「お七夜」の準備はこれで完璧!【命名書の書き方から料理のレシピまで】

生まれて初めてのお祝い事である「お七夜」。

出産の慌ただしさで、ついつい機会を逃してしまいがちですが、「お七夜」は赤ちゃんの健やかな成長を祈願する大事な風習です。

準備の仕方を漏れなく紹介します。

お七夜とは?




お七夜は「命名の儀」と呼ばれ、誕生して7日目の夜に、親戚一同に名前を披露して社会の一員として認めてもらう儀式です。

平安時代から伝わる日本の伝統的な風習です。

名前を発表するだけでなく、親戚一同を招き、無事に7日間育ったことを盛大にお祝いします。

かつては生まれて間もなく亡くなる赤ちゃんも多かったため、生後7日目は成長する見込みが立ったという大事な節目であると考えられていました。

尾頭付きの鯛などを振る舞い、赤ちゃんの健やかな成長を皆で祈るのです。

なお、お七夜を祝う「生後7日目」の数え方(計算方法)ですが、生まれた日を入れて7日目となります。

1月1日産まれであれば、1月7日がお七夜です。

現代のお七夜

今日のお七夜は、命名式の意味合いに加えて、ママの退院祝いを兼ねることがほとんどです。

そのため、ぴったり生後7日ではなく、退院日である5、6日目か、退院後の最初の休日などにお祝いをすることが多いようです。

そして、親族は呼ばずに、夫婦のみ、もしくは、祖父母だけを招くことがほとんどです。

退院したばかりの母親、赤ちゃんに無理をさせないことを第一に考えて、変化しているものと思われます。

お七夜で実施することとしては

  • 命名書の披露
  • 手形・足型をとる
  • 食事会
  • といったものです。

    命名書の書き方

    1.正式と略式

    命名書には、「正式」と「略式」があります。

    「正式」は奉書紙を3つ折りにして名前を書いていきます。

    しかし、ほとんどの家庭では「略式」を用い、半紙または色紙に書いていきます。


    【正式】
    oshichiya1
    【略式】
    oshichiya2

    正式は①~⑦まで
    略式は①~⑤までです。

    ①赤ちゃんの名前
    ②父の名前
    ③母の名前
    ④続柄
    ⑤生年月日
    ⑥お七夜の日付
    ⑦命名者

    2.誰が書くか?

    命名書の書き手は基本的に「命名者」です。

    かつては誰でも書の心得があったものですが、最近では筆が苦手な人も多いため、身内の中で最も毛筆が得意な人が書くことが一般的になっています。

    また、命名書をプロの業者に頼んで書いてもらうことも増えています。

    仕出し業者にお祝膳と注文すると、命名書もプレゼントしてくれるサービスもあります。

    とはいえ、字の上手い下手はあまり気にせず、命名者が愛情をこめて書くのが一番です。

    手形・足型




    出産した病院のサービスとして赤ちゃんの手形・足型をとるケースが一般的になっているため、お七夜で手形・足型をとるケースはあまりないようです。

    そもそも、お七夜で手形・足型を取るのは、ごく最近の習慣とされています。

    記念として取る場合もあるかと思いますので、やり方を紹介します。

    用意するもの

  • 色紙
  • 朱墨液
  • お皿
  • キッチンペーパー
  • 新聞紙
  • 手順

    1.新聞紙の上に「色紙」とお皿に入れた「朱墨液」を乗せる

    2.朱墨液にキッチンペーパーを浸す

    3.浸したキッチンペーパーの水分を軽く切り、赤ちゃんの足に塗る

    4.色紙に足を乗せる

    5.手も同様に行う

    6.「赤ちゃんの名前」と「取った日付」を記す

    赤ちゃんは基本的に手を握っているため形をとるのは難しいものです。

    失敗することを前提に、色紙は何枚か用意しておきましょう。

    料理

    food1

    お七夜料理の基本は、「赤飯」と「尾頭付きの鯛」です。

    これに、お造り(刺身)、煮物、吸い物、天ぷらなどを加えます。

    これらの料理を退院したばかりの母親が作ることはできません。

    体調の回復が第一なので、パパかお姑さんに作ってもらうか、仕出し業者に宅配してもらいましょう。

    メニュー(レシピ)

