乳児湿疹の困った!を解決する記事まとめ

どんなに清潔にしていても多くの赤ちゃんにできる「乳児湿疹」。

乳児湿疹に関するコラムをまとめました。

この記事には疾病の情報が一部に含まれています。当記事を参考にした自己診断は決して行わないでください。気になることがあれば、医療機関を受診することを強くお勧めします。自己診断によるトラブルは一切の責任を負いかねます。

乳児の湿疹にはいくつかの種類がある

典型的な乳児脂漏性湿疹の画像

0-baby34

ひと口に「乳児湿疹」と言っても、種類は様々です。

「乳児湿疹」の代名詞である、「脂漏性湿疹」だけでなく、汗疹(あせも)やアトピーなども乳児に多い皮膚炎です。

それぞれの湿疹ごとに、「顔」や「首」など、顕れやすい体の場所が異なります。

しかし、体の特定の場所に湿疹ができたからと言って、湿疹が何の病気であるか確定することは出来ません。

そもそも、皮膚の病気の種類を、見た目で判別することは専門医でなければできません。

「乳児湿疹」は、様々な原因によって発症します。 主な乳児湿疹の種類について解説します。 この記事には疾病の情...

乳児の保湿ケア

乳児の湿疹は、すぐに治ることもありますが、多くの場合、一度、湿疹ができてしまうと治るまでに何週間もかかります。

そこで、日頃のケアで湿疹を予防しましょう。

ケアのポイントは、月齢や季節によって、赤ちゃんの肌の状態が異なるため、その時々にあったケアをすることです。

例えば、汗のかきやすい夏と、乾燥しやすい冬では、ケアの仕方は変わります。

赤ちゃんのピカピカ肌を守るための基本ケアについては、こちらの記事で紹介しています。
https://cawaiku.com/child/sick/infantile-eczema-care-1412

乳児湿疹のときに、塗ってもいい市販薬ってあるの?

軽いや湿疹・赤みで医療機関を受診すると、「ワセリン」や「亜鉛華単軟膏」を処方されることがあります。

両方とも、副作用がほぼないため、薬局でも市販されています。

乳児の肌トラブルを予防する市販薬として重宝します。

かかりつけ薬局の薬剤師さんに「ワセリン」と「亜鉛華単軟膏」の使い方をしっかりと教わることで、赤ちゃんの肌を守ってあげましょう。

乳児湿疹、汗疹(あせも)、おむつかぶれ、アトピーなど、赤ちゃんの皮膚トラブルは日常茶飯事です。 ドラッグストアでも...

乳児湿疹と石鹸

なぜか乳児湿疹の原因として疑われてしまう石鹸。

しかし、本当に石鹸が原因で乳児湿疹になるのでしょうか?

赤ちゃんを体を清潔に保つうえで欠かせない石鹸ですが、上手な付き合い方を知ることで、肌のトラブルを予防しましょう。

子育て中のママ・パパの会話で、石鹸が肌にあわず「湿疹になった」「湿疹が悪化した」、石鹸を変えたら「良くなった」などの話が...
スポンサーリンク
アドセンス
アドセンス

このコラムを「ツイート」「シェア」する

今日の人気コラム

本当に安くおむつを買うなら・・・【PR】