【私の出産体験記】ひたちなか母と子の病院で産みました。

茨城県にあるひたちなか母と子の病院で出産したママの体験記を紹介します。


※個人の体験に基づく口コミ記事です。医療機関に対する客観的な評価・評判ではありません。

出産体験記

1.妊婦健診中の印象に残った体験

妊娠後期に入り、たまに前駆陣痛がありました。

しかし、その日はお腹の張りがおさまららず、普段とは違う痛みが続いたため連絡をして旦那とともに病院に行きました。

エコーや触診、超音波で何も異常が見つからず、NSTでも特に問題なかったため、その日診てもらった先生に『ただの食べすぎじゃないの?便秘じゃない?』と腹痛を訴える私に言い放ちました。

実際、下剤と鉄剤を以前から処方されており、出産に向けて服用していました。

しかし、問題点が見つからないからと言って冷たく言われたことは忘れられません。

2.お産の体験

夜中の2時くらいからお腹が痛くなり、まさかなと思いながら間隔を測ると10分間隔で痛みが来ていました。

陣痛がどんなものかわからなかったため、朝8時まで1人で痛みに耐え、母に相談して病院に送ってもらいました。

病院についた時には、まだ子宮口も1cmで今日は産まれそうもないねと言われ、心が折れました。

その後、母が帰宅し、入れ違いで旦那が病院にきてくれたのですが、「生まれるようにオロナミンCでも買ってくる!」と出かけたときに、破水しました。

そこからはあれよあれよと子宮口が広がり、それに伴い陣痛の間隔もどんどん短くなり、旦那が帰ってくる頃には、分娩台に上がるように言われました。

旦那がいきみ逃しをしてくれますが、耐えられなくなり、泣きそうになっていると、先生が登場し、もう生んでいいよと許可がでたので、出産しました。

3.赤ちゃんが生まれた瞬間!

生まれた瞬間は「やっと終わったー!」という達成感とスッキリ感、赤ちゃんが元気だという安堵感でいっぱいでした。

そのため、生まれた感動や我が子を見てかわいいと思うのには時間がかかりました。

4.入院中の体験

同じ日に生まれた子が4人いました。

沐浴指導やお祝い膳などのスケジュールがほぼ同じ時間で組まれていたため、行動を共にすることが多く自然と仲良くなりました。

授乳室に1日2回行くのですが、そこでも会話をしながら過ごしていたので、面会時間まで寂しい思いをすることはありませんでした。

自分の部屋にいても助産師さんや看護師さんが、様子を見にきたり、検温や採血に来られるので、1人で悩んだり不安になることはなかったです。

5.ひたちなか母と子の病院で産んで「よかったな!」と思う体験

看護師さん、助産師さんが優しくて救われました。

切迫流産で入院したときも毎日励ましてくれました。

通院中の食事指導、出産後の育児指導でも親身になって話しを聞いてくれて、第2の母というような存在で、ここを選んで良かったと思いました。

6.通院・入院中の「残念」な体験

残念に思ったことは、とにかく待ち時間が長いことです。

悪阻がひどかったため、検診の予約が出来るようになるまでの時期は、いつ呼ばれるのかも分からない状況で待っていたため本当につらかったです。

先輩ママの貴重な出産体験記が読める全国47都道府県の産院・病院を紹介します。 産院探しや出産を理解する勉強のために...

ひたちなか母と子の病院について

2018年10月に第1子を出産した当時の体験に基づく情報です。

1.選んだ理由は?

以下の理由でこちらの病院を選びました。

・友達が出産していたため
・とてもきれいな病院なため
・家から近いため

2.妊婦健診での待ち時間はどれくらいだった?

1人だけ女医さんがいます。

とても丁寧な先生で人気があるため、女医さんの日は午前中に診察を予約しても、会計を終わって帰る頃には午後ということが当たり前でした。

3.費用はどれくらい?

妊婦検診は、初回の5000円のみ現金で支払い、それ以降は受給券で賄えました。

入院・分娩費用は、休日だったので6万円弱ほどでした。

4.主治医の先生はどんな人?

あまり会話もなく淡々と検診が進む先生が1人いました。

「怖いなー」と思っていたのですが、赤ちゃんのことを第一に考えている先生ということを聞き、こちらから質問すれば丁寧に教えてくれました。

エコー中も異常がないか集中して見てくれているようで、その後は安心して検診に通えました。

5.分娩に対応してくれた助産師さんはどんな人?

自分が楽だと思っている体勢でいると「言ったとおりにしなさい!」と言われました。

怖かったので、一言も泣き言を言わず静かに痛みに耐えてました。

分娩台上がってアドバイス通りにしていると出産が進んでいきました。

とても頼りになる助産師さんでした。

6.入院中の食事はどうだった?

ボリュームがあって、盛り付けがきれいで、味付けも美味しかったので毎日の食事が楽しみでした。

お祝い膳やバイキングもあるのでとても幸せな時間を過ごさせてもらいました。

7.設備やサービス

〇・・・あった
×・・・なかった

(〇)2Dエコーあり
(×)3Dエコーあり
(×)4Dエコーあり
(〇)母親学級あり
(〇)両親学級あり
(×)マタニティスポーツ(ヨガ・エアロビクス等)教室あり
(〇)個室あり
(〇)大部屋あり
(×)個室シャワーあり
(〇)個室(病室)以外にくつろげる場所あり
(〇)食事用のラウンジあり
(×)売店あり
(×)小児科併設あり
(〇)助産師外来(母乳外来)併設あり

8.入院中に助産師さんから教わったこと

〇・・・あった
×・・・なかった

(〇)授乳指導(母乳のあげ方)
(〇)調乳指導(ミルクの作り方、あげ方)
(〇)おむつ替え指導
(〇)沐浴指導
(〇)新生児指導(健康管理の仕方や泣いている時の対処方法など)
(〇)産褥期生活指導(産後の回復期におけるママの生活上の注意点など)
(〇)家族計画指導(次の子供を作る際の注意点など)

※初産婦か経産婦かによっても指導内容がかわるものと考えられます。

9.どんな育児指導された?

沐浴指導では、実際に人形を使って指導してもらいました。

病院で使用している石鹸や、あると良いものなど丁寧に教えてくださったので、退院後は参考にしました。

また、希望者は実際に見てもらいながら個別指導してくださいました。

10.新生児健診のタイミング

生後1ヶ月
https://cawaiku.com/child/pregnancy/ibaraki-10038

スポンサーリンク
アドセンス
アドセンス

このコラムを「ツイート」「シェア」する

今日の人気コラム

本当に安くおむつを買うなら・・・【PR】