    お金をかけずに、パパでも簡単に用意できるお祝膳のメニューを紹介します。

    赤飯

    赤飯を蒸すのはとても時間がかかるため、スーパーで購入しましょう。

    焼き物

    近所のスーパーやお魚屋さんで事前に「尾頭付きの鯛」を予約しておきましょう。

    予約する際には、鱗と内臓の処理をしてもらうようにお願いしましょう。

    (作り方)
    1.塩を両面とお腹の中にふって10分程度置く
    2.鯛にバツ印に切込みを入れる
    3.化粧塩をつける(背びれ、尾ひれ、胸ひれ)
    4.焼きあがった時に尻尾が上がるように、尾ひれの下にアルミホイルを丸めて置く
    5.250度のオーブンで20分焼く

    お造り

    尾頭付きの鯛とあわせて、お造りを頼んでおきましょう。

    魚の種類は、マグロ、鯛、イカの3種類もあれば十分です。

    煮物

    煮物の食材は多数ありますが、シンプルに里芋、人参、しいたけの煮物を作ります。

    (作り方)
    1.里芋、人参の皮をむき、ひと口大に切る
    2.しいたけに十字の切込みを入れる
    3.鍋に食材と浸る程度の水とお酒(大さじ3)、砂糖(大さじ1)を入れる
    4.沸騰してから5分程度弱火で煮る
    5.市販の鍋に白だし(大さじ2)入れ、キッチンペーパーで落し蓋をする
    6.弱火で10分程度煮たら、竹串で刺して柔らかければ完成

    この煮物に加えて、「昆布巻き」も小鉢に盛り付けましょう。

    「昆布巻き」も作るには手間がかかるため、スーパーで売られているもので代用しましょう。

    天ぷら

    煮物と同じく天ぷらにも多数の食材があります。

    エビを主役にして、野菜が2種類あれば十分豪華です。

    エビは、殻がむいてある冷凍のむき海老を買います。

    解凍後、竹串を使って背ワタをとり、尻尾の先(剣先)を包丁で切り落としてから揚げましょう。
    市販の「天ぷら粉」を使えば、誰でも簡単にカラッと揚げることができます。

    また、野菜は旬のものを選びましょう。

    春:たけのこ、ごぼう、たまねぎ
    夏:かぼちゃ、大葉、インゲン、おくら
    秋:さつまいも、ナス、舞茸、エリンギ
    冬:菜の花、春菊、レンコン

    吸い物

    紅白の麩を使った簡単な吸い物を紹介します。

    (作り方)
    1.お椀に市販の白だしを入れる
    2.熱湯を注ぐ
    3.紅白麩をいれる
    4.三つ葉を飾る

    白だしの分量は、商品ごとの使い方に沿って決めてください。

    水菓子

    旬の果物を2~3種類使って、ガラスの小鉢に盛り付けましょう。

    春:さくらんぼ、もも、びわ
    夏:すいか、メロン、梨
    秋:柿、リンゴ、ぶどう
    冬:イチゴ、みかん

    お七夜の便利グッズ

    慶事の準備には手間がかかるもの。

    そこで、簡単にお七夜の準備ができる便利グッズを紹介します。

    1.お誕生記録 命名紙セット



    amazon-link2

    命名書とアルバム、手形・足型の色紙がセットになった商品です。

    誕生の記念として残したいものが1つにまとめられるので、とても便利です。

    2.シャチハタ 手形スタンプ



    amazon-link2

    手形・足型を取るには、少々慣れが必要ですが、このスタンプを使えば、誰でも簡単に取ることができます。

    周りを汚さなくても済むので、お宮参りや初節句などの節目ごとに成長の記録として手軽に手形を取ることができるようになります。

    3.命名軸



    amazon-link2

    せっかくなら掛け軸を使って命名書を残したいという方におすすめの商品です。

    色紙よりも格式高い雰囲気がでます。

    本日の人気記事

    本日の人気記事

    年間1万2千円も節約できる!?お得なオムツの買い方とは?
    どのお店でオムツを買うと一番安いか知っていますか? お店ごとにパッケージに入っている枚数も値段も違うので、どこが安...
    スポンサーリンク
    アドセンス
    アドセンス