子供の撮影に最適な一眼レフカメラとは?―コジマビッグカメラでおすすめを聞いてみた―

かわいく編集部員が、子供を撮影するためのミラーレス一眼レフカメラをコジマビッグカメラで買ってきました。

素人でも子供を上手に撮れるカメラを店員さんに聞いてきましたので、そのレポートを紹介します!

新しいカメラの条件

5-kids1
子供ができてからというもの、出費がたいへんなことになっています。

洗濯機を大きな容量のタイプに買い替え、エアコンを増設し、ビデオカメラも買いました。

最近では、電子レンジが壊れたので買い換えました。

そして、子供が生まれる前から6年ほど使っていたコンパクトデジタルカメラも、連休を前にして頻繁にエラーを出すようになったため「寿命がきた!」と判断し買い替えることにしました。

買い替えにあたっては「デジカメの不満を解消できるものを選ぶ!」という方針で検討しました。

まず、デジカメの不満点としては、

  • 動く子供をピンボケせずに撮影することがとても難しい
  • 背景をぼかすことができず、プロっぽい写真が撮れない
  • と言う2点です。

    これらの不満を解消し、さらに

  • できるだけコンパクト
  • オシャレなデザイン
  • 予算は5万円以内
  • という条件を加えて探すことにしました。

    その結果、「ミラーレス一眼レフカメラ」を購入することに決めたのです。

    子供ができたら「ミラーレス一眼レフカメラ」を買うべき3つの理由
    連休を前にして使っていた「コンパクトデジカメ」が壊れたため、新たに「ミラーレス一眼レフカメラ」を買いました。 実際...

    ミラーレス一眼レフの値段は何で決まっている?

    goods18
    ミラーレス一眼レフカメラを買うといっても、たくさんのメーカーが商品を開発していて、どれが自分に合ったカメラなのか素人にはさっぱり分かりません。

    事前にネットで調べたところ、ニコンの「Nicon1 J5」がコンパクトで値段が安いとわかりました。

    「Nicon1 J5」を本命にしつつ、コジマビッグカメラにミラーレス一眼レフカメラを見に行きました。

    1.センサーサイズが違う

    ミラーレス一眼レフと言えば、「一眼レフカメラ」に抵抗を感じる初心者向けのカメラと言うイメージなので、値段も初心者向けかと思っていたのですが、実際にはメーカーによって随分と差があります。

    本命の「Nicon1 J5」はレンズが2つセットで5万円くらいですが、宮崎あおいのCMでおなじみの「OLYMPUS PEN E-PL8」は、同じくレンズ2つのセットで、9万円近くもします。

    というわけで、まずは、こんな質問をしました。

    「なんで同じミラーレス一眼レフカメラなのに、こんなに値段が違うんですか?」

    「まず、一番の違いはイメージセンサーのサイズの違いです。Nicon1 J5は1インチ型で、OLYMPUS PENは4/3型です。」

    「どう違うんですか?」

    イメージセンサーが大きいほど見たままの美しい写真を撮ることができます。

    「え?画素数が大きいほうがキレイなんだと思ってました。」

    実際、画素数を比べてみるとNicon1 J5は2081万画素、PEN E-PL8は1605万画素です。

    画素数で写真の美しさ(画質)が決まるのであれば、Nicon1 J5は値段も安いので間違いなくお得です。

    しかし、実際には画質の良し悪しは画素数ではなく、イメージセンサーの大きさで決まっているのです。

    イメージセンサーは、絵を描く画用紙のようなものです。

    小さな画用紙に絵を描くよりも大きな画用紙に絵を描いた方が細部まで緻密な絵が描けますよね?

    昔のカメラ付きケータイやコンパクトデジカメが「画素数」を売りにしていたので、筆者と同じように「画素数=画質」と思っている30代は結構多いのではないでしょうか?

