ジュニアシート「ポップピット」を1年以上使ったので感想を書きました。

ネビオから発売されているジュニアシート「PoPPit(ポップピット)」の実体験レビューを紹介します。

口コミ情報のひとつとして参考にしてください。

ネビオのジュニアシート「ポップピット」を使ったらこうなった


このコラムは3歳の子供を持つkanyuiさんによる商品レビュー記事です。

1.なぜ買ったのか?

娘が2歳を過ぎた頃からチャイルドシートに乗せるたび泣いて嫌がる事が増えました。

使用していたものは新生児~4歳頃まで使えるものだったのですが赤ちゃんの頃から身長が標準より大きめな娘には窮屈なのかもしれない、とジュニアシートの購入を考え始めました。

しかし、ジュニアシートは対象年齢が3歳からという商品がほとんどで、また座席に置くだけでの簡易的なものが多く、安全性の点で不安があり悩んでいた時にポップピットを発見しました。

まず魅力的だった点は1~11歳頃まで使用できるという対象年齢の広さです。

法律で6歳まで装着義務があるので長く使用できるのは勿論助かりますし、すぐにでも使えるという点に惹かれました。

見た目はチャイルドシートのようにしっかりとした造りだったので、「本当にジュニアシート?」という印象でした。

「ポップピット」には、付属のインナークッションと肩・腰ベルトを使えば小さい子供でも安全に乗せる事ができる「チャイルドモード」と呼ばれる乗せ方があります。

成長と共にインナークッションを取り外したり、背もたれ部分を外し座面のみでの使用もできるので「ジュニアモード」、「ブースターモード」と一台で3パターンの使い方があるのです。

色やデザインのバリエーションも豊富なので車内の雰囲気や子供の好みに合わせて選ぶ事が出来たのも魅力的でした。

そして最後の決め手となったのはやはりお値段でした。

安全性やコストパフォーマンスを兼ね備えていながら8,000円程という低価格に惹かれ購入を決意しました。

2.実際に使ってみたらこうなった


実際に車内に取り付ける前に家の中で箱から出してみると、その軽さにビックリしました。

チャイルドシートは女性一人で持つには結構な重量があるので同様のイメージがあったのですが、「ポップピット」は見た目がしっかりとしているのに4.8㎏という軽量なので女性の私でも楽々持ち運べました。

そして華やかなデザインに「可愛いー!早く座りたい!」と娘も興味津々。

はじめに肩ベルトの装着などを行うのですが、説明書が苦手な私でもすごく簡単だったので助かりました。

実際に車内に装着して娘を乗せてみると、とても気に入ってくれました。

広々した座面やふっくり包み込んでくれるヘッドサポートを心地良く感じているように思いました。

ヘッドレストは8段階、肩ベルトは3段階の調整ができるのでその時々の体形にピッタリフィットさせる事ができます。

泣いて嫌がってしまう、という一番心配していた点もすんなり解消しほっと一安心しました。

3.その後、どうなったか?

ポップピットを使用し15ヵ月が経ち、3歳を過ぎた娘ですが変わらずお気に入りで毎日乗っています。

私が抱っこして乗せなくても自ら座面に座り、ハーネスを装着するという一連の流れが出来るようになり、それもまた楽しいようです。

子供でも装着できるというシンプルな操作ながら、解除の際は大人の力が必要なので安全性を保つ事ができるのも助かっている点です。

また、普段あまりお昼寝しない娘ですがポップピットに乗っている時は気付いたら寝ていた、なんてことがすごく多いです。

体形に合わせて調節できるのでちょうど良いホールド感と車の揺れが心地良いのだと思います。

娘が眠ってくれて、安全も確保されているので、私はドライブで束の間の時間を楽しんでいます。

ネビオ「ポップピット」の評価


amazon-link2 rakuten-link

1.良かった点

子供を常に見ている事ができない車内ではやはり安全性が一番重要だと思うのですが、「ポップピット」は本体後部をシートベルトでしっかり固定できるので子供が大きな動きをしてもぐらつかず、とても安心して使用できます。

少し前に信号待ちで後ろからコツンと追突されてしまった事があったのですが、ポップピットに乗せていたおかげで娘は座ったままの体勢をしっかりと維持し、衝撃もなかったようです。この時は、ほっと肩を撫で下ろしました。

EU安全規格である安全基準ECE-R44に合格しているので安全面に関しては特に満足しています。

2.改善し欲しい点

車の運転を毎日する為、本当に重宝している商品なので欠点も見当たらないのですが、敢えてあげるとするなら股部分のバックルカバーが外れやすいかなという印象を持ちました。

またこのカバーがある事で、ハーネスを装着する際接合部分が見えにくく少し手間取ってしまうこともあります。

しかし、カバーなので安全面に直接関与するものではないですし、外れてもササっと装着し直せば問題ないと思います。

肩ベルトが多少よじれやすいかな?と思う事もありますが、こちらも同様に簡単に直す事ができます。

このお値段で高いクオリティーを持ち合わせているので私はあまり気にならなかったのですが、こちらの2点が改善される事でより良い商品になると思いました。