赤ちゃんの体重が増えすぎた時の4つの対処法【新生児・乳児の食習慣について】

1か月健診を迎えて、他の赤ちゃんと見比べると、「うちの子は明らかに大きすぎる!」と心配になるママもいることでしょう。

「増えすぎ」とされる体重増加量と対処法について解説します。

「増えすぎ」の定義

1.新生児の「一般的な」体重増加について

health_3

新生児期の体重増加の目安は1日30gと言われています。

実際のところはどうなのか、厚生労働省の統計である「平成22年乳幼児身体発育調査」で確認してみましょう。

標準的(中央値)な赤ちゃん(男の子)は、3000gで誕生し、生後30日には4130gになります。

1日平均の体重増加量を計算すると「37.6g」になります。

そして、新生児のおよそ9割は、多くても1日50g以内の増加となっていました。

つまり「1日50g超」のペースで増えている赤ちゃんは1割にも満たないため、周囲からは「増えすぎ」と言われてしまうかもしれません。

2.乳児期には「過体重」という定義がある

統計的な定義では85パーセンタイル以上の体重だと「過体重」とされています。

具体的な体重については、厚労省の調査には90パーセンタイルが掲載されていますので、その数字を引用します。

男の子

日齢30日 4.85kg
月齢2~3月未満 6.76kg
月齢5~6月未満 8.71kg
月齢9~10月未満 9.83kg
1歳0~1月未満 10.44kg
1歳5~6月未満 11.51kg

女の子

日齢30日 4.54kg
月齢2~3月未満 6.27kg
月齢5~6月未満 8.17kg
月齢9~10月未満 9.29kg
1歳0~1月未満 9.87kg
1歳5~6月未満 10.87kg

「過体重」が問題点とされるのは、成長して成人になると「肥満」になる可能性があるためです。

成人して「肥満」状態となっていれば、当然、糖尿病を始めとした生活習慣病になるリスクも高まります。

3.赤ちゃんの肥満は気にする必要なし

とは言え、乳児期の体重増加と成人後の肥満のリスクに強い関連性があるわけではないため、実際に1日50gを超えるようなペースで体重が増えていたとしても、あまり心配する必要はありません。

体重が増えているということは、「たくさんの母乳(ミルク)を飲ませている」ことになりますが、母乳(ミルク)の飲み過ぎで赤ちゃんが生活習慣病になるということはないからです。

ただし、体重が先ほど紹介した90パーセンタイルの数値を超えているのであれば、成長曲線から外れることになるため、健診の時に、医師から母乳やミルク、食事について指導を受ける場合があります。

その際には、医師と相談しながら、適切な量を守っていくことになります。

4.増えすぎてしまう要因

母乳(ミルク)を飲んでいる新生児・乳児の体重が増えすぎてしまう理由は、栄養の摂り過ぎ以外の要因もあります。

例えば、乳児は「運動ができない」ことも、その一つです。

この場合、「ハイハイ」ができるようになったり、「あんよ」ができるようになると、1日の活動量が一気に増えるので、自然に体重増加にブレーキがかかります。

0歳のときは丸々と太っていたのに、2歳後半になったら標準体重になっていたということは、多々あります。

そのため、体重の増えすぎを心配する必要があるのは、新生児・乳児期よりも、卒乳して食事やおやつだけで栄養をとるようになってからででしょう。

もし、ご飯や食事をたくさん食べるために肥満状態が続くのであれば、食事の「食べ過ぎが習慣化」する恐れがあります。

大人になってから生活習慣病にならないように、健康的な食生活をしっかりと身に着けさせることが必要です。

一方で、乳児期は「しつけ」をしても全く理解できませんので、母乳を欲しがるだけ飲ませても問題ありません。

増えすぎがどうしても気になるなら

0-baby4

赤ちゃんが大きくなりすぎて、どうしても気になるのであれば、次のような方法を試してください。

1.完全母乳にする

もし、母乳とミルクの混合で育てているのであれば、母乳だけで栄養は十分にとれています。

粉ミルクをやめてみましょう。

2.1回のミルクの量を少し減らす

たとえば、1回120mlだったミルクの量を110mlに減らします。

いきなり減らすと、足りないと泣いてしまうかもしれないので、少しずつ減らしていきましょう。

また、ミルクは、哺乳瓶を飲みきるまで与えるのではなく、途中で赤ちゃんが休憩する状態があれば、そこで止めてみましょう。

赤ちゃんは、「もう十分」というサインを出しているのに、それに気がつかずに、ビンに入っているだけ飲ませてしまっているのかもしれません。

3.母乳を与える間隔を少しずつ長くしていく

生後2~3か月になると、母乳を飲むことに慣れて、1度にたくさん飲めるようになります。

また、満腹感もよりはっきりとわかるようになってきます。

そこで、生後2~3か月になったら、授乳の間隔を3時間くらい開けましょう。

急にはできないと思うので、すこしずつ広げていきます。

4.泣いてしまったら

授乳の量を制限すると、泣かれることが多々あると思います。

お母さん自身が辛いのであれば、無理する必要はありません。

欲しがるだけ与えるように戻しましょう。

ただし、泣くと、反射的におっぱいをあげてしまう状態になっていませんでしょうか?

赤ちゃんが泣く理由は様々です。

「泣いたら、おっぱいが欲しいはずだ」と思い込まず、おむつを替えたり、ねんねをさせたり、抱っこしたりして、泣き止まないか試してみましょう。

それでも、泣き止まないのであれば、おっぱいをあげましょう。

—–

新生児の体重増加の傾向についての統計データはこちらをご覧ください。

統計から見た新生児の体重・身長の生後1カ月間の推移
誕生間もない赤ちゃんの生育状況を知るととが育児の第一歩です。 厚生労働省が発表している統計をもとに、新生児の生後1...
スポンサーリンク
アドセンス
アドセンス
本日の人気記事

本日の人気記事

年間1万2千円も節約できる!?お得なオムツの買い方とは?
どのお店でオムツを買うと一番安いか知っていますか? お店ごとにパッケージに入っている枚数も値段も違うので、どこが安...