    ちなみに一眼レフカメラは、「APS-C」以上の大きさのセンサーを積んでおり、ミラーレス一眼レフカメラは「4/3型」が一般的です。

    1インチ型未満の小さなサイズは、コンパクトデジカメやスマホなどに使われているそうです。

    サイズ 実寸
    フルサイズ 36mm×24mm
    APS-C 23.7mm×15.7mm
    4/3型 17.3mm×13.5mm
    1インチ型 13.2mm×8.8mm

    2.ISO感度が違う

    「センサー以外で何か違いはありますか?」

    「あとはISOに差があります。Nicon1 J5は12800で、PEN E-PL8は25600になります。」

    「ISOってなんですか?」

    「ISO感度が高いと暗い場所でもきれいに撮影することができます。」

    一眼レフカメラだとISO感度は51200になる製品もあります。

    ただし、素人の場合、基本的にオート撮影をすることになるため、ISOを上限いっぱいにして撮影することはほぼないようです。

    5万円前後でおすすめのカメラはどれ?

    5-kids2

    1.候補は2社のカメラに絞られた!

    というわけで、やっぱり値段が安いカメラは「安いだけ理由」があるというこよがよくわかりました。

    せっかく一眼レフを買うのであれば、すこしでも性能が良いものを購入したいのですが、予算には限りがあります。

    そこで、ズバリ聞いてみました!

    「5万円前後でおすすめの商品はどれになりますか?」

    「ミラーレス一眼レフカメラであればパナソニックのLUMIX GF7ですかね。一眼レフでもいいのであればキャノンのEOS Kiss X7もおすすめです。」

    確かにどちらも交換レンズが2つセットで5万円前半です。

    さらに値引き交渉をすれば、もっと安く買えそうです。

    2つの商品を比較すると以下の通りです。

    比較項目 LUMIX GF7 EOS Kiss X7
    センサーサイズ 4/3型 APS-C
    IS0値 25600 12800
    画素数 約1600万画素 約1800万画素
    大きさ 約107mm×65mm×33mm 117mm×91mm×69mm
    重さ 236g 370g


    一眼レフは全く考えていなかったのですが、ほぼ同じ値段にもかかわらず、センサーサイズが大きいのはとても魅力です。

    今しかない子供の姿をできるだけ鮮明に残したいですからね。

    しかも、EOS Kiss X7は世界最小・最軽量の一眼レフカメラで、厚みはLUMIX GF7の倍くらいあっても、重さは130gしか違いません。

    実際に持つと、イメージしていた一眼レフカメラよりも遥かに軽くて驚きました。

    ちなみに、子供を撮るのに向いているカメラはどちらかと言えば、両方とも同じだそうです。

    理由は、ともに「キッズモード」があるから。

    どちらも、ダイヤルをクルッと回すだけで、すぐに「キッズモード」で撮影することができます。

    「キッズモード」はシャッタースピードが速いので、動いている被写体も鮮明に撮ることができます。

    子供はじっとしていられないので、素人がキレイに撮るにはキッズモードが必須です。

    実際に、購入して使ってみると本当に便利な機能です。

    2-kids13
    こちらの写真のように激しく動く子供でもピンボケしません。

    2.そして選んだのは・・・!?

    さて、結局、どちらを選んだかと言うと、「LUMIX GF7」です。

    理由は3つ。

  • やっぱり軽かったから
  • 見た目のデザインがママ好みだったから
  • 子連れは荷物が多いので小さいほうがいいから
  • LUMIX GF7は、最新のGF8が発売されたので型落ちになっていて安くなっています。

    コジマビッグカメラのお店でも在庫が残り2つになっていました。

    値引きをしてもらい、ポイントもフルに使って、5万円以下で購入することができました!

    ちなみにGF8は4Kで撮影することができるなどの機能が向上しているそうです。

    LUMIXシリーズは、世界で初めてのミラーレス一眼レフカメラとして発売された商品です。

    その後、オリンパスのPENが発売され、両シリーズが競うようにしてミラーレス一眼レフカメラ市場を切り開いてきました。

    LUMIXとPENは、他のメーカーよりもミラーレス一眼レフカメラ開発の実績が長いため、顧客ニーズを熟知しているはずのなので、初心者でも安心して使えそうですね。

    本日の人気記事

    本日の人気記事

    年間1万2千円も節約できる!?お得なオムツの買い方とは?
    どのお店でオムツを買うと一番安いか知っていますか? お店ごとにパッケージに入っている枚数も値段も違うので、どこが安...
    スポンサーリンク
    アドセンス
    アドセンス