アンパンマンのミュージックショーを1年間使ったので感想を書いた。

ジョイパレットから発売されている「アンパンマン キラ★ピカ★いっしょにステージ ミュージックショー」の実体験レビューを紹介します。

「アンパンマン ミュージックショー」で遊んだらこうなった


このコラムは3歳と0歳の子供を持つtomtomさんによる商品レビュー記事です。

1.買った理由

3歳になる娘のクリスマスプレゼントとして、「アンパンマン キラ★ピカ★いっしょにステージ ミュージックショー」を買いました。

娘はアンパンマンが大好きなので、テレビのCMを見てはアンパンマンのおもちゃを欲しがっていました。

もともとは「ジャムおじさんのやきたてパン工場」や「のっけてポン! アイスちょうだい」などを欲しがっていたのですが、娘を連れておもちゃ屋さんに行くと、ミュージックショーが目に飛び込んできたのです。

鍵盤を押すとアンパンマンとばいきんまんが踊りだずギミックに娘は興奮して、すっかり気に入ってしまいました。

心変わりしやすい年頃なので、一応「やきたてパン工場」も「アイスちょうだい」もしっかりと見てもらい、「本当にこれでいいの?」と何度も念押しして購入するに至りました。

2.実際に遊んでみたらこうなった

クリスマスパーティの当日、昼食を食べ終えると、パパとママから「ミュージックショー」をプレゼントしました。

「わー、あけてー!あけてー!」と大はしゃぎの娘。

生後11か月の弟も興味津々で近づいてきます。

大きな箱を開けて脚をセットし、アンパンマンとばいきんまんの人形、そしてマイクを取り付けます。

その間も姉弟2人で鍵盤をたたいて遊んでいます。

「待って!待って!いまスイッチ入れるから!」と2人を制しつつ、ようやく電源を入れました。

「ミュージックショーはじまるよー!」という音声と共にバックライトが光ってアンパンマンが動き出しました。

大喜びの娘は、とりあえず適当に鍵盤やボタンを押しまくっています。

しかし、その横から弟が手を伸ばして動いているアンパンマンやばいきんまんをつかみ取ろうとするので、「ねー、やめてー!わたしの!」とキレ気味。

とりあえず息子にもプレゼントを渡して気をそらしました。

娘は「デモ演奏」のモードがあることに気づき、大好きな「アンパンマンのマーチ」や「ドレミファアンパンマン」の曲を流して、ピアノを弾いている気分になっています。

ちょっと高い買い物でしたが、本当に楽しそうに遊ぶので買って良かったと思いました。

ちなみに娘はまだ全くピアノは弾けません。

1歳の時にもKAWAIのミニピアノを買ってあげたのですが、ほとんど使われておらず埃をかぶっています。

今度は遊びの要素が豊富なアンパンマンの電子ピアノなので、楽しみながらピアノに慣れ親しんでもらえればと思いました。

3.その後、どうなったか?

アンパンマンの「ミュージックショー」を買って半年後。

残念ながら娘のピアノの腕は全く上達していません。

ママもパパも一応、子供時代にピアノを習っていたので、基礎的なことは教えられるのですが、本人は今のところピアノを弾きたいと思っていないようです。

単に音と光で遊ぶサウンドボックスとして時々思い出したかのように遊んでいます。

そして最近は新しい遊び方を発見しました。

娘は保育園の年少さんに進級し、新しいクラスにも慣れてきた頃、「ミュージックショー」のマイクを使って、突然「今日の給食は、鶏のから揚げと、みそ汁とサラダです。いただきます!」としゃべりだしたのです。

保育園のお兄さん・お姉さんが給食の献立を読み上げる時の真似のようです。

その他にも、お昼の放送や先生の掛け声などの真似をして、保育園の様子を教えてくれるようになりました。

こんな様子なので、いくらアンパンマンでも買ってあげただけではピアノは上達しないようです。

「アンパンマン ミュージックショー」の評価

以下に掲載している評価は、実際に使用した「個人の感想」であり、客観的な評価ではありません。

【ジョイパレット】アンパンマン キラ★ピカ★いっしょにステージ ミュージックショー
amazon-link2 rakuten-link

1.良かった点

「ミュージックショー」はおもちゃと考えるか、楽器と考えるかで評価が分かれそうな商品ですが、実際に子供にプレゼントしてみると「おもちゃとしてとてもよくできた商品」だなと思いました。

まず、人形と光による演出が楽しくて、どんな子供でも遊んでみたくなると思います。

そして、アンパンマンのマーチをはじめとした耳になじみのある曲が17曲も収録され、4種類の音で鍵盤を奏でることができます。

また、ターンテーブルを回す度に、色々なキャラクターボイスや効果音が流れます。

とてもサウンドが豊富なのでピアノが弾けなくても充分に楽しむことができます。

実際、1歳の弟は、姉よりもはまっていて、色んな音を出して楽しんでいます。

ピアノの学習機能も「デモ演奏」「ドレミで聞く」「ドレミで歌う」「光ナビ」の4パターンもあり、親と一緒に使いこなして練習すればドレミの音階くらいなら覚えることは可能だと思います。

アンパンマンは3歳頃に卒業する子供も多いと思いますが、4~5歳頃から本格的にピアノを習う前のつなぎ役として活躍するでしょう。

2.改善して欲しい点

高額なおもちゃなだけあって機能が豊富なので不満な点はとても少ないです。

あえて挙げるとすれば、マイクに少々問題があると感じました。

昔のファミコンの2コンのようなガヤガヤ声になってしまうので、せっかくのかわいい子供の歌声が残念な感じになります。

また、マイクのコードが短いので、夢中になってマイクでしゃべっているとひっぱって抜けてしまうことも良くあります。

さらに、特定の曲(アンパンマン以外の曲)の演奏を流すとマイクが使えず、歌うことができません。

子供は歌いたくても歌えなくて残念そうです。

マイクがもう少し良ければ本当に素晴らしいおもちゃだと思います。