手作り授乳ケープの作り方―不器用な人でも初めての人でも簡単!―

使っていた授乳ケープが分厚い生地で冬用だったため、風通しのいい春夏向けの授乳ケープを手作りしました。

使わないバスタオルやストール、沐浴布を使って簡単に授乳ケープを作る方法を紹介します。

準備するもの

cape1

こちらのような授乳ケープを作ります。

写真は使わなくなった沐浴布で作っていますが、おしゃれなバスタオルやストールを使うともっとかわいく作れます。

早速ですが、準備するものはこちらです。

  • 布(バスタオル、ストール、沐浴布など)
    ※大きさは75cm×75cmより大きいもの
  • ゴム紐(幅15cm以上で、長さは布の2/3程度)
  • ひも
  • 留め具(手芸店や100均などで売られています)
  • 裁縫道具(針、糸、ハサミ、ひも通し)
  • cape2
    cape3

    授乳ケープの作り方

    cape4
    まず、ゴムひもを通すために、布の片側一辺を折って縫い付けます。

    幅は2~3cmです。

    ゴムの幅に合わせて調整してください。

    今回は2cm幅のゴム紐だったため、2.5cmの幅をとって縫い付けました。

    手縫いでです。

    もちろん、ミシンを使った方が便利だし丈夫です。

    cape5

    次に、布の3分の2程度長さのゴム紐を用意します。

    そして、ゴム紐の両端に、小さな紐を「輪」にして縫って留めます。

    写真の紐の長さは16cmほどで、輪にした時の長さはゴムの端から7cmほどになります。

    ケープにした沐浴布の長さは1辺75cmです。

    ゴム紐は50cmほどだったので、両端の紐の輪の長さ足すと65cmくらいです。

    10cm程短いですが、ケープはゴムで縮まった状態の方が、着用した時に胸元が開かないので安心して使えます。

    授乳中にケープの中を覗くときはゴムを引っ張るだけなので便利です。

    cape6

    ゴムの両端に紐が縫えたら、ひも通しを使ってゴムを布に通しましょう。

    cape7

    ゴムが通ったら、ひもの部分を布の両端に縫い付けて、ゴム紐がケープの中に入り込まないように留めます。

    cape8

    最後に紐の輪っかに留め具を付けて完成です!

    cape9

    3WAYケープとして授乳ケープ以外の用途も!

    cape1
    授乳ケープとして作りましたが、他に用途にも使えます。

    まず、ベビーカーにかけると、「日よけ」「風よけ」「ガーゼケット」として使う頃ができます。

    また、抱っこ紐でおんぶや抱っこをした時に、その上からケープを着用すれば、同じく「日よけ」「風よけ」さらに「虫よけ」として使えます。

    赤ちゃんの肌に直接、防虫スプレーをかけることは抵抗があると思いますが、手作りケープを作って、蚊などの虫から守って下ましょう。

    ケープにスプレーをかけると、より効果が高まります。

    その後は、さっと洗濯機で洗いましょう。

    本日の人気記事

    本日の人気記事

    年間1万2千円も節約できる!?お得なオムツの買い方とは?
    どのお店でオムツを買うと一番安いか知っていますか? お店ごとにパッケージに入っている枚数も値段も違うので、どこが安...
    スポンサーリンク
    アドセンス
    アドセンス