たいへん過ぎる2歳児の歯磨き。父と娘の歯磨き戦争!

2歳児に歯磨きをさせるのは本当にたいへんです。

毎日が闘いです。

歯磨きさせるために試行錯誤してきました。

そんな2歳の娘を持つパパの歯磨き奮闘記を報告します。

歯磨きバトルのプロローグ

hamigaki

離乳食の時期に、上の歯が生えてきた時から、ずっと娘の歯磨きをしています。

その時から歯磨きは嫌がっていました。

しかし、力が弱いうえに、歯の本数も少なかったため、それほど苦労することはありませんでした。

1歳を過ぎて、幼児食になると、歯の数も増え、時間がかかるようになり、抵抗が激しくなってきました。

そして、2歳になって、奥歯が生えると、さらに歯磨き時間が長くなります。

加えて、自己主張が強くなり、力も強く、逃げ足が速い!

妙な知恵もついて、さらに歯磨きがやりにくくなってきます。

成長して歯磨きがしやすくなるのではなく、成長してますますやりにくくなっている今日この頃です。

歯磨きをめぐる娘との戦いの歴史を振り返る

hamigaki2

ここからは、パパがやろうとする歯磨きに対して、娘がどのように抵抗してきたのか見ていきます。

バトル1.口を開けない

0歳の時は、比較的いい子で、嫌がりはするけれども、口は開けてくれました。

歯が少なければ、すぐに終わるので、「嫌だけど少しならいいよ」という感覚だったのでしょう。

しかし、1本1本丁寧に磨きたいので、歯が8本を超えてくると、時間もかかるようになりました。

すると、でました!

むぐっと口を閉じてあけない・・・。

口を開けてくれないと、歯ブラシが入れられません。

でも、大したことはないです。

永遠に口を閉じていることは出来ないですから。

一瞬、口を開けた隙を狙って、パパの手を突っ込み、親指と中指を使って口をこじ開ければ勝利です!

1歳の噛む力なんてたいしたことはないですから、指の力で口を開けさせればいいのです。

しっかり、歯の裏側も磨けます。

あとは、くすぐって笑わせるのも効果的です。

バトル2.歯ブラシに噛みつく

1歳半くらいだったでしょうか、フッ素を付けて奥の歯までしっかりと磨いていました。

磨いている最中、娘が歯ブラシを奥歯で噛んできたのです。

「むむむ、歯ブラシが動かせない」

キラーンと光る娘の目。

なるほど、奥歯が生えて、そういう手段を覚えたか・・・。

だが、まだまだケツが青い!(実際にまだ青い)

歯ブラシを噛むという事は、その分、指を入れる空間が残されているということ。

同じくパパが指を突っ込んで、無理やり口を開けさせたのでした。

勝利!

バトル3.体をよじって膝から抜け出す

「いやなの、いやなの、ハミガキ、いやいや」

虫歯ができたら痛い痛いだよ。といつも話しています。

そして、1歳後半にもなれば、自分で歯磨きをする練習をしてもらわなくてはいけません。

しかし、全くやる気なし。

大好きなアンパンマンの歯ブラシを渡して「自分で磨いてね」と言うと、ただ、ジーっとアンパンマンを見るだけ。

口に入れたかと思えば、磨くこともせず、歯ブラシをくわえたまま、ソファにのってジャンプジャンプ。

そのうち、歯磨きを床にポイして、遊ぶことに夢中になります。

まあ、まだ1歳だから、パパが仕上げをすればいいかと、この辺は大目に見ています。

「じゃあ、仕上げ磨きするよ!しあげは、おとーさん♪」

と、かの“国民的”歯磨きソングを熱唱しながら娘を膝の上にゴロンとさせます。

「はい、あーして!」

と言った途端、体をよじって、うつぶせ状態になり、そのままスルスルと膝から逃げ出したのです。

「ちょっと待て」

必死に娘の手をつかんで、もう一度、膝にゴロンさせます。

すると、また同じことをやってくるのです。

娘よ、なかなかやるな。

だが、これでどうだ!

