子育てでイライラしたら(後半)

baby_cry

こちらの「前半」では、主に夫婦でのイライラ対処法を紹介しました。

子育てでイライラしたら(前半)
子育てって本当にイライラしますよね? まずは、子育てでイライラする原因と構造的な問題を理解しましょう。 ...

では、子供に対するイライラはどうしたらいいのでしょう?

大人(夫婦)の問題が原因となるイライラは、前半で描いたように、互いの協力で、なんとかできることも多々あります。

しかし、子供はまだ成長段階で、自制心もなければ、そもそも大人が何故「ダメ」と言うのかさえ理解できません。

経験上、子供の個性や成長段階に合わせてその場その場で対処するしかないと思います。

そこで、今回は、我が家での対処実例を紹介したいと思います。

あくまで、うちの娘限定だと思われますので、参考程度でお願いします。

ケース1 ご飯をぐちゃぐちゃにして食べる

娘でイライラさせられる第1位は、なんといっても食事です!

なかなか食べてくれない上に、食べ方もひどい!

足をテーブルの上に乗っけて、スプーンを投げ、口にいれた牛乳をブーと吐き出す。

おかずの入っているお皿をひっくり返して、テーブルにバンバン叩きつける。

毎回、壮絶な悲劇が繰り返されるのです!

これは、何を言っても直らない。

では、どうしているか?

被害を最小限に抑えるために、早め早めの対応をしています。

うちの娘の場合、食事で暴れるのは、後半です。

最初は、お腹が減っていて、調子よく食べます。

自分のお気に入りのものだけ食べ終わると満足するのか、スプーンで食べ物をかき回し始めます。

もう、この時点で、食べ物を引き下げればいいのですが、娘は小食で、いくらなんでも引き下げるのは早いと、こちらも粘ります。

少しづつ食べてはいるのですが、だんだん行動がエスカレートしてきます。

スプーンを落としたり、スプーンで髪の毛をさわりはじめたら、一旦、食事を止めさせます。

そして、大好きなフルーツを上げます。

フルーツはきれいに食べるので、この時に、手や口、テーブルをきれいにしておきます。

フルーツが終わると、また、残っていたご飯やおかずを食べたいと主張します。

仕方なくあげるのですが、やっぱり食べるのに集中できません。

いよいよ暴れてきたら、今度こそ食事終了です。

事前にきれいにしてあったので、被害も最小限度で済みます。

フルーツも食べて満足感もあるため、粘り食べしていても、暴れっぷりは多少抑制されます。

一応、マナー違反の行動をとるたびに、注意はしますが、全く効果ありません。

なので、例えば、床に皿を投げるみたいな、イライラが爆発する最悪の事態にならないように、早め早めで予防の手を打っています。

ケース2 家事の邪魔をする

うちの娘は、お父さんが食事を作っていると、キッチンの引出を開けて、モノをいじり、
お母さんが洗濯物をとりこんでいると、畳んである服をぐっしゃぐっしゃにします。

おかげで通常の倍くらいの時間がかかったり、イライラがピークに達します。

子供としては、親にかまってほしい、遊んでほしいですよね。

わかってはいるのですが、やるべき家事はたくさんあって、そうも言ってられません。

でうちは、どうしているか。

1.近くに住んでいる実家のおじいちゃん、おばあちゃんに頼る

週に1度、家の全面清掃を行っていますが、その時は、実家に預けます。

2.むしろ娘に手伝ってもらう

2歳にならない娘が家事を手伝えるのか?

はい、全く役に立ちません。

でも、子供としては、大人がやっていることに強い興味があるんですよね。

だから、大人の周りでちょろちょろして、いたずらするのです。

なのでそれを逆手にとって、手伝ってもらうのです。

たとえば料理であれば、おもちゃの包丁と、野菜の切れ端をわたして、「はい、これ切ってね」とお願いします。

すると喜んでやっています。

洗濯ものであれば、簡単なタオルをわたして、「これ、たたんで!」とお願いします。

喜んでたたみます。

これで、家の中を散らかす余計ないたずらをされずに済みます。

少ししたら「ありがとう!よくできたね!」って褒めてあげると、満足そうな笑顔をします!

3.最後の手段はやっぱりテレビ

テレビは禁止にしたい、あまり見せたくない。

最初はそう思ってました。

でも、無理です!

しかも、テレビのパワーはすさまじいです!

テレビを見せたくないなと思い、好きな歌のCDをかけたりもするのですが、心と行動を奪うほどのパワーがないんですよね。

そういうわけで、どうしても忙しくて、イライラしたときは、テレビをつけます。

子供向きの番組がなければ、録画していたものを見せています。

これで、大人のペースで家事をこなせます。

ケース3 歯磨きもイヤイヤ、着替えもイヤイヤ、寝るのもイヤイヤ

まもなく2歳。イヤイヤ期がはじまってます。

いつまで続くんだこのイヤイヤは!!

着替えも、歯磨きも、子供にとって、どうしても必要なことなのにやらせてくれない。

こんな時、打つべき手はあるのか?

正直、これといった解決法は見出せません。

強いてあげれば2つ。

自分でやりたいのであれば、やらせてみる

自我が芽生え始めているので、イヤイヤという態度には、自分でやらせてという気持ちも強くあります。

なので、無理に大人がやらずに、子供にやらせて、必要なところだけ、大人が手伝うというようにします。

たとえば着替えで、自分でボタンをしめたいとします。

でも絶対無理なので、ボタンを引っ張り出す最後のいいところを子供にやらせてあげると満足します。

強引、かつ速攻で大人がやってしまう

子供の主体性を大切にしたいといっても、時間は有限ですから、全部が全部できません。

なので、子供には悪いですが、力づくでさっさと大人がやってしまうようにしています。

歯磨きも、両腕を親の太ももの下ではさんで、絶対に動けない状態にして、口を片手でこじ開けて、仕上げ磨きしたり。

お手洗いも、大人の片ひざに、子供を乗っけて、無理やり手を洗ったり。

ねんねは、抱っこひもで抱っこして、どうあがいても遊べないようにします。

結局のところ、
時間をかけてイライラが爆発するのと、
強引にさっさとやるのと、
どっちがいいか?

という選択です。

本当はどっちも嫌なのですが、しょうがないということで、我が家では後者で対応しています!

以上、我が家の子供に対するイライラ対処法でした!