統計から見た新生児の体重・身長の生後1カ月間の推移

誕生間もない赤ちゃんの生育状況を知るととが育児の第一歩です。

厚生労働省が発表している統計をもとに、新生児の生後1か月間の標準的な身長・体重の推移について解説します。

【男女別】生後1か月間の身長・体重の推移

health_3

1.1日の平均増加に注目しよう

標準的(統計上の中央値)な新生児は、最初の1カ月間、どのような推移で身長・体重が増加していくのでしょうか?

まず、男女関係なく、生後3~5日で5~10%程度、体重が減ります。

これは、補給する水やミルクの量よりも、胎便など排泄する量の方がしばらく上回るために起きる現象で、「生理的体重減少」と呼びます。

その後は増加に転じ、7~10日頃に生後の体重に戻ります。

これ以降も体重が戻らないのであれば、母乳が足りていない可能性があります。

また、標準的な新生児は、生後30日間で、1日平均およそ30g体重が増え、1.4mm身長が伸びます。

この1日平均でどれくらい増大割合と比べて、大きいか少ないかが、発育状況を見る上では重要になります。

ともすると、他の子と比べて、うちの子は「大きい」「小さい」を気にしがちですが、より重要なのは、この増加率です。

もし、著しく増加率が少ないのであれば、産科または小児科で相談しましょう。

なお、体重については、1日の中でも増減が大きいので、日々、一喜一憂するのではなく、少なくとも1~2週間は様子を見て、着実に増えているのか確認しましょう。

以下では、生後30日間における、標準的(統計上の中央値)な新生児の身体推移について紹介します。

2.男の子

身長(cm)

出産時:49.0 ⇒ 30日目:53.5

※1日平均1.5mm伸びている

体重(kg)

出産時:3.00 ⇒ 1日目:2.89 ⇒ 2日目:2.84 ⇒

3日目:2.84 ⇒ 4日目:2.88 ⇒ 5日目:2.90 ⇒

30日目:4.13

※1日平均37.6g増えている

3.女の子

身長(cm)

出産時:48.5 ⇒ 30日目:52.7

※1日平均1.4mm伸びている

体重(kg)

出産時:2.94 ⇒ 1日目:2.81 ⇒ 2日目:2.76 ⇒

3日目:2.76 ⇒ 4日目:2.79 ⇒ 5日目:2.81 ⇒

30日目:3.89

※1日平均31.6g増えている

【男女別】94パーセンタイルの新生児の身長・体重

0-baby18

パーセンタイルとは、例えば、100人子供を身長の低い順に並べて、何番目かという指標です。

下のデータは、低い方から3番目~97番目までの赤ちゃんの身長と体重の数値になります。

繰り返しになりますが、単にこの範囲に入っているかよりも、1日の平均増大が標準に近いかどうかがより重要な発育の目安となります。

1.男の子

身長(cm)

出産時:44.0~52.6 ⇒ 30日目:48.7~57.4

体重(kg)

出産時:2.10~3.76 ⇒ 30日目:3.00~5.17

2.女の子

身長(cm)

出産時:44.0~52.0 ⇒ 30日目:48.1~56.4

体重(kg)

出産時:2.13~3.67 ⇒ 30日目:2.90~4.84

併せて、こちらの記事で身長・体重の正しい測定方法も知っておきましょう。

【簡単・正確!】赤ちゃん(新生児、乳児)の体重・身長の測り方
赤ちゃんの発育状況を知る上で身体測定はとても大切です。 しかし、大人と違って自分では立てない新生児や乳児をどのよう...


<参考出典>
厚生労働省「平成22年乳幼児身体発育調査」
日本小児内分泌学会
メルクマニュアル医学百科

スポンサーリンク
アドセンス
アドセンス
本日の人気記事

本日の人気記事

年間1万2千円も節約できる!?お得なオムツの買い方とは?
どのお店でオムツを買うと一番安いか知っていますか? お店ごとにパッケージに入っている枚数も値段も違うので、どこが安...