライデーのセールが行われいます。

    ハロウィンと同じように数年以内には日本でもブラックフライデーが定着するかもしれません。

    メリット

  • 安い値段で買い物ができる
  • デメリット

  • 値引きにあおられて衝動買いしてしまうかも
  • 子供にばれないように隠しておかないといけない
  • 4.サイバーマンデー

    サイバーマンデーとは、本来、ブラックフライデー3日後の月曜日を指しています。

    ブラックフライデーが実店舗のセールであるのに対して、サイバーマンデーはネット店舗のセールを指しています。

    ネットショッピングが発達しているアメリカで定着した商習慣のひとつですが、日本では主にアマゾンの大規模セールとして認知されています。

    ただし、日本のアマゾンでのサイバーマンマンデーでは12月の第2月曜日としています。

    今年は12月7日(金)から12月11日(月)までがサイバーマンデーのセール期間となっています。



    メリット

  • 安い値段で買い物ができる
  • 荷物を届けてくれる
  • デメリット

  • 値引きにあおられて衝動買いしてしまうかも
  • 子供にばれないように隠しておかないといけない
  • 5.ハロウィンが終わったら

    クリスマスプレゼントを購入するタイミングとしては、ハロウィーンが終わった11月1日以降であれば、いつでも構わないでしょう。

    おもちゃメーカーなどではクリスマス商戦に合わせて新商品を市場に投入するのですが、ほとんどの商品は11月中旬頃までに出そろいます。

    11月1日の段階で店頭販売されていなくても、商品発表がされていれば先行予約をすることができるので、人気商品でも確実に手に入れることができます。

    メリット

  • ゆっくり選ぶことができる
  • 人気商品を確実に手に入れられる
  • デメリット

  • 子供にばれないように隠しておかないといけない
  • セール期間でない場合は高い値段で購入してしまうことも
  • スポンサーリンク
    アドセンス
    アドセンス

    このコラムを「ツイート」「シェア」する

    今日の人気コラム

    本当に安くおむつを買うなら・・・【PR】