【私の出産体験記】すがのウィメンズクリニックで産みました。

大分県にある「すがのウィメンズクリニック」で出産したママの体験記を紹介します。


※個人の体験に基づく口コミ記事です。医療機関に対する客観的な評価・評判ではありません。

出産体験記

1.妊婦健診中の印象に残った体験

私の赤ちゃんは女の子でしたが、先生は毎回エコーを見る時に性別言いましたっけ?と何回も言われ「先生、前に女の子と言いましたよ。」と2人で笑いました。

先生も何百人と診察しているので、この人には性別言ったか言ってないかなど忘れることもあるので、毎回言っていました。

また、内診はとても嫌でしたが、頑張りました。

あと、私は血管が細いため採決では何回も針を出したり刺したりして、とても痛かったです。

2.お産の体験

お産前日の夜9時頃、何かお腹が少し痛みがすると思い様子を見ていました。

痛かったり、痛くなかったりという状態が交互に続き、これは前駆陣痛かなと思いました。

夜でしたが旦那も一緒にいたので安心しました。

トイレに行くと出血があったので、病院に電話をしそのまま入院となりました。

次の日の朝だんだんと痛みが増してきてご飯もなかなか食べられない状態になりました。

水分ぐらいしか飲めなくなってきて、ほぼベッドで横になっていました。

昼間は1人だったのですごく不安で少し泣いてしまいました。

しかし、すぐに母親が駆けつけてくれたので嬉しかったです。

その夜中に破水をし、分娩室に移動し旦那が立ち会ってくれました。

分娩室に入ったら3時間ほどでスポんと産まれました。

旦那は疲れていたので私の横で少し眠りながらお産を応援してくれました。

3.赤ちゃんが生まれた瞬間!

赤ちゃんが産まれた際は、嬉しかったのですが、初めての感覚だったため、涙を流すと言うより「陣痛ってあんなに痛いだな」と痛感しました。

産まれたらすぐに赤ちゃんを抱きしめました。

4.入院中の体験

入院が5日間あったのですが、2日目からは赤ちゃんと同室で過ごすことになり不安しかなかったです。

旦那も仕事終わってから毎日病院に来てくれて嬉しかったです。

別れる時はとても寂しくすぐに会いたくなりました。

日中はお母さんやお父さんたくさんのお見舞いにきてくれて祝いもたくさん頂きました。

夜は赤ちゃん泣いてばかりの時もあったので、不安になって助産師さんに預けました。

入院中も楽しいことが多く良かったです。

沐浴も勉強できたので良かったです。

5.すがのウィメンズクリニックで産んで「よかったな!」と思う体験

もうみなさんが優しくしてくれたことが一番嬉しかったです。

もう、すがのウィメンズクリニックで過ごせたことが幸せでした。

二人目もそこの病院で産みたいと感じました。

出産はきついですけど、赤ちゃんがとても可愛いく陣痛の痛さも忘れました。

これからも子育て頑張って行きたいです。

6.通院・入院中の「残念」な体験

残念に思ったことは陣痛の時、ほぼ1人だったのが残念でした。

付き添いがいなかったことで、不安が大きく涙が出ました。

でも助産師さんが声をたくさんかけてくれたので良かったです。

安心しました。

すがのウィメンズクリニックについて

出産した当時(2017年1月)の体験に基づく情報です。

1.選んだ理由は?

助産院、先生みなさん優しい上に、病院が出来たばかりのため、建物が綺麗で、料理もとても美味しいからです。

2.妊婦健診での待ち時間はどれくらいだった?

曜日、時間帯に限らず混んでおりましたが、少ない日もありました。

混んでいる時は、2時間待っていました。

3.費用はどれくらい?

妊婦検診は1回につき、1000円でした。入院、分娩費用の自己負担は2万円でした。

4.主治医の先生はどんな人?

いつも笑顔で迎えてくれてエコーの時も詳しく説明してくれましたし、異常がないか時間をかけてエコーを見てくれました。

診察が終わる際は絶対に何かあれば電話してくださいね等と声をかけてくれました。

ほんとに優しい方でした。

5.分娩に対応してくれた助産師さんはどんな人?

みなさんとても優しい方で、陣痛室にいる時は何回も様子を見に来てくれました。

「大丈夫?」と助産師さんは焦らずゆっくりと落ち着いて行動していました。

6.入院中の食事はどうだった?

しっかりと栄養バランスが考えられていた食事内容でした。

美味しかったです。

ですが、おかずの量がとても多かったのでびっくりしました。

7.設備やサービス

〇・・・あった
×・・・なかった

(〇)2Dエコーあり
(×)3Dエコーあり
(×)4Dエコーあり
(〇)母親学級あり
(×)両親学級あり
(〇)マタニティスポーツ(ヨガ・エアロビクス等)教室あり
(〇)個室あり
(〇)大部屋あり
(×)個室シャワーあり
(×)個室(病室)以外にくつろげる場所あり
(〇)食事用のラウンジあり
(×)売店あり
(×)小児科併設あり
(〇)助産師外来(母乳外来)併設あり

8.入院中に助産師さんから教わったこと

〇・・・あった
×・・・なかった

(〇)授乳指導(母乳のあげ方)
(〇)調乳指導(ミルクの作り方、あげ方)
(×)おむつ替え指導
(〇)沐浴指導
(×)新生児指導(健康管理の仕方や泣いている時の対処方法など)
(×)産褥期生活指導(産後の回復期におけるママの生活上の注意点など)
(×)家族計画指導(次の子供を作る際の注意点など)

※初産婦か経産婦かによっても指導内容がかわるものと考えられます。

9.どんな母乳指導された?

最初に母乳のマッサージをしてくれました。痛かったです。

赤ちゃんにおっぱいを吸わす時は、乳首を吸わせるんじゃなくて乳輪から口に吸わせてあげてくださいと教えてくれました。

10.退院後に助産師さんに相談したこと

沐浴の時間を何時にすれば良いのかなど聞きました。

11.新生児健診のタイミング

退院2週間と1ヵ月