「へんしん!サンライダー」で6か月遊んだので感想を書きました。

野中製作所から発売されている「へんしん!サンライダーFC」の実体験レビューを紹介します。

口コミ情報のひとつとして参考にしてください。

「へんしん!サンライダーFC」で遊んだらこうなった


このコラムは9歳と1歳の子供を持つハルジオンさんによる商品レビュー記事です。

1.なぜ買ったのか?

1歳3ヶ月の娘のクリスマスプレゼントとして祖父母から買って頂きました。

近所の子育て支援センターで三輪車に乗せたところ、足はまだ地面にもペダルにも届いていませんでしたが、後ろから私が押してあげると楽しそうに乗っていたので、そろそろ乗り物のおもちゃが欲しい時期かと家族で話しておりました。

おもちゃ売り場に行くと、キャラクター物の三輪車や車タイプの乗り物がありましたが、長く遊べる物が欲しかった私は店内をしばらくウロウロして見比べていました。

ストライダーに乗れたら自転車も早く乗れると聞いていたので、ストライダーも見ましたが、年齢的にはまだ早く、1歳児用のストライダーは1歳児の体格に合わせて作られており、子供が成長すればサイズが小さくて、値段が高い割に長く使えなそうだと思いました。

あれこれ悩んでいたところ、3段階で遊べる「へんしん!サンライダーFC」を見つけました。

最初は舵切り押手棒付き三輪車として遊べるので、子供が乗ることができれば大人が動かしてあげながら楽しめますし、慣れてきたら三輪車にもなります。

そして、私がやらせてみたかったストライダーのようなバランスバイクへの変形も可能ということで、「絶対これだー!」と思い、こちらを購入して頂きました。

2.実際に遊んでみたらこうなった


箱を開けると色々な部品と説明書が入っていました。

まずは舵切り押手棒付き三輪車に組み立てる事にしました。

組み立ては説明書を見れば私一人でも30分程度で出来るくらい簡単なものでした。

9歳の姉も一緒になって組み立てを手伝ってくれました。

完成後そのまま部屋の中で1歳の娘を乗せてみると、ニコニコ満足げな表情で嫌がる事なく乗れていたので、外に出して乗せてあげました。

舵切り押手棒は動かしやすく、子供が乗っていても小回りが利くので移動しやすいです。

足を地面につけている時に動かしてしまうと足が車体下へ巻き込まれてしまうので、フットステップに足を置くように教える必要がありました。

娘は自分でサドルにまたがることができなかったので私が乗せてあげて「おててはここに置いて、あんよはここだよ!」と教えながらゆっくり動かしてみると、周りの景色を見渡しながらも嬉しそうに笑っていました。

9歳の姉も「押してみたい!」というので、舵切り押手棒を持たせてみると、上手に押せていました。

二人で楽しそうに遊ぶ姿を動画に撮り、購入してくれた祖父母へ見せてあげると、良いプレゼントをあげられて良かったと喜んでいました。

3.その後、どうなったか?

1歳9か月になった娘ですが、身長が低く未だに足が地面にちゃんと届いておらず、乗り降りが難しいようです。

同じ月齢のお友達は軽々と乗り降りして、自分で前に進むなど乗りこなしていました。

三輪車のペダルをつけてみましたがこちらもまだ届かず、もうしばらくは私が舵切りをしながら乗せて遊ばせることになりそうです。

最近では娘がハンドルを左右に動かすようになり、行きたい方向へ向けようとしてくるので、ハンドルのコントロールが上手になったと思います。

左右の方向を教えるツールとしても使えそうです。

外に出ると娘は「のんのん!のんのん!」と指差しながら毎日のように乗りたがり、乗せてもらうとご満悦の顔で楽しんでいます。

道端に気になる物を見つけては降りて、また乗ってを繰り返しながらお散歩するのが日課になりました。

9歳の姉も舵切り押手棒を押しながら妹と楽しんでお散歩に付き合ってくれます。

終いには「私も乗りたいなー!!」と言っていました。

「へんしん!サンライダーFC」の評価


amazon-link2 rakuten-link

カラー:オレンジ、ピンク、ブルー

1.良かった点

まず、舵切り押手棒でのハンドル操作が、スムーズに左右に動かせるので狭い道や曲がり角でも動かしやすいです。

9歳の娘でも操作できる軽さなので、子供が飽きて抱っこをする場面でも片手で押して帰れます。

また、ハンドルとサドルの高さも身長に合わせて調整できますので、長く使える工夫がなされていると思います。

娘がベビーカーに乗らなくなってしまった時期があり、近くの公園へ連れて行く際に歩かせたり抱っこをしていましたが、「へんしん!サンライダーFC」には喜んで乗ってくれたのでこちらに乗せてお散歩や公園へ行くことができました。

フットステップがあったおかげで、「あんよはどこにおくんだっけ??」と言うと、「ここ!」と張り切って乗せてくれるので足を巻き込むことなく乗れることができて助かりました。

2.改善して欲しい点

組み立て式なので、ネジはしっかり硬く取り付けたつもりでしたが、サドルの裏につけたボルトがいつの間にか外れて無くなってしまいました。

ガタガタした道を何度も通っていたので振動が伝わり、ネジが緩んでしまったのかもしれません。

タイヤは硬いものを踏むと、その部分がへっこみ傷になります。

硬いスポンジのような素材なので、タイヤ部分をゴム製に変えたら振動も減り、ネジも緩みにくくなるし、タイヤも長持ちするのではないかと感じました。