3歳の娘と一緒に『プリキュア ショー』に行ってみた

3~5歳頃の女の子に大人気のプリキュアショーに行ってきました。

3歳の娘を連れて行った実体験レポートを紹介します。

プリキュアショーに行ったら、こうなった。

1.オシマイダーを警戒する

pricure
先日、3歳の娘を連れて近所の住宅展示場で開催された「HUGっと!プリキュアショー」に行ってきました。

娘はつい最近まではアンパンマンが一番大好きでした。

しかし、2月からスタートしたプリキュアの新シリーズを見始めてからというもの、すっかりプリキュアファンの仲間入りを果たしました。

3歳は自分の性別に対する意識が強くなる時期なので、周りの友達の影響でキラキラした女の子っぽい服やアニメにどはまりしています。

新聞の折り込みチラシに「HUGっと!プリキュアショー」の告知がされていたため、娘に見せると「プリキュアくるの?いくー!」と大興奮。

「ピンクのプリキュアが好きなの!」とか言いながら、何故かハサミを持ってきてチラシを切り抜いて大事そうに見つめていました。

そんな様子を微笑ましく見ていたのですが、ふと娘が「オシマイダーくる?」と心配そうな顔で聞いてきました。

「来るかなー?わからないよ。オシマイダーが怖いの?」と話すと、「うん、怖いの。オシマイダー来るかな?」と不安そうです。

「オシマイダーが来ても、プリキュアがやっつけてくれるから大丈夫だよ」と言って何とか納得したようでした。

2.暑い中を抱っこで観覧する

pricure2
3歳の娘とママ、パパ、弟の赤ちゃんの4人で出かけて、プリキュアショーが始まる40分ほど前に会場に到着しました。

移動する途中で何度も「オシマイダーくる?」と聞き続ける怖がりの娘でした。

40分前でしたが、すでに人だかりができていました。

しかし、座って見ることができるスペースは、3分の1ほどしか埋まっていなかったため、無事に家族4人分のスペースを確保することができました。

住宅展示場で開催されていた他のイベントを楽しんだり、トイレに行くなどして、開始5分前に確保したスペースに戻りました。

すると立見スペースにも人が溢れて、自分たちの場所に行くのに人をかき分けないといけないほどになっていました。

前説が終わり、いよいよスタートする時になって、娘は「オシマイダー怖い」と言いながら、パパにしがみついて抱っこを求めてきました。

強い陽射しで体感温度は確実に30度を超えていたのですが、一人で座らせると確実に泣きそうだったので、仕方なく暑い中パパが抱っこしてプリキュアショーを見ることになりました。

3.ショーの一番いい所で・・・

pricure3
プリキュアショーの流れは、こんな感じでした。

ダンスの練習

ショーの本編がはじまる

敵(パープル)が現われる

プリキュアにやっつけられる

敵(パープルとオシマイダー)が再び現われる

プリキュアの必殺技でオシマイダーがたおされる

プリキュアとダンス

プリキュアがでてくると、他の女の子と達と同じように「かわいい!」といって目をキラキラさせて見つめています。

最初のダンスの練習で、娘は恥ずかしがりながらも楽しそうにダンスの振りを覚えていました。

しかし、本編が始まって敵が出てくると、怖がってパパやママの足につかまり顔を伏せてしまいました。

おそらく、敵に見つからないように隠れているつもりなのでしょう・・・。

見渡しても他の女の子たちは怖がることなく、パープルのヘンな話し方や踊りに大爆笑です。

それに比べて娘はどんだけビビりなのかと呆れてしまいます。

そして娘が最も恐れていたオシマイダーが出てくると、必死にパパとママにしがみついて、倒されるまでひたすら隠れていました。

3人のプリキュアがオシマイダーに必殺技を繰り出す一番いいシーンなのに顔をあげようとしません。

オシマイダーが倒されるとホッとした様子で、ショーを見るようになりました。

4.握手会で大喜び!

pricure4
ショーの終わりでダンスが始まると、会場に来ていた女の子たちも歌いながらノリノリで踊っていました。

娘も頑張って踊ろうとしていますが、全くついていけません。

周りの子たちがとても上手で本当にびっくりです。

ダンスが終わると、いよいよ待ちに待った握手会です。

娘が2歳の頃は、アンパンマンさえ怖くて握手しにいけなかったのですが、憧れのプリキュアに会えて嬉しかったのか、全く怖がることなく3人のプリキュア全員と握手することができました。

ご満悦な表情で、「プリキュアかわいかったー!」と叫んでいました。

本編のショーでは敵が長い時間出ていたので半分しか見られなかったのですが、それでも娘は大満足だったようです。

プリキュアショーを見る時のポイント

最後にプリキュアショーに行った実体験を踏まえて、プリキュアショーを楽しく見るためのポイントをいくつか紹介します。

1.遅くとも開演30分前には到着する

プリキュアショーは全国のショッピングモールや住宅展示場などのイベントで開催されています。

会場によっても混雑具合は異なると思いますが、プリキュアは保育園・幼稚園に通う女の子たちの間では圧倒的な人気を誇るキャラクターなので、ショーも当然のように大人気で混雑必至です。

そのため、座って見たければ、会場には遅くとも30分前、できれば余裕をもって1時間前には到着しましょう。

また、席の一番前で観たいということであれば、会場となっている商業施設がオープンする時間に合わせて到着して場所取りをする必要があるでしょう。

開演の20分前くらいになると立ち見で観ることも困難になってきます。

2.エンディングのダンスを練習しておく

ショーはただ見るだけでも楽しいです。

しかし、プリキュアと一緒に踊れるコーナーが必ずあるため、より楽しむのであれば、事前に練習しておくことをおススメします。

ダンスのコーナーでは、プリキュアのエンディングテーマが採用されていて、それほど難しいものではないため、アニメを録画して、繰り返し練習すれば3歳の子供でもできるようになるでしょう。

プリキュアを一緒に踊れるまたとない機会なので、上手に踊ることができれば、きっと良い思い出になるでしょう。

3.握手会は慌てなくても大丈夫

ショーの後には、プリキュアとの握手会が行われます。

たいへんな長蛇の列になるので、早く並ぼうと焦ってしまうかもしれません。

しかし、心配無用です。

写真撮影などで握手が長くならないように運営がしっかり誘導してくれていますので、列はどんどん進み、それほど長く待つことはありません。

もし、早い順番で並びそびれたら、むしろ、列には並ばず、適当な場所で気楽に待っていて、握手会の終わりのほうになったら並ぶという作戦でも大丈夫です。

スポンサーリンク
アドセンス
アドセンス
本日の人気コラム

今日の人気コラム

おむつやミルクの購入で一番ポイントが貯まるクレカとは?
赤ちゃんが誕生すると、ベビーカーや抱っこ紐などの高価な育児グッズを購入したり、紙おむつや粉ミルクなどの消耗品の購入したり...