生後5~6カ月の体の発達とお世話(まとめ)

5~6か月は、寝返りがうてるようになり、離乳食も始まる時期です。
首がしっかりと座るので、赤ちゃんが喜ぶ様々なふれあい遊びもできるようになります。

5~6か月児の体の発達

0-baby7

※発達には個人差があります。不安なことがあれば、かかりつけの小児科で相談しましょう。

身長

5~6か月未満
⇒女子65.3cm(±4.3cm)
⇒男子67.1cm(±4.2cm)

6~7か月未満
⇒女子66.8cm(±4.3cm)
⇒男子68.6cm(±4.2cm)

体重

5~6か月未満
⇒女子7.17kg(±1.4kg)
⇒男子7.72kg(±1.5kg)

6~7か月未満
⇒女子7.47kg(±1.4kg)
⇒男子8.04kg(±1.5kg)

この頃、体重の増加は緩やかになってきます。1日約10~15g程度の増加となります。

目と心

母親などいつもお世話をしている人の顔を認識するようにあります。

身近な人が、あやしたり、抱っこをすると、他人にされるよりも喜ぶしぐさをします。

早ければ、6か月頃から人見知りが始まる子もいます。

5本の指の間を開くことができるようになり、上手にモノをつかむことができるようになります。
また、ものが視界に入り興味を持つと、自分から手を伸ばしてとろうとします。

消化機能が発達して、よだれが多くなります。離乳食が始められるサインのひとつです。

歯が生えてきます。場所は、下の前歯(真ん中)の2本です。歯が出ていない部分も歯茎が硬くなってきます。

動き

全身の筋肉が発達し、寝返りが打てるようになります。

6カ月を過ぎる頃には寝返りを繰り返して移動できる子もいます。

うつ伏せの姿勢で、同時に両手両足を上げる「飛行機ポーズ」ができるようになります。

おすわりは完全にはできません。
大人が支える必要があるか、または、一人だと背中を丸めて、数分程度なんとか座っていられるという状態です。

5~6か月児のお世話

meal1

夜は長い時間眠れるようになりますが、夜泣きに悩まされることも

日中は3~4時間程度お昼寝をして、夜は9~10時間続けて眠るという、生活のリズムになります。

一方で、夜泣きもよくします。

この頃の夜泣きは、心や体の発達に伴い、様々な刺激を受けて興奮することも原因と考えられています。

夜泣きをしたら、添い乳をする、白湯を飲ませる、体をやさしくトントンするなどして、落ち着かせます。

また、夜にぐっすり眠れるように、日中は、散歩や遊びで運動することも効果的です。

起きる時間、寝る時間、食事を食べる時間、遊ぶ時間など、毎日の生活リズムを一定にして、生活習慣を整えましょう。

離乳食は1日1回からはじめよう

5か月を過ぎて、消化器官が発達して、よだれが多くなり始めると、離乳食を始めることができる目安です。

5~6カ月頃の離乳食は、「ゴックン期」と言われています。

母乳だけでは足りない栄養を補うことが目的ではなく、「赤ちゃんがスプーンを口に入れること」、「母乳以外の味のものを飲み込むこと」に慣ならすことが主な目的となります。

まずは、膝の上で赤ちゃんを抱えて、何も入っていないスプーンを口に入れてあげましょう。

嫌がらなければ、そのまま麦茶や野菜スープを口に入れてあげましょう。

最初は1日1回から初めます。

順調に離乳食を飲み込むようであれば、離乳食を初めて1カ月後くらいから1日2回に増やします。

最初は。焦る必要はありません。

赤ちゃんが、離乳食を吐き出す、スプーンを口に入れさせない、などの嫌がる様子があれば休憩をしましょう。

歯が生えていれば、食事後にはガーゼで歯を拭いてあげましょう。歯磨きの代わりです。

はじめての発熱は、突発性発疹

赤ちゃんは生まれながらに、いくつかの免疫を持っています。特に、母親の胎盤から譲り受けた免疫は、新生児から乳児期にかけて、病気の予防に重要な役割を果たしています。

しかし、3か月を過ぎると、この免疫が大きく低下し、5~6カ月ころにはほとんどなくなります。

そのため、4か月頃から、生まれて初めて発熱を伴う病気にかかることになります。

初めての病気は、多くの赤ちゃんの場合、突発性発疹にかかります。

突然、熱が出て、38~40度の熱が3日程度続きます。

しっかりと水分補給をして、念のため、かかりつけの小児科を受診しましょう。

突発性発疹による病状の特徴として、熱があっても赤ちゃん自身は、意外に元気ということが挙げられます。

熱が下がった後には、お腹まわりを中心に、赤い発疹が現れます。

発疹は残ることはありません。数日後には消えます。

5~6か月児の遊び

0-baby8

体を揺らす「ふれあい遊び」で全身の筋肉の発達を促す

5か月には、首がしっかりすわっているので、「高い、高い」などの体を揺らす遊びを取り入れることができます。

この遊びは、バランス感覚を発達させるとともに、体のバランスを維持するための筋肉の発達も促します。

怖がることや、首が支えきれないこともあるので、最初はゆっくりと、低い位置まで体を持ち上げましょう。

慣れてきたら徐々に高くしていきます。

また、「すべり台」という遊びもあります。

これは、まず、お母さんがソファーに座り、地面に足を付けて膝を伸ばした姿勢になります。

そして、膝の上に座らせた赤ちゃんを、「すべり台」のようにして、足の上から滑り降ろします。

赤ちゃんは、体を持ち上げたり、下げたりする遊びが大好きで、笑顔で喜びます。

続いて、赤ちゃんが自力で体を動かす遊びを説明します。

赤ちゃんが興味を持ちそうな、おもちゃを少し遠くにおいて、寝返りで触れるところまで、移動するように促すようにします。

今度は、うつ伏せの状態にして、握りやすい布製ボールやハンカチなどを、手の届く範囲の体の周辺に散らしておいて、体をよじって、探索することを促す遊びもできます。

いずれの遊びの中でも、ママ・パパが楽しそうな声かけをたくさんすることが大切です。

こうすることで、体だけでなく心の発達にもつながります。

外出先には、運動できる場所をコースに入れよう

この頃は、首が座り、ベビーカーの背もたれを起こすことができるようになります。
そのため、外の景色をじっくりと眺めることができて気分転換になります。

また、親の買い物や外食などにも赤ちゃんを連れだす機会も増えてくることでしょう。

そんなとき、ずっとベビーカーに乗せたままというのは考えもの。

気候が良ければレジャーシートを敷いて、その上で腹這いをさせたり、ショッピングモールやスーパーのキッズスペースで、同じく腹這いをして、遊ぶ時間を作ってあげるとよいでしょう。

キッズスペースは、小さな子が走り回っているので、側にいて目を離さないようにする必要があります。

小さなお兄さん・お姉さん達が赤ちゃんに興味を持ち、遊んでくれることもあります。

生後7~8カ月の体の発達とお世話(まとめ)
7~8か月は、一人で「お座り」ができるようになり、「ずりばい」や「はいはい」などでの移動が始まります。 ますます動...
生後3~4カ月の体の発達とお世話(まとめ)
3~4か月では首がすわり、体の成長と共に運動機能が大きく発達します。 赤ちゃんらしい笑顔がでて、親にとってはますます可...