『咳』が出る乳児・新生児の病気一覧【かぜ、気管支炎、喘息、肺炎など】

0歳の赤ちゃんが咳をするとき、どのような病気が疑われるでしょうか?

咳の症状を伴う病気の種類について解説します。

咳の症状がでる病気の種類

mask

1.かぜ症候群

鼻、のど、喉頭、気管支などの粘膜が急性の炎症になる病気の総称です。

原因

かぜのほとんどは、ウィルスが原因です。

ウィルスにも多くの種類があり、感染したウィルスの種類によって、炎症する場所や症状が異なります。

『咳』以外の症状

発熱、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、喉の痛みが、主な症状です。

治療

治療薬はありません。

暖かくして、安静にし、水分をしっかり補給することで3~4日でよくなります。

医療機関を受診すると、せきや鼻水の症状を和らげる薬が処方されます。

細菌による2次感染の兆候がある場合には、抗生物質を処方されることがあります。

2.インフルエンザ

乾燥した冬季から春ごろまで流行する呼吸器の感染症です。

原因

インフルエンザウィルスが呼吸器官に感染することで発症します。

インフルエンザにはA型、B型という種類があり、毎年、流行する種類が変わります。

生後6か月を過ぎると予防接種が受けることができます。

『咳』以外の症状

高熱(39度近い)、寒さによる震え、筋肉や関節の痛み

治療

インフルエンザには、「リレンザ」「タミフル」といった抗インフルエンザ薬(特効薬)がありますが、残念ながら安全性の問題で、1歳未満の新生児・乳児への投与ができません。

そのため解熱剤を使い、安静にして回復を待ちます。

一方、インフルエンザは重症化すると「肺炎」や「インフルエンザ脳症」に発展することがあります。

医師の診断により、どちらかに罹患している場合には入院が必要となります。

入院すると「ラピアクタ」と呼ばれる抗インフルエンザ薬を使用する場合があります。

3.喉頭気管支炎(クループ症候群)

声を出す「声帯」の周辺は「喉頭」と呼ばれています。

この「喉頭」や「気管支」にウィルスが感染して炎症をおこす病気です。

原因

様々なウィルスが原因です。

中でも「(ヒト)パラインフルエンザウィルス」が多く、春ごろに流行します。

『咳』以外の症状

発熱、声がかれる、苦しそうな呼吸

犬が吠えるような声で咳が出るのが特徴です。

治療

特効薬はないため、呼吸を楽にする薬など症状を緩和する薬が処方されます。

加湿や水分補給を行い、安静にしていれば、3~4日で回復します。

呼吸窮迫が強い場合は、入院が必要となります。

4.細気管支炎

細気管支(気管が枝分かれした先端部分)にウィルスが感染することで炎症が起きる病気です。

原因

様々なウィルスが原因で発症します。

主に、冬の時期に流行するRSウィルスが原因となることが多いです。

『咳』以外の症状

発熱、鼻水、痰、呼吸が早くなる

治療

特効薬はないため、症状を緩和する薬が処方されます。

なお、RSウィルスで重症化しやすい低体重児の赤ちゃんに対しは、予防のために「シナジス(抗RSV抗体パリビズマブ)」とよばれる抗体注射を投与することができます。

5.肺炎

肺にウィルスや細菌が感染することで発症する病気です。

原因

かぜやインフルエンザ等の後に、細菌に感染し、肺に炎症が広がることで発症します。

また、生後3ヶ月までの新生児・乳児は母子感染によってクラミジア肺炎になることがあります。

『咳』以外の症状

発熱、痰、元気がない、食欲不振、嘔吐

クラミジア肺炎の場合は、熱の症状がなく、痰や喘鳴(ぜんめい)があります。

治療

入院して、感染したウィルス・細菌に合わせて抗ウィルス剤、抗生剤が投与されます。

6.小児喘息(ぜんそく)

気道が炎症により狭くなることで呼吸困難を引き起こす病気です。

原因

喘息は、遺伝、ダニ、タバコの煙、空気環境、気候など様々な原因が考えられます。

『咳』以外の症状

ヒューヒュー・ゼーゼーという「喘鳴」、呼吸困難

治療

アレルギーが原因であれば、検査によってアレルゲンを特定し、生活上、それらを避けるようにします。

発作が起きた場合には、ステロイドを投与します。

7.気道内異物

多くの気道内異物は、ほこりなどを吸ってしまったと時に、それを外に出そうして反射的に咳を出します。

こうした場合は、一時的な咳の発作となります。

一方で、誤飲・誤嚥によって、喉や気管に異物が詰まったときは、激しい咳や肺炎を引き起こします。

原因

食べ物が気道に入り込んだり、食べ物以外のものを口に入れて喉に詰まることが原因です。

『咳』以外の症状

窒息、むせる

治療

手術等で異物を除去します。


赤ちゃんに咳の症状があった場合、病院に行くかどうかの目安はこちらの記事で確認できます。
乳児が「咳」をした時、病院に行くべき【緊急度別】の目安
0歳の新生児・乳児が咳をすると、とても心配になると思います。 どんな場合に、医療機関を受診するべきか解説します。 ...


(参考出典)
メルクマニュアル医学百科
小泉重田小児科
大阪府立公衆衛生研究所
横浜市衛生研究所
山口県感染症情報センター

スポンサーリンク
アドセンス
アドセンス
本日の人気記事

本日の人気記事

年間1万2千円も節約できる!?お得なオムツの買い方とは?
どのお店でオムツを買うと一番安いか知っていますか? お店ごとにパッケージに入っている枚数も値段も違うので、どこが安...