新生児の体温が「低い」時の原因と対処方法

赤ちゃんの平均体温は36.7~37.0度です。(腋の下で計測した場合)

体温が35度台や36度前半になる理由と、体温が低い時に親がすべき対処法について解説します。

1.出産直後は体温が下がる

0-baby20

赤ちゃんは、お母さんと同じくらいの体温で生まれてきます。

しかし、環境気温(外気温)に左右されやすいため、出産直後に、身体測定、全身観察、沐浴等を行っている間に体温が「35度台」に下がります。

赤ちゃん自身力で体温を維持できるようになるのには時間がかかります。

そこで、生まれた直後は、保温器などで赤ちゃんの体を温めます。

出産からおよそ10時間で、37.0度前後に戻ります。

2.体温調節が上手にできない

0-baby1

すべての赤ちゃんは体温調節が下手です。

そもそも体温は、脳の中にある「体温調節中枢」が指令をだして、温度を調節しています。

この「体温調節中枢」が未発達であるため、外気温に合わせて体温を上手に調整することができず、体温が下がってしまったり、逆に上がってしまったりするのです。

体温調節の働きには、個人差があるため、一度、体温が下がった後、なかなか体温が上がらない赤ちゃんもいます。

この場合、産後入院中である場合は、病院の保温器で温めてくれます。

また、退院後に、体温が低下した場合は、暖房器具を使って部屋や布団を暖めたり、厚手の布服を着せるなどすると体温が上がります。

しかし、調整が上手ではないため、暖かくした場合には、体温の上がりすぎにも注意しましょう。

3.赤ちゃんが寝ている室内環境が体温を下げている

clothes1

赤ちゃんは、体重が少ないのにもかかわらず、体表面(皮膚)面積が大きいため、周囲の環境によって、「急速」に体温が下がってしまいます。

1.温度と湿度が低い

冬場は室温が低くなりがちです。

赤ちゃんの体温が低い場合、室温は24~26度にしましょう。

また、湿度が低いと寒く感じられます。

湿度は、50%以上に保ちましょう。

2.エアコンの風が直接当たる

特に夏場、エアコンの風が直接当たると、赤ちゃんの熱を奪ってしまいます。

エアコンの風が直接当たらないように、吹き出し口の角度や、ベッドの位置を調整しましょう。

3.窓など冷たいものの側で寝ている

同じ部屋の中でも、場所によって温度が異なります。

冬場に暖房器具を使っていても、窓の近くは外気の影響を受けて温度が低くなります。

部屋の暖かい場所に移動してあげましょう。

4.汗などの水分が皮膚に触れている

水分が蒸発するときの気化熱によって、体温が奪われます。

次のような場合、体温が下がります。

  • 汗をかいた服をそのまま着せている
  • 沐浴後の拭きとりが不十分、または時間がかかっている
  • 赤ちゃんは汗っかきですので、こまめに服を着替えさせましょう。

    また沐浴後は、素早く丁寧にタオルで水を拭きとりましょう。

    新生児の体温調節の方法については、こちらの記事もご覧ください。

    新生児の体温を調節する基本的な方法
    赤ちゃんの体温は上がったり、下がったり忙しいものです。 体温が高いと「暑いのかな?」と心配になり、低いと「寒いのか...

    4.体温を正しく測れていない

    0-baby17

    体温は、計測する場所によって温度が異なります。

    通常、新生児・乳児の場合、「わきの下(腋下)」か「耳(鼓膜)」で計測します。

    かつて、多くの医療機関では、「肛門(直腸)」で計測することが多かったのですが、耳式体温計が発達してからは「耳」で計測する病院が増えています。

    医療機関が「耳」で計測する理由のひとつとして、新生児・乳児の「わきの下」は、幼児と比べて脂肪が少なく、外気温の影響を受けやすいことが挙げられます。

    つまり、本来知りたい体の内部の体温(核心体温)と比べて、低い体温が計測されてしまうからです。

    したがって、もし「わきの下」で体温を計測しているのであれば、正しい方法で行うようにしましょう。

    体温の測り方についてはこちらの記事をご覧ください。

    新生児の正しい体温の測定方法
    新生児の体調を知るためには、毎日の検温が不可欠です。 体温を正しく計って、赤ちゃんの様子をしっかり把握しましょう。...

    5.病気による低体温

    0-baby15

    もし、体温が35.5度未満であれば、早めに医療機関を受診しましょう。

    低体温が続くと、生命を維持するための代謝の必要量が多くなるため発育を遅らせることになります。

    また、体温調節が上手にできない赤ちゃんは、感染症などの病気によって、発熱のみならず、低体温になることがあります。

    稀ではありますが、敗血症や脳内出血など重大な病気により体温調節障害を引き起こしている可能性もあります。


    (参考出典)
    メルクマニュアル医学百科

    本日の人気記事

    本日の人気記事

    年間1万2千円も節約できる!?お得なオムツの買い方とは?
    どのお店でオムツを買うと一番安いか知っていますか? お店ごとにパッケージに入っている枚数も値段も違うので、どこが安...
    スポンサーリンク
    アドセンス
    アドセンス