授乳ケープが必要になる『5つの場面』とケープの『選び方』

「授乳ケープはどんな時に必要になるのか?」また、「購入する時のポイントは何か?」

こうした授乳ケープに関する疑問について解説します。

授乳ケープは必要か?

0-baby26

初めて出産するママの場合、授乳ケープを買うべきかどうか迷うことも多いようです。

授乳ケープを購入してはみたものの、ほとんど使わなかったというママもいます。

そこで、まずは授乳ケープが必要になる場面を紹介したいと思います。

これらケープを使う場面が1つでも想定できるのであれば、ケープを購入しておきましょう。

1.里帰り出産から帰宅するときの新幹線(電車・飛行機)

「のぞみ」「はやぶさ」「かがやき」など、新幹線には基本的に「多目的室」という部屋があります。

「多目的室」では、授乳やおむつ交換をすることが可能です。

乗務員さんに一声かけると「多目的室」を貸してくれます。

しかし、「多目的室」は1本の新幹線に1部屋しかありません。

たとえば、16両編成の「のぞみ」であっても11号車にひとつだけしかないのです。

そのため先に利用している人がいると使うことが出来ません。

その場合はケープを使って授乳をするしかありません。

多目的室のない電車や飛行機で長距離移動する場合にも、当然、ケープは必要です。

2.夫の実家、友人宅・パーティルーム

お盆や正月などに、夫の実家に赤ちゃんを連れていくこともあるでしょう。

授乳をするために部屋を1つ開けてもらうか、そうした部屋がなければケープを使って授乳することになります。

いくら身内とは言え、やはりおじいちゃんや夫の兄弟がいる中で、おっぱいを出すのは抵抗があるでしょう。

また、友人・知人のご自宅にお邪魔をしたり、マンションの共用ルームを借りてパーティをするケースも考えられます。

女性と子供たちだけの集まりであれば、ケープなしでも授乳できますが、男性がいる集まりにはケープが必要です。

3.授乳室のない病院・ショッピング施設

赤ちゃんを連れて出かける場合、病院か買い物が多いでしょう。

デパートや大型モールには、たいてい授乳室が整備されているます。

「だから安心!」ではありません。

理由としては、そもそも施設内にある授乳室の数が少ないこと。

授乳室があるため、かえって育児中のママがたくさん来て、先に使われてしまうことがあります。

また、中規模以上の病院や小児科にも授乳室が整備されている場合はあります。

しかし、施設が古かったり、小規模であったりすると、授乳室が整備されていない施設もまだまだ多くあります。

出産後に利用を予定している各施設に授乳室があるかどうか確認してみましょう。

もし、授乳室がなければ、ケープがあったほうが安心です。

4.車の中

車でお出かけをしている最中に赤ちゃんが泣くと、授乳をしなくてはなりません。

一旦、適当な場所に駐車して、車の座席で授乳をすることになります。

この場合、車の中で授乳している様子が外から見えてしまいます。

例えガラスにスモークが張ってあったとしても、覗きこめば見えてしまうため、やはりケープがあったほうが安心です。

5.公園

子供が2人いる場合には、ケープが必須になる可能性が高いです。

例えば、上の子供が、外で遊びたいという場合には、赤ちゃんを連れて付き添いをすることになるでしょう。

公園には授乳室はありませんので、ベンチなどでケープを使って授乳するしかありません。

ケープを選ぶポイント



1.360度覆ってくれる

ケープにはエプロン型とポンチョ型があります。

エプロン型は生地が少ないため、荷物がかさばらないという利点があります。

しかし、使い方を誤ると「横」や「斜め後ろ」から授乳している部分が見えてしまうので注意が必要です。

その点、ポンチョ型は360度ケープで覆われているため、「見えるのではないか?」という心配がなくなります。

2.生地の通気性

赤ちゃんは代謝がよく、汗をたくさんかきます。

特に夏場は気温が高いので、厚手の生地のケープだと蒸れて暑くなります。

軽くて通気性のいいケープを選びましょう。

3.ワイヤー入りで赤ちゃんの顔が見える

ケープを着た時、首もとの部分に金属製の「ワイヤー」が入っている商品があります。

ワイヤーがあると、ケープの首もとがペタンとならずに開いているので、赤ちゃんの様子を常に見ることができます。

もし、ワイヤーのないケープを選んだ場合は、時々赤ちゃんの様子を確認するために、片手でケープの首もとを引っ張って覗き込む必要があります。

4.授乳ストラップ付き

授乳ケープとは直接関係のない機能なのですが、「授乳ストラップ」が付いたケープがあります。

授乳服ではない普通の服で授乳をするときには、服の裾(すそ)を手でたくし上げる必要があります。

すると片手がふさがってしまうので授乳がやりにくくなります。

しかし、授乳ストラップを使って、たくし上げた状態で服を留めてしまえば、両手を使ってしっかりと赤ちゃんを抱っこできるため、とても快適です。

つまり、授乳ストラップがあれば、わざわざ授乳服を買わなくても済むということです。

ただし、ストラップは普通のひもで簡単に手作りすることができます。

また、授乳服での授乳は服がはだけないのでママ自身が寒くないという利点もあります。

というわけで、ストラップの有無は選ぶポイントとしてはあまり重視しなくてもよいでしょう。

5.値段

授乳ケープの値段は安いもので1,000円から、高いもので10,000円近いものもあります。

店頭や通販で売れ筋のものは2,000~3,000円が多くなっています。

5,000円程度の予算があれば、豊富なデザインの中から選ぶことができますし、またオーガニックコットンなど生地にもこだわって選ぶことができるようになります。

6.かわいい

こむずかしい機能はともかくとして、やっぱりママ自身が「かわいい」と思うケープを選んで、幸せな気分で赤ちゃんにおっぱいをあげたいですよね!

反対に「かわいさ」よりも、授乳していることが目立たないデザインを選ぶママも少なからずいます。

人目が気になるというママは、シンプルなデザインのケープを選びましょう。

授乳ケープは別のもので代用できるか?



授乳ケープは、ストールなどで代用することも可能です。

とは言え、「授乳ケープ」はその名の通り、授乳がしやすいような細かな配慮がされており、利便性ではストールを圧倒しています。

赤ちゃんが泣いているのを横目に、赤ちゃんをすっぽり覆える程度にストールを巻いて、授乳中にストールが落ちないようにしっかり留めてという一連の動作は、やはり面倒です。

ケープならスポッと被るだけですぐに、授乳が始められます。

もし、ケープを使う場面がほとんどないのであれば、ストールで代用しても構わないでしょう。

しかし、外出する機会が多いのであれば、授乳ケープを持っていた方が安心です。