1歳・2歳・3歳に必要な「昼寝時間」とお昼寝しない理由

「お昼寝をしない」「お昼寝が長すぎる」など昼寝に悩むママ・パパは意外とたくさんいます。

そもそもお昼寝はどうして必要で、どれだけの時間を寝ればいいかなど、お昼寝の基本について紹介します。

【年齢別】昼寝をしない理由

4-kids9
まずは、社団法人日本小児保健協会が「平成12年度幼児健康度調査報告書」で公表しているこちらのデータをご覧ください。

幼児のお昼寝時間

昼寝時間 1歳 1歳半 2歳 3歳 4歳 5-6歳
しない 1.1% 1.6% 7.4% 24.9% 47.0% 64.0%
1時間 10.8% 10.1% 14.2% 17.9% 15.6% 14.1%
2時間 55.9% 64.5% 59.9% 48.2% 31.8% 19.2%
3時間 25.8% 21.3% 17.2% 7.2% 3.8% 1.2%

子供は1歳を過ぎると次第にお昼寝の時間が少なくなり4歳になると半数がお昼寝をしなくなるということがわかります。

成長に伴って日中に活動するための体力がつきお昼寝をしなくても過ごせるようになってきます。

それでは、お昼寝をしなくなる理由に触れながら、年齢別の睡眠リズムについて見ていきましょう。

1歳~1歳3か月未満

生後6カ月くらいまでの赤ちゃんは、日中に2回以上のお昼寝をします。

そして生後6カ月を過ぎると、徐々にお昼寝の回数が1回になります。

1歳ではお昼寝の回数は1回で、だいたい2~3時間です。

夜は10時間以上寝るため、1日の睡眠時間は合計で12~14時間程度になります。

1歳3か月~1歳6か月未満

1歳3か月頃はしっかりとした「あんよ」ができるようになっているため、日中を公園などの屋外で過ごすことが多くなります。

生活環境の変化することでお昼寝や夜の就寝時間が急に変わってしまうことがあります。

また、外遊びによる刺激や興奮によって、お昼寝の時に寝つきが悪くなることもあります。

睡眠時間については昼・夜ともに大きく変化しません。

1歳6か月~2歳未満

1歳6か月頃は自我が芽生え始める時期です。

親がお昼寝を促しても「ないない」と言って拒否する子供もいます。

1歳頃は4時間近く寝ていた子も、この頃には3時間以内の昼寝になります。

夜も含めた1日の睡眠時間は12~14時間ですが、昼寝の時間が短くなった分だけ1日の睡眠時間は減ります。

2歳

2歳頃から昼寝をしない子供の割合が増えてきます。

いわいるイヤイヤ期に入り、「眠たくても遊びたい!」という欲求が強いため、親がいくら昼寝を促しても断固として拒否することもあります。

昼寝をした場合にも2時間以内で起きるようになります。

一方で、夜の睡眠時間は10時間程度と変化がありません。

そのため1日の睡眠時間は11~13時間と減少します。

3歳

3歳になるとお昼をしないでも過ごせる子供が増えます。

実に4人に1人がお昼寝をしなくなるのです。

だからと言って、お昼寝しなくても良いということではありません。

一方、夜の睡眠時間は大きく変化しないため、1日の睡眠時間は10~13時間となります。

昼寝をするかしないかで1日の睡眠時間に個人差がでてきます。

幼児は昼寝を何時間すればいい?

0-baby62
結論を言えば、「個人差があるので正解は不明」ということになります。

例えば、同じ公園で遊ばせていても、ずっと走り回る子供もいれば、じーっと座って植物などを観察する子供もいます。

個人個人で生活スタイルや運動量が異なるため、何時間寝れば適切ということは言えないのです。

また、睡眠は時間だけでなく「質」も重要です。

睡眠中は「成長ホルモン」と呼ばれる骨や筋肉の成長を促す物質が分泌されます。

「成長ホルモン」は疲労を回復する効果もあるため、遊び・勉強への集中力や持続力が増します。

この「成長ホルモン」は寝入り始めた直後の「ノンレム睡眠(深い眠り)」時に多く分泌されることが知られています。

昼も夜も関係なく寝初めの時に分泌されるので、成長期の子供にとっては昼寝も重要であると考えられています。

お昼寝させる方法

3-kids10
元気に遊ぶ子供達の疲労をしっかりと回復させるためにも、できるだけ昼寝をした方が望ましいのですが、2歳前後から昼寝をさせることが難しくなってきます。

そこで、昼寝をさせる方法をいくつか紹介します。

なお、夜の睡眠がしっかりとれているのであれば、無理に昼寝をさせなくても構いません。

むしろお昼寝が長すぎて夜更かしをするのであれば、生活リズムを整えるために昼寝の時間を短くすることもひとつの方法です。

1.テレビ・スマホを見せない

通常、昼食の後に午睡をしていると思います。

お昼ご飯の片づけをしている時、子供にテレビやスマホを見せていませんか?

LEDのブルーライトは脳を興奮させてしまいます。

せっかく食後で眠たくなっても、ブルーライトのせいで眠気が遠のいてしまいます。

食後は見せないようにしましょう。

2.部屋を薄暗くする

「寝なさい」と言っても、本人は遊びたいので、なかなか寝てくれません。

薄いカーテンを閉めて部屋を少し暗くして、眠気を誘いましょう。

ベッドに行くことを拒否するようであれば、ソファなどいつも遊んでいる場所で絵本を静かに読むなどして寝かしつけます。

3.家族みんなで昼寝する

2歳を過ぎると知能が働くため自分1人だけで寝るのを嫌がります。

ママ・パパと一緒にいると嬉しくて安心するので、家族みんなで昼寝をしましょう。

寝初めの時は騒いでいる子供達も、気が付いたら家族全員で寝ていたという状況を作りましょう。

<参考出典>
日本小児科学会「子どもの睡眠に関する提言」
社団法人日本小児保健協会「平成12年度幼児健康度調査報告書」
東京大学大学院教育学研究科附属発達保育実践政策学センター「保育所保育指針改定に対する意見書」