【私の出産体験記】筑波学園病院で産みました。

茨城県にある筑波学園病院で出産したママの体験記を紹介します。


※個人の体験に基づく口コミ記事です。医療機関に対する客観的な評価・評判ではありません。

出産体験記

1.妊婦健診中の印象に残った体験

妊婦検診も後半になってきたころに、研修生がいるので立ち会ってもいいか聞かれました。

狭い部屋でしたが1人くらいならいいかと思い了承しました。

そして、エコーの時に現れた研修生は3人でした。

私の隣に主人、助産師さんが2人いて、部屋がギュウギュウで少し苦笑いでした。

そんな中、熱気で温まったのか、お腹がポコポコ動きはじめ、皆んなが見ているときに、大きなあくびがエコーに映りました。

妊娠中は少しの事でイライラしてしまったりする事が多くありますが、研修生の未来のために協力してやりなさいと子供から言われた気がしました。

2.お産の体験

夜の9時頃にお腹を下しました。最初はアイスのせいだと思っていました。

15~20分置きにお腹が痛くなるので、「陣痛かな?」と思ったりもしましたが、その度にトイレで下痢が出たので、完全にただの下痢だと思い込み、就寝しました。

規則的な陣痛は夜中2時頃にはじまりました。

子宮が収縮するような痛みを感じ、携帯アプリで痛みの間隔を測っていました。

間隔は8分で思ったよりも短かかったため、慌てて病院へ連絡すると「入院バッグを持って来院して下さい」と言われました。

そこから朝食まで間隔が変わらない状態でした。

正午近くなる頃には痛みが強くなり、寝ても、座っても、立っても楽な姿勢がなく、ただただ耐える時間が始まりました。

ようやく陣痛室へ移動して、モニターと睨めっこしながら、先生の内診が何度か繰り返しありました。

痛みもピークになったところで破水して分娩室に移動しました。

最終的に産まれたのは17時半でした。

3.赤ちゃんが生まれた瞬間!

やっと終わった。ちゃんと泣いてる。良かった。

と言って、主人と労いあいました。

4.入院中の体験

入院した日は、たまたま私を含め2人しかおらず、もう1人方とお喋りを楽しんだのを覚えています。

その方は経産婦さんで2人目の出産でした。

なにもかもが初めての私に、育児や夫婦の生活のこと、会話の変化など、様々な事を教えて頂けました。

入院中は母子同室なので、初めて経験する夜泣きと授乳で身体はフラフラ、心は右往左往していました。

そんな時、先輩ママさんとの授乳室での会話は私にとって癒しで、とても尊い時間でした。

5.筑波学園病院で産んで「よかったな!」と思う体験

総合病院なので、安心して出産に望む事ができました。

診ていただいた先生は、自分の性格にあった経験豊富な医師で、治療や検査がスムーズかつ丁寧でした。

また、助産師さん達が明るく、親切なので、初産に対する不安や心配を丁寧に解消してくれました。

6.通院・入院中の「残念」な体験

どこの病院も変わらないとはおもいますが、検診の待ち時間は長く感じられました。

また、合わない先生に当たってしまった時がありました。

その先生は、声が小さく、早口で聞き取りにくい先生でした。

エコーも充分に見せてくれず、月の検診までモヤモヤしたのを覚えています。

【都道府県別】出産体験記が読める産院・病院一覧
先輩ママの貴重な出産体験記が読める全国47都道府県の産院・病院を紹介します。 産院探しや出産を理解する勉強のために...

筑波学園病院について

2017年4月に第1子を出産した当時の体験に基づく情報です。

1.選んだ理由は?

以下の理由でこちらの病院を選びました。

・不妊症の治療でずっと通院していたため。
・出産は100%安全とは限らないので、総合病院での出産を希望していたため。
・婦人科、産科の先生が多く、自分に合った先生に出会う事ができたため。
・私の地元はつくば市ではなく産科もなかったため。

助産師さん達が、若い・ベテランさん問わず、どの方も丁寧で親切でした。

2.妊婦健診での待ち時間はどれくらいだった?

予約をしていれば、もの凄く待つという事はなかっと思います。

婦人科・不妊治療の時は、予約外だと2時間くらい、予約だと1時間くらい待つ時がありました。

3.費用はどれくらい?

妊婦検診では、町からの助成があったので、ほぼ支払いはありませんでした。

血液検査等の検査がある時だけ、3000~5000円くらいは払ったかもしれません。

分娩費用は事前に20万円を支払います。

その後、入院・出産で、痛み止めやその他の処置などをしてもらい、5~6万お支払いしました。

普通分娩、会陰切開無しでした。

4.主治医の先生はどんな人?

主に女性の医師に診て頂いておりました。同性という事もあり、安心して検診、相談をする事ができました。

先生は、とてもハキハキしていて、カッコいい女性という雰囲気でした。

なんでもスパッと答えてくれるので、妊娠中の不安はあまり感じませんでした。

5.分娩に対応してくれた助産師さんはどんな人?

担当してくださった助産師さんは、年配の方で、話し方や行動、どれを見てもベテランさんという感じでした。

痛みが強く泣き言を言う私をぎゅっと抱きしめて、「大丈夫!赤ちゃんも一生懸命頑張ってるよ!あなたなら大丈夫!」と何度も声をかけてくれたのを覚えています。

6.入院中の食事はどうだった?

お祝い膳などのメニューがあり、美味しく頂きました。

ご飯の盛りも良かったです。

7.設備やサービス

〇・・・あった
×・・・なかった

(〇)2Dエコーあり
(×)3Dエコーあり
(×)4Dエコーあり
(〇)母親学級あり
(〇)両親学級あり
(〇)マタニティスポーツ(ヨガ・エアロビクス等)教室あり
(〇)個室あり
(〇)大部屋あり
(〇)個室シャワーあり
(〇)個室(病室)以外にくつろげる場所あり
(〇)食事用のラウンジあり
(〇)売店あり
(〇)小児科併設あり
(〇)助産師外来(母乳外来)併設あり

8.入院中に助産師さんから教わったこと

〇・・・あった
×・・・なかった

(〇)授乳指導(母乳のあげ方)
(〇)調乳指導(ミルクの作り方、あげ方)
(〇)おむつ替え指導
(〇)沐浴指導
(〇)新生児指導(健康管理の仕方や泣いている時の対処方法など)
(〇)産褥期生活指導(産後の回復期におけるママの生活上の注意点など)
(〇)家族計画指導(次の子供を作る際の注意点など)

※初産婦か経産婦かによっても指導内容がかわるものと考えられます。

9.どんな育児指導された?

中々上手く授乳できず、乳首が切れてしまい痛い思いをしていました。

その時に、自分の想像よりもしっかり赤ちゃんの口に乳首を咥えさせることを学びました。

10.新生児健診のタイミング

1か月検診