「お宮参り」の基本―いつ・どこへ・誰と行けばいい?いくらかかる?―

出産を期に、赤ちゃんのために様々な儀式が行われます。

その一つが「お宮参り」です。

「出産して初めて知った!」というママ・パパも多いのではないでしょうか?

そこで、お宮参りの基礎知識を紹介します。

お宮参りとは?

0-baby43

お宮参りとは、地域の氏神(産土神)に赤ちゃんの誕生を報告し「氏子」入りするための儀式です。

地域の守り神である氏神の「氏子」になることで、赤ちゃんが健やかに成長することを願うのです。

昔は、病気や飢餓などによって、赤ちゃんが亡くなりやすかったため、成長の節目ごとに神様に感謝するお宮参りのような儀式が行われていたのです。

お宮参りは地域によって「初宮参り」または「初宮詣」とも言われます。

いつ行けばいいか?

calendar

お宮参りは

男の子 : 生後31日目
女の子 : 生後33日目

とされています。

しかし、実際には地域によって異なるため、祖父母や参拝予定の神社に聞いてみるといいでしょう。

特別、日取りが決まっていなければ、
生後30日を過ぎた「吉日」
に行くことが一般的です。

また近年は、暑さ、寒さの厳しい日のお宮参りを避け、気候が穏やかになる春や秋を待ってお宮参りするケースも増えています。

お宮参りは民間信仰であるため、厳しい仕来たりのある家を除いては「いつまでに済ませなければならない」という決まりはありません。

お宮参りは、あくまでも赤ちゃんの健康を願いための行事ですから、氏神様に対する感謝の想いを持って参拝すれば、30日前後にこだわる必要はないのです。

むしろ、まだ生まれたばかりで体の弱い赤ちゃんに無理をさせるのは本末転倒というものです。

3ヵ月から半年以内を目安にお宮参りを済ませればいいでしょう。

誰と行けばいいか?

jinja4

お宮参りの同行者は

赤ちゃん
お父さん
お母さん
父方の祖母

が基本となります。

この4名に加えて、赤ちゃんの兄姉、父方の祖父、母方の祖父母などが参列します。

参拝する際には、父方の母が赤ちゃんを抱っこします。

現在では、お産後の母親の体を気遣って、祖母が抱くものと考えられていますが、本来は、母親のお産による「穢れ」を払う意味合いもお宮参りにあったため、お祓い前の母親に代わって祖母が抱くものとされていたのです。

なお、地域によっては母方の祖母が抱っこする場合があります。

どこに行けばいいか?

jinja5

お宮参りは、赤ちゃんが産まれた土地の「土産神(うぶすながみ)」の氏子になる儀式であるため、一般的に
赤ちゃん(家族)が暮らす居住地の氏神(神社)
に参拝します。

ただし、長男(跡取り)などの場合は本籍地である実家の氏神を参拝するケースもあるようです。

この場合、生後1か月で遠出することは難しいため、お盆や正月などで帰省した際にお宮参りに行きます。

なお、居住地の氏神がどこかわからない場合は、近隣の神社に電話などで聞いてみましょう。

それぞれの神社には「氏子区域」というものが決まってきます。

居住地が氏子区域に含まれている神社に参拝しましょう。

どうしてもわからない場合には、宮司がいる一定規模の神社に参拝し、祈祷をしてもらいましょう。

玉串料(初穂料)の相場は?

money2
正式なお宮参りでは、神社の宮司に祈祷をしてもらい祝詞(のりと)をあげてもらいます。

この時、玉串料(初穂料)を納めます。

神社によっては、お宮参りの玉串料(初穂料)の金額を掲示しています。

もし、料金が分からない場合は、5,000円が最低限の相場と考えて間違いありません。

あとは、気持ちの問題なので、10,000円以上の金額を納めても構いません。

通常、神社では金額によってご利益(ごりやく)に差はないと説明しておりますが、祈祷の形式が金額が上がると多少変わるようです。

玉串料(初穂料)の熨斗(のし)の書き方

noshi14
熨斗袋は、紅白の蝶結びの水引きを使います。

表書きは上段に「御玉串料」まはた「御初穂料」と書き、下段に赤ちゃんの名前を書きます。

当日、神社の社務所で納めます。

近年のお宮参り

jinja2

近年は、核家族化とともに先祖代々、氏神を信仰しているケースが少なくなり、氏子になるために「お宮参り」をするという意識が希薄になっています。

そのため、地域や家の伝統に根付いた参拝というよりも、初詣のように、単なる慣習としてお参りをすることが多くなっています。

その結果、祈祷などは行わず、参拝だけして、記念撮影をするという形式が一般的になっています。

特に写真スタジオでは、豪華な衣装をレンタルして、プロのカメラマンに撮影してもらえるため、参拝よりも写真撮影がメインの行事になりつつあります。

時代が変わって、儀式の形態が変わったとしても、子の健やかな成長を願う想いは、今後も変わらないことでしょう。

スポンサーリンク
アドセンス
アドセンス
本日の人気記事

本日の人気記事

年間1万2千円も節約できる!?お得なオムツの買い方とは?
どのお店でオムツを買うと一番安いか知っていますか? お店ごとにパッケージに入っている枚数も値段も違うので、どこが安...