パパは足を少し開脚させてから、娘を足の間の床に仰向けにし、娘の両腕を太ももの裏で、娘の両足を足首で押さえつけたのです。

はは!どうだ。これならどんなに体をよじっても抜けられないだろう!

「これぞ、必殺・歯磨き固めだー」

と心の中で叫びつつ、歯磨きソングを鼻で歌いながら、無事に歯磨きを終えたのでした。

またもや娘の抵抗に勝利したのです!

バトル4.家具の隙間に逃げ込む

さすがに2歳近くになっていると知恵もついてきます。

もはやパパにつかまってしまうと、歯磨きから逃れることは出来ないと悟ったのでしょう。

ならば、「逃げて、逃げて、逃げ切ってやる!」

と思ったのか、ソファと壁の間にあった、狭い空間に、捕まえられないよう逃げ込んだのです。

娘は、「どうだ!」とばかりに、へらへら笑っています。

しかし、残念ですが、その程度では大人から逃げ切ることはできません。

パパはひょいと腕を伸ばして、娘を引っ張り出し、仕上げ磨きをすることに成功したのです!

バトル5.大人しく歯磨きをされるふりをする

2歳を過ぎて、ついに大人の裏をかく作戦にでてきました。

「自分で歯磨きできたかな?じゃあ、仕上げするよー、おいでー」

と言ったところで、素直に来るはずもありません。

仕方ないので、抱っこして連れてこようとすると、突然、

「こっち、こっち」

と言いながら、自分の椅子の上に座って、「あーん」と口を開けたのです。

おおおー!ついに、歯磨きの大切さがわかってくれたのか!

自分から、口を開けるなんて!パパはうれしいよ!

もう2歳だもん、お膝じゃなくてもできる歳になったんだね!

じゃあ、仕上げ磨きするよ~

と、歯ブラシを娘の口に入れた途端。

ガチン!

歯ブラシを噛んで抵抗してきたのです。

「ふふふふー」と不敵に笑う娘。

歯を手でこじ開けようとするが、さすがに2歳のあごの力は強い。

しかも、寝転がった姿勢じゃないから、娘は体をくねくねさせて逃げる逃げる!

この時はじめて、「こいつ、マジでやりおるな。」と認めたのです。

しかし、娘の抵抗むなしく、結局、とっ捕まえて、必殺・歯磨き固めを繰り出すことで、最終的に勝利をもぎ取ったのでした。

【場外乱闘】一緒に歯磨きする・・・ふりをする

そもそも「仕上げ磨き」と言うのだから、まずは娘自身が、ある程度歯を磨いてから、パパが仕上げをしたいのです。

歯磨きをするときは、ブラシを口にくわえますから、立ったままだと危ないです。

なので、座らせて、パパと向い合せになり、パパの歯磨きを見ながら、磨くように促していました。

しかし、落ち着きのない娘は、パパの歯磨きは完全無視。

見ることもせず、適当に歯ブラシをカミカミしているだけ。

そんなあるとき、食後の手洗い・うがいをした後に、そのまま洗面所の踏み台に立ったまま、「一緒にやる」と言い出したのです。

踏み台から落ちたりしたら危ないな、と思いつつも、2歳だし任せてみるかと、一緒に磨き始めたのです。

鏡をのぞきこみながら、歯磨きをすることになるのですが、パパ自身が自分の歯を良く見ることができるので、娘に磨き方を教えるには、都合がいいと感じました。

「まえばー、まえばの裏ー、左のおくばー」と言いながら、歯磨きを促すと、半分くらい真似をしたのです。

娘が、他のことに気をとられそうになると、変な顔をして、注目してもらうように工夫しました。

しかし、そんな努力の甲斐もなく、1分もすると、歯ブラシで洗面台を磨き始めたのです。

「洗面台じゃなくて、自分の歯をみがけ!」

コップに歯ブラシを入れたり、蛇口をひねってみたり・・・。

本人が歯磨きの大切さを理解して、自分でやろうとするのは、まだまだ先のようです。