Joieの「エアトラベルシステム」を3年使ったので感想を書きました。

カトージから発売されているベビーカー「ジョイー エアトラベルシステム」の実体験レビューを紹介します。

口コミ情報のひとつとして参考にしてください。

Joieの「エアトラベルシステム」を使ったらこうなった


このコラムは1歳7か月の子供を育てている「ひなまま」さんによる商品レビュー記事です。

1.なぜ買ったのか?

「エアトラベルシステム」は娘が誕生したときに出産祝いとして義両親が贈ってくれました。

妊娠中からベビーカーは育児の必須アイテムだと思っていましたが、ベビー用品を張り切って購入しても実際にはあまり使わなかったという友人の話を聞いていたので慎重に探していました。

特に我が家は都心暮らしでマイカーがないため、お出かけの時はいつもシェアカーを利用しています。

そのためチャイルドシートを車に付けっ放しにしておくことが出来ません。

そこで、義両親がベビーカーからそのままチャイルドシートになるこちらの商品を探して購入してくれました。

しかもチャイルドシートになるだけでなく、室内ではバウンサーとしても使えるとあって、1つのベビーカーで3つもの役割ができるということが決め手だったようです。

2.実際に使ってみたらこうなった


初めてベビーカーを使った時は新生児でしたので座り心地は良く分かりませんが、娘を座らせてみると、シートの座面に体がフィットしているためなのかベビーベッドで寝ている時よりもよく寝ていました。

両対面式のベビーカーなので、子供の顔を見ながらベビーカーを押せるのでお出かけも楽しくできました。

また、ベビーカーから取り外しができるチャイルドシート部分は大きな取っ手がついているので、家の中のどこでも連れていけて安心でした。

料理やお洗濯など家事をする時にとても重宝しました。

また、しばらくして娘が少し体を動かせるようになってくると、足を動かし自分で反動をつけて揺らして遊んでいました。

笑顔も見られて楽しそうでした。

3.その後、どうなったか?

娘は1歳7ヶ月になり、しっかり歩くようになった現在でも「エアトラベルシルテム」は十分活躍してくれています。

チャイルドシート部分を外しバギー(背面ベビーカー)としてお出かけの際には娘を乗せています。

しかし、残念ながらバウンサーとしての役目は終えてしまいました。

体が成長して足が付くようになったかえあです。

チャイルドシートとしては今でも使用していますが、現在80cmより少し大きいくらいの娘でギリギリ座面に座ることができる状態なので、もうすぐでチャイルドシートとしても使えなくなりそうです。

なお、バギーとしての利用するのであれば恐らく4歳くらいまでは使えそうです。

「Joie エアトラベルシステム」の評価


amazon-link2 rakuten-link

カラー:ノーティカ、カーキ、ペブル

1.良かった点

Joieの「エアトラベルシステム」は、単にベビーカーとしてだけでなく、チャイルドシートとバウンサーの役も担ってくれて大変助かりました。

自家用車のない我が家にとってはなくてはならないアイテムです。

そして、購入して一番良かった部分はコスパの高さです。

我が家は贈り物として頂いたので出費はありませんでしたが、ベビーカー(バギー)、チャイルドシート、バウンサーをそれぞれを別に揃えようと思うとかなり高くつきます。

このベビーカーは三役も担うことができるのに、ブランドのベビーカー単体と比べての約半分ほどの価格です。

しかもベビーカーとしての機能は長い期間使うことができるので、今のところ我が家で購入してよかったベビー用品としては間違いなくNo.1です!

2.改善して欲しい点

価格や多彩な使用方法を考えると仕方がないのかもしれませんが、しっかりと紫外線対策ができるように、もう少し幌(ほろ)が大きかったら良かったのになと思います。

ベビーカー部分とチャイルドシート部分のそれぞれ幌がついているのでどちらも使うと完全に覆って日差しから子どもを守ることができるのですが、ベビーカーのみの幌だけだと、あまり日除けとしては活躍しておらず、紫外線に過敏なパパ・ママには気になるかもしれません。