生後1ヶ月の赤ちゃんと外出するなら~時間帯と注意点~

生後1か月になったばかりの赤ちゃんと外出するときの注意点を解説します。

お散歩や保育園の送り迎えなどで外出するときの参考にしてください。

生後1ヶ月の赤ちゃんは外出してもいい?

1.生後1か月検診で問題なければOK

生後1か月の赤ちゃんを連れて外出できるかどうかは新生児検診(生後1か月検診)の結果次第です。

生後1か月検診は、出産した病院で診てもらうことが一般的で、体重の増え方や原始反射の反応などを確認します。

この新生児検診で先天的な病気が見つかることもあります。

そして、診察した医師から「順調に成長していて、外出しても構わない」と言われれば、外気浴から徐々に慣らしていくのが一般的です。

もし、何らかの事情で外出を控えるように言われたら、医師の指示に従いましょう。

2.日光を浴びると骨の形成が促進される

生後1か月以降の赤ちゃんが外出する効用としては、太陽からの紫外線を浴びることによって、ビタミンDが体内で生成され、カルシウムの吸収を助けるということがあります。

ビタミンDは母乳の栄養だけでは必要量を摂取することができないため、外出をして紫外線を浴びなくてはなりません。

ビタミンDが欠乏するとカルシウムが十分に吸収されず、骨の形成に影響がでることもあります。(厚生労働省「紫外線環境保健マニュアル」に基づく)

そのため生後1か月を過ぎたら赤ちゃんとのお散歩を育児の日課として取り入れていきましょう。

生後1ヶ月の赤ちゃんと外出するなら

1.基本は外気浴のみ

生後1か月の赤ちゃんの外出は、基本的に外気浴のみです。

外気浴とは屋外に出て、太陽の光を浴びて自然の風を感じながら過ごすことです。

外気に順応させるため最初は自宅のベランダや庭で短時間過ごし、少しずつ時間を伸ばしていきます。

慣れてきたら赤ちゃんを抱っこしたり、ベビーカーに乗せて公園などをお散歩しても構いません。

2.外出時間は長くても1時間以内を目安に

赤ちゃんが外出できる時間に決まりがあるわけではありません。

しかし、抱っこ紐もベビーカーも自動車のチャイルドシートも、連続しての使用可能時間はどのメーカーであっても1時間以内とされています。

これは、これらの器具が赤ちゃんを同じ姿勢で固定することになるため、体の一部に負担がかかるからです。

こうした器具を使っていなくても、自分で動くことができない赤ちゃんの場合は、外出している間ずっと同じ姿勢でいることが多いため、やはり長くても1時間を目安に外気浴を切り上げるほうが望ましいでしょう。

そして、1時間に満たない場合でも、赤ちゃんをよく観察して、機嫌が悪かったり、様子に異変があるときは速やかに帰宅しましょう。

3.スーパーや電車などの人混みは避ける

生後1か月の赤ちゃんの場合は、感染症の予防のため原則として混雑している場所への外出は避けます。

生後1か月の赤ちゃんは、まだ胎盤や母乳からもらった免疫によってウィルスなどから守られているため風邪などの病気になりにくいと言われていますが、全く感染しないわけではありません。

もし赤ちゃんがインフルエンザを始めとした感染症に罹った場合には、病気の進行が早く、重症化しやすいとされています。

そのため、ウィルスをもらいやすい不特定多数の人が使うような場所にお出かけするのは避けましょう。

スーパーで買い物をしたり、電車やバスなどの公共交通機関で移動するのは生後3か月を過ぎてからのほうが望ましいです。

特に風邪などが流行っている寒い季節は人混みを避けるようにしましょう。

4.外出するなら朝夕の時間帯に

生後1か月の赤ちゃんの外出の目的は、基本的に外気浴です。

まだ、この時期は1日のうちのほとんどを寝て過ごしており、起きているときはおっぱいを飲むときだけです。

しかし、成長に伴って、目が覚めても泣かずに過ごしていたり、授乳後に起きていることも増えてきます。

このように目を覚ましていて機嫌のよい時に外気浴をします。

そのため時間は赤ちゃん次第となりますが、冬以外の季節では、午前9時まで朝方か、午後3時以降の夕方に外気浴をします。

理由は9時から15時までの時間帯は特に紫外線が強いからです。(厚生労働省「紫外線環境保健マニュアル」に基づく)

つまり、基本的には朝9時までに外気浴に行くようにして、赤ちゃんが寝てしまっていてお出かけできなかった時には、午後3時以降に外気浴をします。

5.冬季は日中の温かい時間帯に外出

反対に冬の寒い日は日中の温かい時間に外出します。

冬は日中でも太陽が低いために紫外線は強くありません。また、赤ちゃんが厚着をしているため、紫外線を浴びる量も少なくなります。

そのため日中の散歩でも紫外線はそれほど気にする必要はありません。

むしろ、温かい日中にお散歩をして体が冷えないようにすることが重要です。

二人目の赤ちゃんを保育園の送り迎えに連れていくか?

これまでは生後1か月の外出について理想的な考え方を説明してきましたが、現実にはこの通りできない家庭もあるでしょう。

例えば上の子供が保育園に通っている場合には、生後1か月の下の子を連れて送り迎えをする必要もあります。

また、自宅で上の子の世話をしていても、病院や買い物に連れていく必要があります。

1.祖父母が近隣にいるなら送迎をお願いしよう。

保育園はまだ病気になりやすい小さな子供が多く、風邪などの感染が起きやすい場所です。

そのため送り迎えで生後1か月の赤ちゃんを連れていくことは極力避けるほうが望ましいでしょう。

送りと迎えの少なくとも片方はパパにやってもらい、もう片方は祖父母に協力をお願いしましょう。

2.どうしても連れて行くのなら手洗い・うがいをしっかりと

しかし、育休中の場合は短時間保育(9時から17時など)になる自治体もあるため、パパにも頼めず、近くに祖父母の住んでいないということもあります。

こうなると、赤ちゃんを連れて保育園に行くしかありません。

その場合は赤ちゃんをおんぶして、素早く送り迎えをする以外に方法はありません。

帰宅したら必ずママは手洗いとうがいをしっかりして、赤ちゃんの手洗いも忘れずにしましょう。

どうしてもスーパーに買い物に行く時や、上の子を病院に連れて行くときも同様です。