赤ちゃん「公園デビュー」の心得―いつから?どんな服装と持ち物が必要?―

気候が暖かくなると赤ちゃんと一緒に外で遊びなくなりますよね?

赤ちゃんはいつから公園で遊ぶ事ができるかなど、0~1歳の公園デビューについて注意点などを紹介します。

公園デビューはいつからできる?

slider
まずは、「公園デビュー」すなわち、公園で遊ばせることができる時期はいつからなのか解説します。

また月齢別に公園で遊ばせる際の注意点も紹介します。

1.生後1か月から

結論から言えば、生後1か月を過ぎたらいつでも「公園デビュー」して大丈夫です。

月齢0か月の新生児期は屋外の環境に対する抵抗力が弱いため外遊びはさせません。

しかし、1か月を過ぎるとお散歩などの外気浴が可能になります。

お散歩の時に公園に連れて行けば「公園デビュー」となります。

公園の遊具で遊ぶことは出来ませんが、レジャーシートを敷いて、心地よい風を感じながら赤ちゃんとのふれあい遊びを楽しむことができます。

いつもは自宅でやっている「赤ちゃんマッサージ」や「赤ちゃん体操」を公園で行ってみましょう。

ただし、生後3か月未満の場合は、感染症の予防ためにも寒い日に公園で遊ばせることは控えましょう。

また、暑い日であれば涼しい木陰で過ごすなどして、直射日光を避け、熱中症の予防や紫外線対策を徹底しましょう。

2.生後4か月から

生後4か月は首がしっかりと座り始める時期であるため、ブランコなどの遊具を使って、パパ・ママと一緒に遊ぶ事ができます。

もちろん、子供自身でブランコはできないため、親のお膝に子供を乗せて、軽くブランコで「ゆらゆら」する程度です。

その他にも、親が体を支えながら、動物の形をした遊具に座らせてみることなど、公園ならではの遊びができるようになります。

3.生後7か月から

生後7か月頃はレジャーシートなしで公園デビューができる時期です。

この頃になるとそろそろ「お座り」もできるようになります。

お座りができるようになると目線が高くなるので、公園の様子を観察できるようになります。

さらに、つかみやすい玩具などを「つかんで投げる」という遊びができるようになります。

そのため、クローバーなどの雑草を見つけて、それを手で引き抜いて「じーっ」と見つめた後、ぽいっと投げる姿も頻繁に見られるようになります。

さらに、お砂場でスコップや熊手を握らせると、砂を「がしがし」して遊ぶようになります。

この時期、なんでも口に入れて確認するという行動をとるため、ゴミや砂などを口に入れてしまわないように見守っている必要があります。

3.生後10か月から

生後10か月は「はいはい」がとても上手にできるようになっている時期であり、階段も登れるようになります。

好奇心がとても旺盛になり「はいはい」で公園内のどこへでも探索します。

さて、子供が大好きな公園の遊具と言えば「すべり台」ですが、実はこの頃から自分ですべり台を登れてしまいます。

もちろん、とても危険なので、常に親が手を添えている必要があります。

そして、滑り降りるときは、必ず親のお膝に乗せて一緒に滑りましょう。

4.1歳から

「たっち」が上手になり、早ければ少し歩くこともできる時期です。

よちよち歩きでボールを追いかけたり、「ハイハイ」で小さな山を登ることもできます。
親の支えが必要ですが、自分の握力で鉄棒にぶら下がることもできます。

5.1歳6カ月から

第1子の場合、この時期から「公園デビュー」をさせることが多いのではないでしょうか?

しっかりと「あんよ」ができるため、「はいはい」をして服を泥だらけにすることも少なくなるからです。

でも、第2子を持つ親から見ると、少し遅いかもしれません。

0歳でも好奇心は旺盛なので、服が汚れたとしても「はいはい」で公園内を探索させてあげてもいいのではないかと思います。

公園に行くときの服装

0-baby57

1.月齢にあった服装をする

涼しい気候の場合、生後1~6か月の赤ちゃんは風邪予防のために大人の服装より1枚多く厚着をさせましょう。

この月齢の子供は、ずりばいなどで体を動かさないため、外気の気温の影響を受けやすく、涼しい日は体が冷えてしまうこともあります。

生後7~9か月頃は、お座りをしたり、ずりばいをするようになって運動が増えるため、大人の服装と同じ程度が目安です。

10か月以降は、たくさん動き回るので大人よりも1枚薄着にして、服で熱がこもりすぎないように気を付けましょう。

2.長ズボンをはく

0歳の赤ちゃんの場合「はいはい」などで動き回るため、膝が擦れないように長ズボンを履かせたほうが無難です。

子供は何歳になっても頻繁に転んで怪我をします。

1歳を過ぎても安全対策のため長ズボンが基本です。

3.帽子をかぶる

春から秋にかけては熱中症と紫外線対策のために、冬は防寒のために1年を通して帽子を被らせましょう。

公園の遊具で遊んでいると、鉄製の遊具に頭をぶつけることも頻繁にあるため、安全対策にもなります。

4.虫よけスプレー

ゴールデンウィークを過ぎると「蚊」がたくさん飛ぶようになります。

「蚊」は、日本脳炎やジカ熱などの感染症の媒介になります。

また、刺されて掻きむしると「とびひ」という皮膚の病気に発展することもあります。

必ず出かける前に虫よけスプレーをして「蚊」に刺されないように対策をしましょう。

スプレーで、薬剤を吸ってしまう、塗り漏れがあるなどが気になるのであれば、「虫よけシート」というシートタイプだと吸い込みや塗り漏れの心配がありません。

公園に行くときの持ち物リスト

次に公園に行くときの持ち物を確認しましょう。

  • ティッシュ
  • ハンカチ
  • おもちゃ(砂場セット・ボールなど)
  • 水筒(子供用と大人用それぞれ)
  • レジャーシート(またはテント)
  • ウェットティッシュ
  • 上着
  • 着替え
  • おむつ
  • ビニール袋
  • 必須なのはティッシュ、ハンカチ、おもちゃ、水筒です。

    それ以外は自宅からの距離や外にいる時間に合せて調整しましょう。

    公園デビューは怖い?

    1-baby2
    「公園デビュー」と言うとテレビドラマなどでは何故か陰気な雰囲気で描かれることも多いですよね?

    公園をしきる「ボスママ」がいて、子供を公園で遊ばせるためには、まず「ボスママ」に挨拶をして気に入られる必要があり、もし、嫌われてしまうと我が子はいじめの標的に!

    もちろん、完全なフィクションです。

    そもそも共働きの家庭が増えて、公園で「たむろ」する専業主婦の集団と言うのはあまり見かけません。

    土日の公園も、意外と「ママ」より「パパ」の存在が多いように感じます。

    ママは週末の家事に忙しく、パパが子供の遊びに相手になるという家庭が増えているのかもしれません。

    また、0~3歳は集団で遊ぶほどの知恵は身についておらず、1人で好きな遊具で遊ぶ事が基本です。

    砂場が好きな子は、いつも砂場で遊んでいますし、滑り台が好きなことは、何度も何度も同じすべり台を行き来しています。

    3歳未満だと、子供自身で「危険予測」ができるわけではないので、親がつきっきりで見守っている必要があります。

    そのため、公園で遊んでいる他の保護者と親しく話すという機会は思いのほか少ないです。

    たまたま同じマンションに住んでいる、同じ保育園に通っている、顔見知りの子供がいたら、その親とお話しする程度です。

    公園で初めて出会って仲良くなるというケースは思いのほか少ないのです。

    だから当然、公園をしきる「ボスママ」なんて人は存在しません。