ウィーゴアミーゴの「おくるみ」を1年以上も使ったので感想を書きました。

weegoamigo(ウィーゴアミーゴ)から発売されている「3PACK BAMBOO MUSLIN」の実体験レビューを紹介します。

口コミ情報のひとつとして参考にしてください。

weegoamigoのおくるみ「BAMBOO MUSLIN」を使ったらこうなった


このコラムは1歳5ヶ月の子供を持つmusicaさんによる商品レビュー記事です。

1.春になっておくるみデビュー

冬生まれだったこともあり最初はおくるみではなく、バスタオルやブランケットで代用していました。

しかし、暖かくなってきた頃に毛布に包まれて体がホカホカになっている息子を見て、薄手のものの購入を考え、楽天やアマゾンのレビューを参考にしてweegoamigoのおくるみを購入しました。

ちょうど息子に汗疹ができてしまい、小児科を受診すると「他の子より肌がデリケートだ」と言われました。

そのため「通気性がよく肌触りが良い」「シルクのような生地が気持ちいい」などのレビューが購入の決め手になりました。

ちなみに同じ時期に別素材(オーガニックモスリンコットン100%)で作られたaden+anaisのオーガニックスワドルも1枚だけ購入しました。

価格を比較するとレーヨン100%であるweegoamigoのBAMBOO MUSLIN 3枚セットとaden+anaisのオーガニックスワドル1枚の値段はほぼ同じくらいの価格だったからです。

2.さらっとして風通しが良い


実際におくるみとして包んでみると、少し大きめに生まれてきた息子もすっぽり包んであげられる大きさで安心感がありました。

手触りがレビュー通りさらさらしてとっても気持ち良く、薄くて軽くてこれなら汗っかきの息子も安心して包んであげられると思いました。

赤ちゃんを寝かしつける際に、抱っこで赤ちゃんを眠らせて、布団に降ろした瞬間に起きてしまうことがよくありますが、おくるみで包んであげれば、そんなことにはならいないのではないかと期待をしましたが、残念ながら失敗でした。

生地が薄いためか、息子の場合は、おくるみをして布団に降ろした時に起きてしまいました。

しかし、お昼寝の時にweegoamigoのおくるみを掛けてあげると、風通しが良いのか今までより気持ち良さそうによく寝てくれたように感じました。

また外出先で授乳室が使えない時にweegoamigoのおくるみを使って授乳をしてみると、熱がこもらず息子も快適そうでした。

ただし、生地が薄いので、色の濃い下着を付けていたりすると薄っすら透けてしまうかもしれないので、神経質な方にはあまりおすすめはできませんが・・・。

結局、おくるみとして使用するよりも掛け物・授乳ケープとしての使用することが多くなりました。

3.「よだれカバー」として現在も活躍中!

現在、息子は1歳半になりましたが、weegoamigoのおくるみを敷布団の「よだれカバー」として活用しています。

息子は寝返りが激しく、枕もほとんど意味をなさず、うつ伏せ寝がお気に入りなので、息子の顔が来るであろうエリアにおくるみを2つ折りにしてシーツの上に敷いています。

折り畳まずに敷くとシーツにまでよだれが染みてしまうため、カバーできる範囲は狭くなりますが半分に折って使っています。

weegoamigoの「3PACK BAMBOO MUSLIN」の評価


amazon-link2 rakuten-link

1.良かった点

色柄がとても豊富でとても迷いましたがかわいいものがたくさんあって選ぶのも楽しかったです。

レーヨン100%のため他の製品に比べ比較的安価であると思います。

さらさらとした触り心地はとても気持ちよく、息子もとても気に入ったようでした。

通気性がとても良いので掛け物としても授乳ケープとしても、快適そうで重宝しました。

授乳ケープとして使うため外出時に持ち歩くことが多かったですが、薄くて軽くて小さくたたんで持ち歩けるのためかさばらずに助かりました。

そしてガーゼ製品特有の何度も洗濯をしていくとふわふわになっていく感じもとても気持ちよかったです。

おくるみとしては勿論ですが、他にも使用用途の幅が広くてマルチに使えてとても助かりました。

2.改善して欲しい点

ガーゼがとても薄く柔らかいためほつれやすいのが難点です。

マジックテープのフックの部分にくっついてしまって、無理に引っ張ってしまい「びーっ」と糸が長く出てしまうことが何度かあり、マジックテープの付いた製品のそばで使う時はとても気を付けなければなりませんでした。