初めてでも簡単!「お食い初め」の基本と準備品(食器・メニュー・歯固め石)

生後100日目にお祝いする「お食い初め」。

一生にたった1度だけある「お食い初め」の儀式では、慣れない料理や歯固め石の準備に四苦八苦することでしょう。

そこで、初めて準備するママ・パパのためにポイントをわかりやすく解説します。

お食い初めの基礎知識

food4

1.お食い初めの意味とは?

お食い初めは「100日の祝い」とも呼ばれており、生後100日目の祝うと共に、乳歯が生え始めてくる時期でもあるため、「一生、食べることに困らないように」との願いを込めて、尾頭付きの鯛を始めとした「お祝膳」と「歯固め石」でお祝いをします。

2.生後100日目はいつ?

お食い初めは、「生後100日目」に行われるお祝いです。

誕生日を1日目として、100日目にあたる日が「お食い初め」の日となります。

なお、地域のよっては110日目や120日目に「お食い初め」を行う習慣があります。

食器の用意

food2

1.必要な食器の種類

正式には次の3種類の食器を用意します。

  • 漆塗りの高台のお膳(2つ以上)
  • 漆塗りのお椀(4つ以上)
  • 柳のお箸
  • お膳が2つ以上必要な理由は、4つのお椀(一汁三菜)を乗せるお膳と、鯛を乗せるお膳の2つが最低限必要だからです。

    あとは、作る料理の数によって、お膳やお椀の数を増やします。

    お祝いに参加する全員分の食器を用意すると、とても高くなるため、写真用として1セットだけレンタルする家庭が増えています。

    また、伝統的な形式にとらわれず、赤ちゃんが離乳食で使う食器セットに料理を盛ってお祝いするという家庭も最近では多くあります。

    2.「男の子」と「女の子」の食器の違い

    男女で食器の「色」を変えるという習わしがあります。

    男の子には、全て朱色(赤)の食器を使い、女の子には、内側が朱色、外側が黒の食器を使います。

    全て朱色の食器は高価であったため、跡取りである男の子が生まれた時に購入する習慣があったようです。

    3.食器セットの購入・レンタル


    お食い初め漆塗り食器セット【男の子用】

    amazon-link2


    お食い初め漆塗り食器セット【女の子用】

    amazon-link2

    一生に一度のことだから、格式高くお祝いをしてあげたいという家庭におすすめの漆塗りのセットです。


    お食い初め 食器セット【レンタル】

    rakuten-link

    たった1回のことなので、食器を買うには抵抗があるというご家庭にはこちらのレンタルがお勧めです。


    ミッフィー イングレース食器 「円(まどか)」 お食い始めセット

    amazon-link2

    せっかく食器を買うのであれば、これから成長するまで使えるものが欲しいというご家庭にお勧めです。

    乳幼児用の食器でありながら、お祝の雰囲気がでるお椀とお膳がセットになっています。


    コンビ くまのプーさんベビー食器セット

    amazon-link2

    お祝は料理だけで十分と言うご家庭には、実用的な離乳食食器であるこちらがおすすめです。

    お祝い事箸(柳)3膳セット

    amazon-link2

    お客様用にお祝いの橋が必要な場合は、柳の白木でつくられたものを用意しましょう。

    料理の用意

    food1

    1.メニュー

    「お食い初め」で用意する料理の基本は、

    「一汁三菜」+「尾頭付きの鯛」

    です。

    一汁三菜の中身は、

    赤飯、吸い物、煮物、酢の物

    です。

    吸い物、煮物、酢の物についての具体的な食材は特別決まっていませんが、「縁起のよいもの」、「季節のもの」、「地のもの」をバランスよく使って作るといいでしょう。

    手作りでは、どうしても手間がかかりますので、お節料理のように、仕出し(宅配)業者に注文するケースも多くなっています。


    高級料亭のお食い初め料理(2段)/赤飯&国産天然真鯛入り

    rakuten-link

    2.食べさせる順番

    「お食い初め」で出される料理を、赤ちゃんは実際に食べることはもちろんできません。
    しかし、儀式として「食べさせる真似」をします。

    食べさせ方には順番があります。

    地域や家庭によって習わしが異なりますが、一例を挙げると

    赤飯 ⇒ 吸い物 ⇒ 赤飯 ⇒ 鯛 ⇒ 赤飯

    ※これを3回繰り返す

    となります。

    この後、「歯固め石」を使った儀式を行います。

    歯固め石の用意

    jinja4

    1.歯固め石とは?

    「石のような硬い食べ物でも、しっかりと食べれるような丈夫な歯になりますように」という願いを込めてお祝膳に「石」を1~3個添えます。

    この石を「お食い初め石」「歯固め石」と呼んでいます。

    「歯固め石」と呼ばれるからと言って、実際に赤ちゃんに噛ませるわけではありません。

    むしろ、誤飲などの危険があるため、赤ちゃんの口元には絶対に近づけないようにしましょう。

    一般的に、長寿を願ってお祝に参加している「最年長者」が、赤ちゃんのお箸(スプーン、フォーク)で、軽く石を触り、その箸で赤ちゃんの歯茎をそっと触れるのです。

    この時、「丈夫な歯が生えるように」と願いを込めます。

    2.「歯固め石」はどこで手に入れる?

    お食い初めに欠かせない「歯固め石」ですが、入手する方法をいくつか紹介します。

    神社で祈祷したものを購入する

    大きな神社であれば、社務所でお守りなどと一緒に祈祷された「歯固め石(お食い初め石)」が売られています。

    500円~1,000円程度です。

    神社によっても異なりますが、通常、歯固め石は、お守りと同様に、お食い初めの儀式が終わったら、神社にお返しします。

    神社の境内の石を拾って祈祷してもらう

    「歯固め石」を授与(販売)していない神社であれば、自分で拾った石を宮司に祈祷してもらうこともできます。

    祈祷料は3,000円~5,000円の神社が多いようです。

    やはり、お食い初め後は神社にお返しします。

    通販で買う


    白崎八幡宮 歯固めの石

    amazon-link2

    びっくりするかもしれませんが、今どきはネット通販で神社が祈祷した「歯固め石」を購入することができます。

    お食い初めの後は、郵便で石を神社にお返しします。

    神社の境内の石を拾う

    そもそも境内にある石そのものが神聖なものであるため、それを拾って、そのまま歯固め石として利用することもできます。

    あくまで、一時的に借りるだけなので、お食い初めが終わったら、必ず返しましょう。

    その他

    代々使われている石がある家庭や、きれいな川で河原の石を拾って「歯固め石」とする家庭もあるようです。

    どんな石であれ、子の健やかかな成長を願って「お食い初め」をしましょう。

    また、必ず、丁寧に洗い、消毒してからお膳に添えるようにしましょう。

    スポンサーリンク
    アドセンス
    アドセンス
    特集

    季節のコラム特集